キテレツ大百科

キテレツ大百科強さランキングTOP25【最新決定版】

投稿日:2018年4月30日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

 

第25位 かおる

 コロ助の飼っていたカタツムリ。

戦闘力はほぼ皆無で最弱

 

 

 

第24位 キンちゃん

 キテレツの発明でサイボーグとなった金魚。

もちろんただの金魚ではなく、肺呼吸で歩行や空中浮遊もできる。

さらに人の言葉を話すことができる。

ローラという小鳥の恋人ができたことで野生に戻っていった。

かおる同様戦闘力は全くないが素早く動くことができる面からかおるよりも戦闘力は高い

 

 

 

第23位 猛烈一

*出典元:Twitter

 キテレツ斎のライバルであったモーレツ斎の子孫。

祖先の因縁を逆恨みしており、コロ之進とコロ助をテレビ番組で対決させているが友達がいないということで敗北している。

最後には捨て台詞を吐いて去っている。

基本的な戦闘力は全くなく、キテレツよりも戦闘力は低い

だが、コロ助の飼っていたカタツムリのかおるよりは戦闘力は高い。

 

 

 

第22位 キテレツ(木手英一)

*出典元:twitter.com

 本作の主人公で祖先から伝わる『奇天烈大百科』に載っている発明品を復元することを楽しんでいる。

復元に没頭してしまうと周りが全く見えなくなってしまい、みよ子が来ても無視してしまい呆れさせてしまったこともある。

勉強の成績は優秀だが良く宿題を忘れる。

真面目な性格で友達からも信頼されている。

工作や発明といったことの技能と知識を持っており、電化製品や自動車の修理ができるほどの腕を持っている。

発明することに関しては優秀だが説明を読まなかったり、人に説明するのが苦手。

運動神経が鈍く、逆上がりですら苦戦していた。

戦闘能力もほとんどなく、実力はかなり低い

ブタゴリラと比較すると圧倒的な実力差がある

コロ助よりも弱い。

 

 

 

第21位 トンガリ母親(尖貴子)

 トンガリのママで見栄っ張りな性格。

トンガリのことを溺愛しており、溺愛するあまりに先生から注意を受けることもあった。

トンガリと同じように外国製の製品を好んでいる。

戦闘能力は、低い方でねずみが苦手。

トンガリよりも弱い。

 

 

 

第20位 トンガリ(尖浩二)

*出典元:bokete.jp

 ブタゴリラの腰巾着の一人でよく一緒に行動している。

ブタゴリラと一緒にキテレツやコロ助と対決している。

母親の言うことには絶対服従のようで夜遅くまで塾通いをしている。

そのおかげかクラスの中でも成績はトップをとっている。

キテレツの発明に痛烈な評価をしたことでキテレツとコロ助によって天罰を受けている。

ブタゴリラと一緒にいることでストレスが溜まっているようでボクシングジムに通いサンドバックをブタゴリラに見立てストレスを発散させていた。

ボクシングのセンスはいまいち。

戦闘力に関しては、キテレツとコロ助から天罰を受けていたのでそこまで高くないがキテレツ以上の戦闘力を持っている

ブタゴリラと比較すると圧倒的な差があるので順位もだいぶ下位。

 

 

 

第19位 コロ助

*出典元:pachirapong.wikia.com

 キテレツによって発明された第一号のからくりロボット。

人間と同じように食事をすることができ、トイレもする。

頭と手がゴムまり、身体は風呂おけ、腕は掃除機のホースでできており、ココロを持っているロボット。

見た目以外は人間と全く変わらないが溺れることはない。

背中に刀を持っており、拳銃の弾を跳ね返すことも可能。

だが、基本的な戦闘能力はほぼ皆無でロボットでありながらも弱い

キテレツやトンガリと比較すると戦闘力は多少高いがブタゴリラと比較すると戦闘力の差はかなりある。

 

 

 

第18位 上原君子

 勉三の彼女。

過去には、勉三からもらったラブレターの返事に採点をされたり、プレゼントを放り込まれるなどめちゃくちゃなアプローチをされており、勉三のことを嫌っていたがキテレツの【ラブミ膏】と【忘れん帽】で関係が発展している。

アニメでは、『上原友紀』という名前で性格も顔も変わっている。

戦闘描写など全くなく戦闘力を測ることはできないが勉三よりも戦闘力は低いと思われる

 

 

 

第17位 キテレツ父親(木手英太郎)

*出典元:Twitter

 キテレツの父親でコロ助を可愛がっている人物。

エイト物産の課長を務めており、仕事のことでキテレツに助けを借りることもあった。

鉄棒の逆上がりができないという運動神経の悪さであまり身体能力も高くない様子。

戦闘描写など皆無で戦闘力を測ることはできないが作中の立ち振る舞いなどを見る限り、キテレツの母親よりも身体能力が低く、戦闘力は低い

だが、キテレツよりも戦闘力、身体能力は高いと思われる。

 

 

 

第16位 モーレツ斉

 キテレツ斎の親友であり、ライバルの天才発明家。

御前でのからくり人形対決でキテレツ斎と対決しているが対決時間に遅刻してしまったことで不戦勝となってしまっている。

その後、藩主に手討ちにされそうになっているが自分の作ったコロ之進に守られている。

キテレツ斎のことを逆恨みし、力尽きている。

戦闘力はあまり高くないように思えるがキテレツ斎と同じくらいの頭脳を持っており、コロ之進を作成できるほどの実力を持っている

だが、キテレツ斎と比較するとわずかだがキテレツ斎の方が戦闘力は高い。

自分の製作したコロ之進よりも戦闘力は低い。

 

 

 

第15位 キテレツ斉(木手英之進)

*出典元:つぶやき館

 キテレツが尊敬している祖先で天才発明家。

リリエンタールのグライダーよりも前に飛行機を完成させていたが世間を騒がせるという理由で捕まっていた。

捕まりながらも自らの発明を残そうと【奇天烈大百科】に書き残していた。

キテレツが航時機というタイムマシンで江戸時代に来た時にはタイムマシンが壊れてしまったことで帰れなくなっていたところを修理してもらっていた。

キテレツ以上の頭脳を持っていたがモーレツ斎の作ったコロ之進には勝てなかった様子。

戦闘描写がほとんど無いため、戦闘力を測ることは難しいが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとこの順位

 

 

 

第14位 ベンゾウさん(苅野勉三)

*出典元:twitter.com

 木手家の隣に住んでいる浪人生。

六浪を経て高尾大学経済学部に見事合格している。

傷つきやすい性格でよく落ち込んでいる。

赤いミニクーパーに乗っているがかなりのポンコツですぐにオーバーヒートしてしまいさらに雨漏りもしてしまう。

生計を立てるためにアルバイトをしているがミスばかり起こしてしまいクビになってしまうことも多い。

全くいい所なしの人物だが強さを見るとキテレツやトンガリ、コロ助と比較しても高い戦闘力を持っていると思われる

だが、年下のブタゴリラよりは弱い。

 

 

 

第13位 おちゃっぴい

 怠けているコロ助を奮い立たせようとして開発されたお手伝いロボ。

学習機能が備わっており、ブタゴリラの父親などから信頼されていたが、宿題の意味を誤解したことでノートと教科書をハンドバッグにしてしまいブタゴリラから制裁を受けていた。

得意技は、肘打ちとドロップキック。

コロ助よりも高い戦闘能力を持っているがブタゴリラの制裁を受けていることからブタゴリラよりも戦闘力は低く、弱い

 

スポンサードリンク

 

 

第12位 苅野ヨネ

 勉三さんの母親で勉三さんと同じように分厚い眼鏡をかけている。

心臓を悪くしてしまっているがそれを感じさせないほどの元気な人物。

息子のことを大切に思っており、六浪している勉三の冗談を言われると怒る。

花丸菊之丞一座のオーディションを受けたことで『山形四十三』という名前で役者デビューを果たすも数日で引退している。

おばあちゃんでありながらかなり元気な人物で戦闘力も息子の勉三以上のモノを持っている

 

 

 

第11位 キテレツ母親(木手美智子)

*出典元:bokete.jp

 画像の左の人物。

発明と工作が大好きな息子にうんざりしている様子だがコロ助のことを可愛がっていた。

二つ星女子学院高等学校という名門高校を卒業しており、バレー部のエースや陸上の選手として活躍していた。

バレー部のエースとして活躍していたことから身体能力の高さが分かる

キテレツやキテレツの父親よりも戦闘力は高い。

 

 

 

第10位 トンガリ父親(尖浩一)

 トンガリの父親でエリート。

結婚当初は重度のマザコンでトンガリママを困らせていた。

戦闘力に関しては全く情報が無く、正確な戦闘力を測ることはできないがトンガリ以上の戦闘力を持っていると思われる

 

 

 

第9位 みよちゃん(野々花みよ子)

*出典元:myanimelist.net

 キテレツたちのクラスメイトでアイドル的な存在。

キテレツへの好奇心が強く、何かと首を突っ込んでいる。

高校卒業後には、高尾大学に進学している。

戦闘力に関しては情報が少なく、正確な戦闘力を測ることはできないが強さを語り合うサイトの評価を参考にするとこの順位

キテレツやコロ助よりも強い。

 

 

 

第8位 コロ之進

*出典元:ameblo.jp

 画像の左のコロ助に似ている人物。

武士のような性格で立ち振る舞いも武士。

コロ助と戦闘を行った際にはコロ助を圧倒し、止めを刺そうとしていた。

戦闘能力では圧倒的な強さの違いを見せつけ、見事コロ助に勝利しているが勝負では、友達がいなかったことで敗北している

勝負に敗北しているがコロ助に勝利しているのでコロ助以上の戦闘力を持っていることは確実

ブタゴリラと比較すると同じくらいの戦闘力だが少しだけブタゴリラの方が強い。

 

 

 

第7位 ブタゴリラ(熊田薫)

*出典元:legendsofthemultiuniverse.wikia.com

 最初の頃は、意地悪なガキ大将でキテレツやコロ助と対決することが多かった。

だが、物語が進むにつれて江戸っ子のような豪快な性格になっている。

実家が八百屋を営んでおり、野菜を溺愛し、野菜嫌いを許さない。

運動神経が抜群によく、足も速く、野球ではカーブやシュートという変化球も投げることができる。

運動神経がよく、喧嘩も強いように思われるが弱く描かれることが多く、過去にはトンガリにも負けたことがある

キテレツと対決してもなんとか勝負になるほどの実力だが強さを語り合うサイトなどの情報を参考にするとキテレツやトンガリ以上の戦闘力を持っていると思われる

 

 

 

第6位 キテレツの担任

*出典元:bokete.jp

 キテレツやブタゴリラ達のクラスの担任の先生をしている人物。

優しい性格で生徒のことを常に思っている。

だが、厳しい面も持ち合わせており、先生としても優秀。

生徒だけでなく家族のことも大切に思っているが常に息子の和馬に振り回されてしまっている。

父親も先生をしており、父親の教え子にはブタゴリラの母親がいた。

強さに関する情報はほぼ皆無で戦闘力を正確に測ることはできないが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこの順位

キテレツやブタゴリラよりも高い戦闘力を持っていると思われるがブタゴリラを常に圧倒しているブタゴリラの母親と比較すると戦闘力は劣ってしまう。

 

次のページでは、キテレツ大百科強さランクTOP5を発表!!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-キテレツ大百科
-

執筆者:

カテゴリー