文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス強さランキング【最新決定版】

投稿日:2017年6月2日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

第25位 ジョン・スタインベック

*出典元:アニメトリー

 組合(ギルド)のメンバーで農家風の青年。

ラヴクラフトと行動することが多く、貧乏だったせいかなんでもお金で解決しようとするフィッツジェラルドを

あまりよく思っていない。

横浜焼却作戦を実行に移すなど活躍していたが、Qを助けきた太宰と中也と戦闘をし敗北している。

異能は、『怒りの葡萄』で葡萄の種を植え付けることで宿主と樹木の感覚を共有することができる。

あまり戦闘向きではない。

 

 

 

第24位 宮沢賢治

*出典元:アニメトリー

武装探偵社の調査を担当している人物。

調査方法がかなり独特。

異能は、『雨ニモマケズ』で怪力と頑丈さを得ることのできる能力。

銃弾や強化された中也の拳を喰らっても平気なほど体を強化できる。

また、自動車を軽く放り投げることも出来る。

かなり強力な能力だが、空腹時にしか発動することができない。

 

 

 

第23位 ルーシー・モード・モンゴメリ

*出典元:matomame

 敦と同じ孤児院を出ており、フィッツジェラルドと共に武装探偵社に訪れ交渉を持ちかけている。

交渉が決裂したことで自身の異能で宮沢賢治を拉致し、街頭でナオミも拉致している。

敦、谷崎、鴎外を異空間に取り込んでいこうとしたが、鴎外の助言と敦、谷崎の連携攻撃により敗北している。

異能は、『深淵の赤毛のアン』で対象者を異空間に転送することができる能力。

異空間から脱出する方法は、モンゴメリ自身に異能を解除させるか

異空間にある2つのドアから脱出する方法の2つである。

 

 

 

第22位 広津柳浪

*出典元:fybungousd.tumblr.com

 

 武闘派組織”黒蜥蜴”の百人長の地位についている人物。

異能は、『落椿』で指先で触れたものを斥力を使い、弾き飛ばすことのできる能力。

能力発動で即死級の威力を誇っている。

 

 

 

第21位 田山花袋

*出典元:文スト(文豪ストレイドッグス)まとめ速報 イベント&グッズ情報ブログ

元々は、武装探偵社に務めていたが今は引きこもりになっている人物。

国木田とは昔からの知り合いで仲がいい。

異能は、『蒲団』で視界に入っている電子機器を手で触れることなく操作することのできる能力。

その操作スピードは、普通の人の十数倍ともいわれている。

しかし、自分が一番安らいでいるときにしか発動できない。

全く戦闘向きではない異能ですね。

 

 

 

第20位 泉鏡花

*出典元:ニコニコ静画 – niconico

芥川に拾われた孤児で芥川の指示で35人の人間を倒している。

しかし、本心では誰も殺したくないと思っていた。

敦たちを襲撃した際には、異能を開花させた敦に敗れている

その後は、輸送船を爆破させ芥川と共に自滅しようとしていたが、敦に救われている。

それ以降、武装探偵社に居場所を移している。

異能は、『夜叉白雪』で女性の異形”夜叉白雪”を具現化する能力。

敦を襲撃した際には、容赦なく攻撃したりと戦闘に特化した能力である。

 

 

 

第19位 マーガレット・ミッチェル

*出典元:twitter.com

 ホーソーンと共に豪華客船を護る任務に就いていた人物。

梶井の襲撃で船は爆破され、避難しようとしていたところを芥川に襲撃され

ホーソーンを庇ったことで意識不明の重傷を負っている

異能は、『風と共に去りぬ』で物質を風化させる能力。

 

 

 

第18位 谷崎潤一郎

*出典元:マンガガタリ

妹のナオミと常に行動を共にしている人物で、ナオミに危害を加えた人物には

ボコボコにしてしまうほどの妹想い。

異能は、『細雪』で辺り一面に雪を降らせ、雪をスクリーンのように使い、

幻影を見せることや背景を上書きすることのできる能力。

あまり戦闘向きではないが、潜入や隠密に関してはかなり優秀な能力。

 

 

 

第17位 エドガー・アラン・ポオ

*出典元:pinterest.co.uk

 組合(ギルド)の団員で設計者長を務めていた人物。

過去には、江戸川乱歩と探偵勝負を行っており、敗れている。

再び、乱歩に勝負を仕掛けたがまたしても敗れている。

異能は、『モルグ街の黒猫』で自分の描いた小説の世界に対象者を引き込むことのできる能力。

小説内では、事件を解決することで脱出することが可能だが、

犠牲者となってこの世を去ることもある。

 

 

 

第16位 江戸川乱歩

*出典元:アニメトリー

武装探偵社に務めている人物で、武装探偵社で唯一の探偵。

自由奔放で自分の異能に絶対の自信を持っている。

過去には、エドガーと推理勝負をしており勝利している

そして、雪辱に燃えるエドガーと再び推理で勝負しており勝利している

その結果からエドガーより上の順位にしてあります。

超推理』は異能ではなく、ただ推理力が人よりも鋭いだけ。

 

 

 

第15位 尾崎紅葉

*出典元:アニじょし-女性向けまとめサイト

 ポート・マフィアの幹部で遊女のような格好をしている。

鏡花のことを溺愛しており、過去には鏡花と同じように裏社会から逃げ出そうとした過去もある。

敦と鏡花を襲撃しようとしていたが、組合メンバーが介入してきたことにより部隊を壊滅させられている

異能は、『金色夜叉』で鏡花と同じように甲冑の武者姿の女性を自分の意思で操ることができる。

 

 

 

第14位 夢野久作

*出典元:YouTube

 ポート・マフィアの構成員で”Q”と呼ばれており、座敷牢に閉じ込められていた人物。

片足だけの奇妙な人形を常に持ち歩いており、異能で人が死ぬことに関しても無関心。

三社戦争で勝つために、森鴎外が開放している。

異能は、『ドラグ・マグラ』で異能の中でも最も嫌われる精神操作タイプ。

常に持ち歩いている人形を破壊することで呪いを発動させ、

対象者に幻覚を見せることで精神崩壊まで追い込んでいく。

この、幻覚を解くためには太宰の”人間失格”を人形に発動するしかない。

 

 

スポンサードリンク

 

 

第13位 福沢諭吉

*出典元:マンガガタリ

武道の達人で元政府最強の暗殺剣士で異名は、”孤剣士・銀狼”である。

戦闘系の異能者との戦闘でも一人で制圧できるほどの実力を持っている

異能は、『人上人不造』で部下の異能の出力を調整し制御する能力。

全く戦闘向きではないが、剣術と身体能力で活躍している。

 

 

 

第12位 マーク・トウェイン

*出典元:Twitter

 組合(ギルド)のメンバーで狙撃手。

狙撃手ということで銃撃や狙撃を得意手しており、敦を攻撃を仕掛けていたが、

太宰の緩和チャフにより任務失敗に終わっている

異能は、『ハック・フィン&トム・ソーヤ』で2人の小人を弾丸と共に発射し、

命中度を向上させたり、相手の正確な位置情報を知ることを可能にしていた。

 

 

 

第11位 中島敦

*出典元:アニメトリー

孤児院を追放され、ホームレスとして徘徊しているところを太宰に助けてもらっている。

このことがきっかけで、武装探偵社に努めることとなっている主人公。

悲観的な性格で、自分自身のことを酷く嫌っていたが物語が進むにつれ、

成長していっている。

白鯨に乗り込んだ際には、フィッツジェラルドに太宰と共に戦いを挑んでいき勝利している。

異能は、『月下獣』で大きな白虎に変身する。

銃弾が貫通しないほどの強度を誇り、スピードが格段に上がる。

また、体の一部を損傷してもものすごいスピードで回復していく。

 

 

 

第10位 織田作之助

*出典元:nijimen.net

 森鴎外の率いるポート・マフィアの最下級構成員でマフィア時代の太宰の友人。

過去には、暗殺者として活躍していたが漱石の小説を読み衝撃を受け、

小説家を目指すようになっている。

小説家になる夢をかなえるために、人を殺さないことを信条としていた。

マフィアで人を殺さないので周りからは、変わり者扱いされていた。

ミミックとの戦闘では戦闘能力の高さを見せていたが命を落としている

異能は、『天衣無縫』で5秒から6秒未満の未来を観測することのできる予知能力。

 

 

 

第9位 国木田独歩

*出典元:アニメppまとめ38 – blogger

太宰治の同僚で相棒。

理想主義で現実主義者。

予定が乱れることを嫌っており、マイペースな性格の太宰にかき乱されることもしばしばあった。

インテリのような見た目だが、実は武闘派。

自分よりも大きな男を投げ飛ばしたりと身体能力も高い。

異能は、『独歩吟客』で手帳のページを消費することで書いたものを具現化する能力。

戦闘型ではない異能だが、身体能力と戦闘力の高さでカバーしていた。

 

 

 

第8位 ナサニエル・ホーソーン

*出典元:アニメトリー

 マーガレット・ミッチェルと共に豪華客船を護る任務に就いていた人物。

ポート・マフィアを迎え撃ちながら避難しようとしていたが、芥川に襲撃されている

ミッチェルは、その際に意識不明になってしまう。

ミッチェルを治す条件としてドストエフスキーに勧誘され、

記憶と正気を失った状態で福沢と鴎外を襲撃している

異能は、『緋文字』で血液を聖なる文字に変えることのできる能力。

弾丸のように飛ばしたり、壁を作り防御したりとほぼなんでもできる能力。

 

 

 

第7位 与謝野晶子

*出典元:アニメトリー

武装探偵社では、医務を担当していた人物。

男尊女卑に基づいた行動を嫌っており、そのような人間をみると狂暴になってしまう。

異能は、『君死給勿』で数ある異能の中でも珍しい治癒能力。

誰でも外傷を治療することができるが、瀕死の状態の人間にしか能力を使えないので

治療する前に一度瀕死の状態に追い込む必要がある。

 

 

 

第6位 森鴎外

*出典元:マンガガタリ

 横浜を拠点として行動していたポート・マフィアの首領で元医者。

優しそうな見た目だが、実際は仲間であろうと敵対者を徹底的につぶすという合理主義者。

頭のキレが良く、相手の行動を予測しその裏をかき、確実に目的を達成する。

エリスという少女と共に行動している。

異能は、『ヰタ・セクスアリス』でエリスを自分の今のままに操ることのできる能力。

また、注射器を無限に作り投げて攻撃したり、巨大な注射器で打撃を加えることも可能である。

 

 

次のページでは、文豪ストレイドッグス強さランクTOP5を発表!!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-文豪ストレイドッグス
-

執筆者:

カテゴリー