サムライソルジャー

サムライソルジャー強さランキング【最新決定版】

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

喧嘩強さランキング26位 ヤスユキ

【マーダーコープ】のNo.2でチームが【ZERO】の傘下に入ってからも吉田への敬意を忘れていない。

【渋谷連合】の【ZERO】狩りにあったが、【バビロン】との戦闘で復帰し、吉田を狙い攻撃してくる池袋勢に対して率先し体を張り、【ZERO】の勝利に貢献している。

あまり戦闘力は高くなく、吉田よりも遥かに戦闘力は劣ってしまう

 

 

 

喧嘩強さランキング25位 市川佑介

【雪崩】のNo.2で『シラガ』と呼ばれている人物。

口が達者だが雑魚というイメージを持たれがちだが地元では敵なしの不良。

打倒【ZERO】を誓ったが江田の特攻を喰らい敗北し、江田と【ZERO】に恨みを持っている。

鮫島の下についているが虎視眈々と機会をうかがっており、渋谷の頭になろうとしていた。

だが、【渋谷連合】が【ZERO】に襲撃を仕掛けた時には、鮫島と共に敗走し、少しだけ鮫島と信頼関係を築いた。

代理戦争では、追い詰められていた鮫島に檄を飛ばし、鮫島の勝利に貢献した

あまり戦闘力は高くないほうで鮫島と比較すると遥かに戦闘力は劣るため順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング24位 九条優

【雪崩】のリーダーを務めている人物だったが藤村が渋谷に戻ってきた時には、すぐに屈服している。

桐生の渋谷統一の命令を受けたことであっさりと【ZERO】の傘下に入ることを決意し、このことに不満を持った市川に引導を渡されている

総合的な評価をすると市川よりは強いと思われるため、順位も上だが他の人物と比較すると遥かに戦闘力は劣るので順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング23位 北ミズキ

【乱乱】というチームのリーダーを務めている人物で池袋三羽烏の一人に数えられている。

【ブクロの超新星】という異名を持っており、長身から繰り出される蹴り技を得意としている。

【ZERO】の本拠地を襲撃した時には、前田と烏丸との戦闘では、善戦していたが桐生には全く歯が立たなかった

椿と共に吉田と戦闘をしたが敗北している。

桐生と吉田に敗北しているので2人よりも喧嘩が弱いことは確実

椿と比較すると椿の方が強いと思われるため、順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング22位 椿瑛太

【Lolita】という池袋のバイクチームのリーダーをしている人物で池袋三羽烏の一人に数えられている。

【ブクロの超新星】という異名を持っており、手段を選ばない戦闘スタイル。

吉田に腕挫十字固をされた時には、自身の腕の骨を折り、脱出するなどかなり根性の座っている。

【厭根組代理戦争】の【カオス】の代表を決める乱闘に参加しているが敗北している

吉田との戦闘で敗北しているので吉田よりも戦闘力は低いと思われるため、順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング21位 五十嵐瞬

元【カオス】のメンバーで今では、【バビロン】のメンバーになり、【鬼丸親衛隊】に所属している一人。

鬼丸と一緒に行動していることが多く、鬼丸のことをかなり慕っている。

喧嘩のスタイルは、容赦のないスタイルで相手の肩を外すなど行っていた。

【ZERO】の乾が鬼丸を襲撃してきた時には、乾を撃退していた。

常人と比較すると喧嘩は強いが総合的な評価をするとこの順位が妥当。

 

 

 

喧嘩強さランキング20位 江田昭二

【ZERO】のメンバーで桐生に喧嘩で敗北したことで【ZERO】に加入した人物。

手段を選ばない喧嘩のスタイルで数多くのチームを潰すきっかけを作っていることから【ZEROの特攻機】という異名をもっている。

桐生が渋谷統一を宣言したことで【雪崩】を襲撃し、【ZERO】の傘下に治めることに成功しているが、市川に嵌められたことで【渋谷連合】の結成をおぜん立てしている。

その後、名誉挽回する為に【藤村新太郎】を立ち上げた、藤村にタイマンを挑んだが藤村の圧倒的なパワーの前に敗北し、藤村の手助けをすることを決意し、【ZERO】に対してスパイのような行動をするようになっている

桐生が藤村を狙っていたことで桐生と戦闘を行っているが敗北している。

【渋谷十二鬼衆】の一人にも数えられている人物でパワー、スピード、打たれ強さなど高かったが桐生や藤村に敗北しているので2人よりも戦闘力は低いことは確実

 

 

 

喧嘩強さランキング19位 黒澤修二

【カオス】のNo.2で武藤と共に【カオス】を立ち上げた人物。

武藤が抜けて以降も、No.1を名乗ることなく、【黒澤派】を率いていた。

高い戦闘能力を持っており、喧嘩が強いことは確実

さらに、頭の回転も速く、吸収合併をすることで組織を巨大化させていった。

【カオス】が解散して以降は、拠点を池袋に移しており、池袋の喧嘩自慢たちを次々に倒していった。

鬼丸の至近距離の攻撃を受け止めれるほどの実力者でビジネスでも成功を収めている。

武藤の策略が明るみになってからは、武藤と戦闘を行ったが敗北している

高い戦闘力を持っており、喧嘩はかなり強いが武藤に敗北しているので武藤よりも実力は低い。

 

 

 

喧嘩強さランキング18位 神堂園マサト

【カオス】のNo.2とされている3人の1人で【カオスの守護神】という異名を持っている。

【カオス】が消滅して以降は、姿を消しており、新宿に拠点を移していた。

黒澤の依頼を受けたことで【厭根組代理戦争】に参加することを決めている。

4番手として鮫島と遷都を行っているが鮫島のハイキックを喰らい敗北している

鮫島のハイキックで敗北しているので鮫島よりも戦闘力は低いので順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング17位 寺恵一

【バトルアックス】の2代目リーダーでプロレスラーのような大きな身体をしている人物。

柿沢にも負けないほどの怪力を持っており、過去に柔道をしていたことで吉田の柔道技を何度も封じていた。

【渋谷連合】の頭を決める戦いでは、何度倒されても立ち上がるタフさを持っていた。

鮫島との戦闘で鮫島をあと少しというところまで追い詰めてたが烏丸の飛び膝蹴りを喰らったことで敗北している

吉田との戦闘で歴史に残るタイマンを見せたが吉田の一本背負いを喰らい敗北している

吉田とのタイマンで敗北しているので吉田よりも戦闘力は低いことは確実。

 

 

 

喧嘩強さランキング16位 神波多直人

【ZERO】のメンバーで【渋谷十二鬼衆】の一人に数えられている人物。

天性の喧嘩のセンスを持っており、飛び蹴りやハイキックなどアクロバティックな技を得意としていた。

鮫島と決着をつけるために美玉中に単身で乗り込んでいるが【渋谷連合】を倒そうとしていた藤村と出会い、タイマンを張ることになる。

藤村とのタイマンで敗北している。

このことで【ZERO】を抜け、【藤村新太郎】に加入している。

【厭根組代理戦争】では2番手として登場し、関と戦闘を行い、ローキックで関をダウンさせたが最終的には敗北している

藤村や関に敗北しているので2人よりも戦闘力は低く順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング15位 烏丸テツヤ

【神南警備隊】の15代目のリーダーで【渋谷十二鬼衆】の一人に数えられている人物。

キックボクシングをベースとした喧嘩のスタイルで圧倒的なスピードを誇っている。

【神南警備隊】の14代目の頭に出会ったことで【神南警備隊】に加入しており、喧嘩の最前線に立ち【不良界のエリート】の称号を手に入れ、【神南警備隊】の15代目頭になっている。

【渋谷連合】の頭を決める戦いでは、寺に飛び膝蹴りを喰らわせ勝利しているがその後、鮫島との戦闘で敗北している

兼光に部下になるように誘いを受けたがそれを断り、兼光と戦闘を行っている。

兼光との戦闘で圧倒されてしまうが最後は、捨て身の攻撃で引き分けにまで持ち込んでいる。

兼光との戦闘で引き分けまでもっていったが総合的な評価をすると兼光の方が強いと思われるため、順位も下位

 

 

 

喧嘩強さランキング14位 前田良騎

【ZERO】のメンバーで【渋谷十二鬼衆】の一人にも数えられている人物。

渋谷5ポイント決戦では、悪岩と戦闘を行っているが圧倒的な力の前に敗北している

高い実力を持っていることは確実だが悪岩に敗北しているので彼よりも戦闘力は低いため順位も下位。

 

スポンサードリンク

 

喧嘩強さランキング13位 柿沢丈太郎

【ZERO】のメンバーで【渋谷十二鬼衆】の一人に数えられている人物。

【渋谷破壊王】と呼ばれるほどの実力者で桐生とのタイマンに敗北したことで【ZERO】に加入している。

片手で人を持ち上げるほどの怪力を持っており、十二鬼衆の中でもNo.1と言われるほどのパワーを持っている

吉田との戦闘で入院することになり、入院中に飛田の襲撃を受け、江田と飛田の戦闘を見て、戦闘に参加し、飛田にベアハッグを決め、引き分けにまで持ち込んでいる。

高い戦闘力を持っていることは確実だが桐生に敗北していることから桐生よりも戦闘力は低いため順位も下位

吉田に腕を折られていることから吉田よりも戦闘力は僅かだが低いと思われ順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング12位 吉田薫

【マーダーコープ】の頭で【渋谷柔道王】の異名を持っている人物。

柔道の腕前は確かで区の大会では優勝という成績を残している。

柿沢と2度に渡り、戦闘を行い敗北している。

そのため、柿沢の条件を飲み、【マーダーコープ】のメンバーに【ZERO】に入るように促し、引退している。

北と椿の襲撃を受けたことで苦戦するが最終的には、北と椿に勝利している。

【渋谷十二鬼衆】の一人に数えられる人物で高い戦闘力を持っていることは確実

北と椿に勝利していることで2人よりも戦闘力は高いことは確実で順位も上

柿沢との戦闘では、2度敗北しているが総合的な評価をすると柿沢よりも戦闘力は高いと思われるため順位も上。

 

 

 

喧嘩強さランキング11位 岡崎一郎

【Fuck Low】というチームの初代総長で池袋三羽烏の一人に数えられている人物。

椿や北と同じく【ブクロの超新星】という異名を持っている。

池袋の不良たちを次々に倒しており、明るい性格でただの喧嘩好き。

【神南渋谷村ホール】を襲撃し、神波多と鮫島と戦闘を行い、頭突きで2人からダウンを奪っている。

【厭根組代理戦争】の【カオス】代表を決める乱闘に参加しているが敗北している。

椿や北と同じく【ブクロの超新星】と呼ばれているが2人よりも戦闘力は高いと思われるので順位も上位

だが、兼光や悪岩と比較すると戦闘力は劣ると思われ順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング10位 兼光英斗

元【カオス】のメンバーでその後、【バビロン】に加入し、鬼丸親衛隊の一人になっている。

勝つためには、なんでもするという喧嘩のスタイルで危ない人物。

烏丸を自身の下につけようと勧誘したが断られたことで烏丸と戦闘を行い、烏丸の捨て身の攻撃を喰らい敗北している

烏丸の攻撃を喰らい敗北しているが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると烏丸よりも戦闘力は高いと思われ順位も上。

 

 

 

喧嘩強さランキング9位 悪岩アキ

【バビロン】のメンバーで鬼丸親衛隊の一人で【渋谷十二鬼衆】よりも一世代上の人物。

元々は【カオス】の神堂園派の幹部で当時の渋谷ではトップクラスの評価を受けていた

だが、年下の鬼丸を慕い【バビロン】に加入している。

鮫島や吉田を圧倒するほどのパワーを持っており、圧倒的な暴力で【アッキーナ・キリング】と呼ばれていた。

渋谷センター街に現れて前田と戦闘を行ったがその後駆け付けてきた乾と戦闘を行っている。

圧倒的な力で乾との戦闘を有利に進めていったが、最後は乾のチョークスリーパーを喰らい敗北している

乾たちを圧倒するほどのパワーを持っていたが最終的に乾に敗北しているので乾よりも戦闘力は低いと思われる。

 

 

 

喧嘩強さランキング8位 関正章

【新宿重戦車】という異名を持っている人物で100キロを超える巨体を誇っている。

【厭根組代理戦争】では【カオス】の2番手として登場し、神波多と戦闘を行い、見事勝利している

神波多に勝利しているので彼よりも戦闘力は高いことは確実。

だが、蜂谷や武藤と比較すると戦闘力は低いと思われるため、順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング7位 蜂谷リョウ

【新宿の暴れ蜂】という異名を持っている人物で元々は、立ち技系格闘技の有力選手であったがスリルを求めて地下格闘技に潜っている。

【厭根組代理戦争】では、【カオス】の1番手として登場しており、江田と戦闘を行っている。

江田との勝負では、見事勝利している。

江田に勝利していることで江田よりも戦闘力が高いことは確実

だが、鮫島や乾と比較すると戦闘力は低いと思われ順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング6位 鮫島正平

【紅蓮】の4代目リーダーで常に酒瓶を持っている。

美玉中時代に神波多ナオトと共に【渋谷ENVY】を結成したが神波多に復讐を誓い、解散している。

【反逆の寵児】と呼ばれており、他を寄せ付けないほどの雰囲気を持っている。

【渋谷連合】の初代頭となり、柿沢との戦闘で勝利するなど【ZERO】を追い詰めていく。

【厭根組代理戦争】では、【ZERO】側の4番手として登場し、神堂園と戦闘を行い、追い詰められていってしまうが市川の檄を受け、神堂園との戦闘に勝利している

【渋谷十二鬼衆】として数えられているほどの実力者でかなり強いことは確実。

神堂園との戦闘で勝利していることから神堂園よりも戦闘力は高いため順位も上位。

 

 

 

喧嘩強さランキング5位 乾健司

*出典元:hasegawakazuma.com

【ZERO】のメンバーで【渋谷十二鬼衆】にも数えられている人物。

【渋谷の暴狼】という異名を持っており、渋谷最強を目指していたが桐生とのタイマンで敗北している

【渋谷連合】の結成と桐生の不在に苛立っていた。

美玉中での出来事から【渋谷連合】が撤退したことで前田と共に【渋谷連合】に襲撃を仕掛け、烏丸と戦闘を行っている。

烏丸との戦闘で勝利したがその後【バビロン】の鬼丸と戦闘を行ったが最後は鬼丸の側近の五十嵐の攻撃を受け敗北している。

意識不明のまま入院していたが【渋谷5ポイント決戦】の夜に病院を抜け出し、前田を圧倒した悪岩と戦闘を行い、最後はチョークスリーパーを決め、悪岩に勝利している。

悪岩に勝利しているので悪岩以上の戦闘力を持っていると思われるため順位も上位

だが、桐生に敗北しているので桐生よりは戦闘力が劣るので順位は下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング4位 桐生達也

*出典元:Naverまとめ

【ZERO】のリーダーで【渋谷十二鬼衆】にも数えられている人物。

【生ける伝説】や【喧嘩の神様】と呼ばれている不良界のカリスマ的な存在

過去に藤村と共に【ZERO】を結成し、当時最大チームであった【カオス】を壊滅させ、渋谷の英雄になっている。

【ZERO】が【渋谷連合】を吸収して以降、乾たちに【バビロン】の制圧を指示し、自身は【藤村新太郎】を攻撃していった。

だが、【バビロン】の制圧と【藤村新太郎】の攻撃どちらも失敗に終わっている。

武藤の指示を受けた山田の襲撃を受けたことで昏睡状態に陥ったが意識を取り戻している。

藤村と共に【ZERO】を立ち上げた人物で戦闘力は高いことは確実。

だが、武藤や鬼丸、藤村と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。

作中でもトップクラスの実力者の為、乾や鮫島達よりも強いため順位も上位

 

 

 

喧嘩強さランキング3位 鬼丸仁

【バビロン】の初代頭で元は【カオス】のNo.2とされていた3人の1人に数えられていた人物。

【カオス】が壊滅してからも渋谷に残り、【バビロン】を立ち上げている。

【渋谷連合】を吸収し、渋谷統一まであとわずかというところで乾の襲撃を受けているが乾を撃退している。

その後は、黒澤に桐生を倒すことを持ち掛けられ、兼光と悪岩、飛田に指示をだし、【ZERO】の壊滅に乗り出している。

藤村と戦闘を行い、有利に戦闘を進めていたが藤村の予想を超える行動や執拗な食いつきを受け、桐生を倒すことを諦めて撤退している。

パワー、スピード、センスの全てがずば抜けており、作中でもトップクラスの実力者

だが、武藤や藤村と比較すると戦闘力は僅かだが劣ってしまうと思われるため順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング2位 武藤裕次郎

*出典元:twitter.com

【厭根組】の若頭補佐を務めている人物で圧倒的な暴力で【厭根組】の中でもかなりの実力者。

桐生を襲撃するように指示を出した人物で【厭根組代理戦争】では黒澤を倒し、藤村と戦闘を行っていく。

藤村との壮絶な戦闘の末、藤村に勝利している

高い戦闘力を持っており、藤村に勝利しているので藤村よりも戦闘力は高いかに思われたが強さを語り合うサイトなどを参考に総合的な評価をすると藤村の方が戦闘力は高いと思われ順位も下位

だが、桐生と比較すると桐生よりも強い。

 

 

 

喧嘩強さランキング1位 藤村新太郎

*出典元:Twitter

かつて桐生と共に【ZERO】を立ち上げた人物。

【渋谷の恐竜】という異名で圧倒的なパワーで野生的な戦闘スタイルで100人以上の不良を倒してきた

【渋谷十二鬼衆】の一人にも数えられる人物で桐生を超えるほどの実力者と言われている。

花屋で真面目に働いていたが渋谷の抗争を止めるために【藤村新太郎】を立ち上げ、【渋谷連合】の頭の鮫島とタイマンをはっている。

その後は、【バビロン】のメンバーに鬼丸を呼び出すように指示し、左足を負傷しながらも鬼丸と互角に戦闘を繰り広げ、鬼丸を撤退させることに成功している。

【藤村新太郎】を解散し、渋谷を去ることを決意したが桐生が襲撃されたことを聞き、桐生を襲撃した人物を探すようになっていく。

そして、桐生を襲撃した黒幕が武藤であることを突き止め、【厭根組代理戦争】で武藤と戦闘を行い、最終的には敗北している

高い戦闘力を持っていることは確実で作中でもトップクラスの実力者。

武藤との戦闘で敗北しているが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると武藤以上の戦闘力を持っていると思われるため武藤を抑えて1位

 

スポンサードリンク

 

 

サムライソルジャー強さランクまとめ

SSSランク

藤村新太郎、武藤裕次郎

 

SSランク

鬼丸仁、桐生達也

 

Sランク

乾健司、鮫島正平

 

Aランク

蜂谷リョウ、関正章、悪岩アキ、兼光英斗、岡崎一郎、吉田薫、柿沢丈太郎

 

Bランク

前田良騎、烏丸テツヤ、神波多直人、寺恵一、神堂園マサト、黒澤修二、江田昭二

 

Cランク

五十嵐瞬、椿瑛太、北ミズキ、九条優、市川佑介、ヤスユキ

 

-サムライソルジャー
-

執筆者:

カテゴリー