黒子のバスケ

黒子のバスケ強さランキング【最新決定版】最強のバスケプレイヤーを発表!!

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

バスケ上手さ第30位 今吉翔一 【桐皇学園高校】

【桐皇学園高校】の3年生で主将を務めている人物。

自分の思考を隠し、相手の思考を読むことを得意としており、黒子のマークに着いた際には視線誘導を完全に封じていた

青峰の身勝手な行動もすべて許しており、時にはフォローしている。

心理戦を得意としている人物で実力は高い。

しかし、青峰や赤司と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

黒子を完全に封じ込めているが総合的な評価をすると黒子の方が上

あまりチームに愛情が無いかのように思われたがWC敗北後には悔し涙を流していた。

 

 

 

バスケ上手さ第29位 日向順平 【誠凛高校】

【誠凛高校】バスケ部の主将を務めている人物でポジションはSG

中学時代には、バスケで成績が残せなかったことで不良になろうとしていたが木吉と関わっていくうちにバスケへの情熱を取り戻し、今では誠凛の精神的支柱となっている。

プレッシャーに強くなるためにシュートを外した数だけ戦国武将のフィギュアを折るという特訓を行ったことで強気な性格になっており、スイッチが入った状態だとシュートの確率も上がる。

NBA選手のシュートフォームを真似たが成功率が下がった為、実渕のシュートフォームをお手本にしている。

WC前に景虎のトレーニングを受けたことで【不可侵のシュート】を会得している。

ガードとしての動きはまだまだな部分が多く、スティールされることも多いためこの順位

しかし、シュート成功率は作中トップクラスで緑間を抜けばトップシューターと評価されるほどの実力者。

 

 

 

バスケ上手さ第28位 大坪泰介 【秀徳高校】

【秀徳高校】バスケ部の主将を務めている人物でポジションはC。

東京でも指折りの大型センターで高校生とは思えない強烈なダンクシュートと鉄壁のDFが武器

攻撃、防御ともに秀徳を引っ張っているが精神的な面でも絶大な信頼を得ている。

礼節に厳しい人物で人としてもできている。

対戦相手を気遣ったりと優しい。

強烈なダンクと鉄壁の守備を持っていることから高い実力を持っていることは確実

しかし、緑間や火神と比較すると僅かに劣ってしまうので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第27位 松本樹 【霧崎第一高校】

【霧崎第一高校】の2年生。

木吉とのジャンプボールで互角に競り合えるほどの身体能力を持っており、高い実力を持っていることは確実

しかし、あまり情報が出ていないので正確な実力を測ることは難しいが総合的な評価をするとこのくらい。

 

 

 

バスケ上手さ第26位 荻原シゲヒロ 【明洸中学校】

黒子にバスケを教えた人物でバスケが大好きな人物。

過去に決勝戦でキセキの世代と試合を行っており、惨敗し、このことがきっかけでトラウマを植え付けられている

しかし、後にトラウマから立ち上がり、WC決勝で試合会場に訪れており、誠凛が再び躍動するきっかけを作っている。

あまり試合の描写が無いため、正確な実力を測ることは難しいが総合的な評価をするとこのくらい。

黒子や笠松と比較すると実力は劣ってしまうので下位だが福田や小金井と比較すると実力は高いと思われるので上位。

 

 

 

バスケ上手さ第25位 笠松幸男 【海常高校】

【海常高校】バスケ部の主将を務めている人物でポジションはPG。

バスケ専門誌に載るほどの全国区プレイヤーで実力者

バスケの能力だけでなく、チームメイトからも信頼されているチームの精神的支柱にもなっている。

特筆すべきはそのスピードでキセキの世代を除けば最速と呼ばれるほどのスピードを持っている

バスケットプレイヤーとしては小柄だが身長差を感じさせないプレーでチームを引っ張っていた。

黄瀬に対しても特別扱いをせずに礼儀など人としての部分を教え、黄瀬を成長させた。

数多くの強敵との対戦からもわかるように実力は高く、全国区のプレイヤー。

だが、キセキの世代と比較すると実力は劣ってしまうので黄瀬よりも下位。

チームメイトの中村や小堀と比較すると実力は高いので上位。

 

 

 

バスケ上手さ第24位 若松孝輔 【桐皇学園高校】

【桐皇学園高校】の2年生で熱血漢。

木吉に火神と同じ位のフィジカルと評価されるほどの強靭な肉体を持っている

礼節には厳しく、青峰の身勝手な行動をあまりよく思っていない。

高い身体能力と強靭な肉体を持っていることから強いことは確実

火神と互角のフィジカルを持っていると評価されていたが火神と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

今吉が引退してからは主将に任命されている。

青峰とは良好な関係が築けているように思われる。

 

 

 

バスケ上手さ第23位 黛千尋 【洛山高校】

【洛山高校】の中で唯一の3年生のスタメン。

元々は、2軍の凡庸な選手だったが赤司に影の薄さを認められ、黒子と同じく視線誘導を覚え【幻の6人目】になっている

強豪校の2軍だが能力は、全国レベルでパス以外の能力も比較的高い。

【新型の幻の6人目】として誠凛との試合でも活躍していたが身体能力の高さと6人目としての経験の浅さが仇となってしまっている。

試合終盤では、完全に意気消沈してしまった赤司を叱咤激励し、本来の赤司を呼び起こしている。

身体能力など黒子以上のモノを持っていることは確実だが総合的な評価をすると黒子の方が強いと思われるので下位

 

 

 

バスケ上手さ第22位 黒子テツヤ 【誠凛高校】

本作の主人公でキセキの世代からも一目置かれている【幻の6人目】。

常に無表情で礼儀正しく言いたいことは素直に言う性格をしているがチームメイトが侮辱された時には激高し、感情を露にする。

身体能力は低く、レイアップシュートも決めれないなどバスケ技術は全くダメ。

しかし、影の薄さと観察眼、視線誘導を活かし、相手のマークを外しスティールしたりパスワークに参加したりと誠凛高校の戦力になっている。

物語が進むにつれ、【消えるドライブ】や【幻影のシュート】を会得したことで自ら得点を取れるようになっている

洛山高校との試合では、影の薄さが無くなってしまい、本領発揮することが難しくなったが黛に上書きしたことで再び活躍し、仲間との連携と観察眼で【擬似的天帝の眼】を見せていた

身体能力も低く、バスケ技術も未熟な人物だが持ち前の影の薄さを活かしたプレースタイルは唯一無二。

黛に負けたかに思われたが最終的には勝利しているので黛よりも強いと思われるので上位。

しかし、赤司や火神と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第21位 相田景虎 【相田スポーツジム】

リコの父親で元々は全日本代表のSFを務めていた人物。

過去には監督として活動していたこともあったが現在では、娘のリコにノウハウを叩き込んでいる。

リコ同様に【読み取る目】を持っており、リコ以上の性能を持っている。

キセキの世代が所属する高校の監督とは顔なじみで変なあだ名をつけている。

元日本代表ということで高い実力を持っていることは確実

しかし、アレックスや火神と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

スポンサードリンク

 

バスケ上手さ第20位 花宮真 【霧崎第一高校】

【霧崎第一高校】の主将兼監督を務めている人物でポジションはPG。

黒子たちの1つ上の先輩で【無冠の五将】の1人で異名は【悪童】。

審判の目を盗んでラフプレーをしているところが目立っていたが実際は、ラフプレーをしなくても他の選手を圧倒できるほどのバスケセンスと実力を持っている

さらに高い頭脳を持っており、相手の攻撃パターンを読み、スティールで相手の攻撃の芽を摘むことを得意としている

誠凛との試合でも持ち前の頭脳で誠凛を苦しめていた為、黒子や日向以上の実力を持っていると思われるので上位。

しかし、赤司と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第19位 木吉鉄平 【誠凛高校】

【誠凛高校】のCを務めている人物で【無冠の五将】の1人

異名は、【鉄心】。

ボールを片手で持つことができるほどの掌の大きさと握力を持っており、ボールを放す直前にプレーを強引に変更することができる【後出しの権利】が武器の人物。

プレースタイルから技巧派だと思われていることが多いが実はパワーも相当強く、根武谷にも負けないほどのパワーを持っている。

紫原との対戦では、ボコボコにされているが仲間の支えを受け復活し、日向や火神との連携で氷室と紫原を止めている

紫原には一度ボコボコにされてしまっているので紫原の方が強いと思われるので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第18位 根武谷永吉 【洛山高校】

【洛山高校】の2年生でポジションはC。

【無冠の五将】の一人で異名は【剛力】

中学時代には木吉と対戦しており、敗北している。

筋肉に絶対的な信頼を置いており、木吉のアドバイスを無視して筋力トレーニングを行い、圧倒的なパワーを身に着けている。

しかし、筋肉だけでなく技術面も向上しており、毎日の基礎練習が活きている。

試合でもパワーで他を圧倒しており、以前は敗北した木吉以上の強さを持っていると思われるため上位

 

 

 

バスケ上手さ第17位 アレクサンドラ=ガルシア

氷室と火神の師匠で過去にはプロで活躍していたバスケットプレイヤー

視力が悪化してしまったことで現役引退している。

引退直後は、荒れた生活を送っていたが氷室と火神にバスケを教えていくうちに生きがいになり、落ち着いた。

大学時代からチームを頂点に導くほどの凄腕で高い実力を持っていることは確実。

しかし、総合的に評価をすると氷室や火神が実力をつけたこともあり、順位は下位。

黒子たちと比較するとまだまだ負けないと思われるので上位。

 

 

 

バスケ上手さ第16位 虹村修造 【帝光中学校】

キセキの世代の1つ上の先輩でいち早くキセキの世代の素質に気付いている。

スピード、パワーどちらも優れたPFで中学ナンバー1と評価された実力者

【帝光中学校】のバスケ部キャプテンとして曲者しかいないキセキの世代をまとめていた。

赤司の実力を高く評価しており、自分の後の主将に任命していた。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実で黒子たちと比較しても上位。

しかし、赤司と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第15位 実渕玲央 【洛山高校】

【洛山高校】バスケ部の副キャプテンを務めている人物で【無冠の五将】の一人で異名は【夜叉】

相手ブロックにも当たり負けないほどの体幹の強さと【地】、【天】、【虚空】という3つのシュートを持っている人物。

日向が参考にしたシューターでどんな状況からでも得点を取ることができる。

誠凛と試合からもわかるように高い実力を持っており、トップクラスの実力者であることは確実

日向や黒子以上の強さを持っている為、上位だが赤司たちと比較すると僅かに実力が劣ってしまうので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第14位 葉山小太郎 【洛山高校】

【洛山高校】の2年生で【無冠の五将】の異名は【雷獣】。

強敵と対戦することを生きがいにしている人物で猫目と八重歯が特徴的。

作中でもトップクラスの実力者でアクロバティックな動きを得意としている。

【雷轟のドリブル】を武器にしており、突く指の本数で力の強弱を行っている。

会場中に響く、爆音が特徴的なドリブルで一瞬で相手を置き去りにできるほどのスピードを持っている

誠凛との試合でも圧倒的なスピードで誠凛のプレイヤーを置き去りにしており、高い実力を見せていた。

根武谷や木吉と比較しても高い実力を持っているので上位だが青峰や黄瀬と比べると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

バスケ上手さ第13位 ザック 【Jabberwock】

ナッシュ率いる【Jabberwock】のメンバーの一人。

スキンヘッドが特徴的な人物でポジションはPF。

ナッシュやジェイソンと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

バスケ上手さ第12位 アレン 【Jabberwock】

ニックやザック同様【Jabberwock】のチームの一人。

ヘアバンドが特徴的な人物で総合的に評価をするとこのくらい。

 

 

 

バスケ上手さ第11位 ニック 【Jabberwock】

世界的な人気を持っているストリートバスケチーム【Jabberwock】のメンバーの一人。

SGを務めている人物で高い実力を持っていることは確実。

正確な能力を測ることは難しいが総合的な評価をするとこのくらいの順位。

シルバーやナッシュと比較すると実力は劣ってしまうので下。

 

 

次のページでは、黒子のバスケ強さランキングTOP10を発表!

 

スポンサードリンク

 

 

> 前のページへ  > 続きを読む 

-黒子のバスケ
-

執筆者:

カテゴリー