サムライソルジャー

サムライソルジャー強さランキング【最新決定版】

投稿日:2018年11月19日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

喧嘩強さランキング26位 ヤスユキ

【マーダーコープ】のNo.2でチームが【ZERO】の傘下に入ってからも吉田への敬意を忘れていない。

【渋谷連合】の【ZERO】狩りにあったが、【バビロン】との戦闘で復帰し、吉田を狙い攻撃してくる池袋勢に対して率先し体を張り、【ZERO】の勝利に貢献している。

あまり戦闘力は高くなく、吉田よりも遥かに戦闘力は劣ってしまう

 

 

 

喧嘩強さランキング25位 市川佑介

【雪崩】のNo.2で『シラガ』と呼ばれている人物。

口が達者だが雑魚というイメージを持たれがちだが地元では敵なしの不良。

打倒【ZERO】を誓ったが江田の特攻を喰らい敗北し、江田と【ZERO】に恨みを持っている。

鮫島の下についているが虎視眈々と機会をうかがっており、渋谷の頭になろうとしていた。

だが、【渋谷連合】が【ZERO】に襲撃を仕掛けた時には、鮫島と共に敗走し、少しだけ鮫島と信頼関係を築いた。

代理戦争では、追い詰められていた鮫島に檄を飛ばし、鮫島の勝利に貢献した

あまり戦闘力は高くないほうで鮫島と比較すると遥かに戦闘力は劣るため順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング24位 九条優

【雪崩】のリーダーを務めている人物だったが藤村が渋谷に戻ってきた時には、すぐに屈服している。

桐生の渋谷統一の命令を受けたことであっさりと【ZERO】の傘下に入ることを決意し、このことに不満を持った市川に引導を渡されている

総合的な評価をすると市川よりは強いと思われるため、順位も上だが他の人物と比較すると遥かに戦闘力は劣るので順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング23位 北ミズキ

【乱乱】というチームのリーダーを務めている人物で池袋三羽烏の一人に数えられている。

【ブクロの超新星】という異名を持っており、長身から繰り出される蹴り技を得意としている。

【ZERO】の本拠地を襲撃した時には、前田と烏丸との戦闘では、善戦していたが桐生には全く歯が立たなかった

椿と共に吉田と戦闘をしたが敗北している。

桐生と吉田に敗北しているので2人よりも喧嘩が弱いことは確実

椿と比較すると椿の方が強いと思われるため、順位も下位。

 

スポンサードリンク

 

喧嘩強さランキング22位 椿瑛太

【Lolita】という池袋のバイクチームのリーダーをしている人物で池袋三羽烏の一人に数えられている。

【ブクロの超新星】という異名を持っており、手段を選ばない戦闘スタイル。

吉田に腕挫十字固をされた時には、自身の腕の骨を折り、脱出するなどかなり根性の座っている。

【厭根組代理戦争】の【カオス】の代表を決める乱闘に参加しているが敗北している

吉田との戦闘で敗北しているので吉田よりも戦闘力は低いと思われるため、順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング21位 五十嵐瞬

元【カオス】のメンバーで今では、【バビロン】のメンバーになり、【鬼丸親衛隊】に所属している一人。

鬼丸と一緒に行動していることが多く、鬼丸のことをかなり慕っている。

喧嘩のスタイルは、容赦のないスタイルで相手の肩を外すなど行っていた。

【ZERO】の乾が鬼丸を襲撃してきた時には、乾を撃退していた。

常人と比較すると喧嘩は強いが総合的な評価をするとこの順位が妥当。

 

 

 

喧嘩強さランキング20位 江田昭二

【ZERO】のメンバーで桐生に喧嘩で敗北したことで【ZERO】に加入した人物。

手段を選ばない喧嘩のスタイルで数多くのチームを潰すきっかけを作っていることから【ZEROの特攻機】という異名をもっている。

桐生が渋谷統一を宣言したことで【雪崩】を襲撃し、【ZERO】の傘下に治めることに成功しているが、市川に嵌められたことで【渋谷連合】の結成をおぜん立てしている。

その後、名誉挽回する為に【藤村新太郎】を立ち上げた、藤村にタイマンを挑んだが藤村の圧倒的なパワーの前に敗北し、藤村の手助けをすることを決意し、【ZERO】に対してスパイのような行動をするようになっている

桐生が藤村を狙っていたことで桐生と戦闘を行っているが敗北している。

【渋谷十二鬼衆】の一人にも数えられている人物でパワー、スピード、打たれ強さなど高かったが桐生や藤村に敗北しているので2人よりも戦闘力は低いことは確実

 

 

 

喧嘩強さランキング19位 黒澤修二

【カオス】のNo.2で武藤と共に【カオス】を立ち上げた人物。

武藤が抜けて以降も、No.1を名乗ることなく、【黒澤派】を率いていた。

高い戦闘能力を持っており、喧嘩が強いことは確実

さらに、頭の回転も速く、吸収合併をすることで組織を巨大化させていった。

【カオス】が解散して以降は、拠点を池袋に移しており、池袋の喧嘩自慢たちを次々に倒していった。

鬼丸の至近距離の攻撃を受け止めれるほどの実力者でビジネスでも成功を収めている。

武藤の策略が明るみになってからは、武藤と戦闘を行ったが敗北している

高い戦闘力を持っており、喧嘩はかなり強いが武藤に敗北しているので武藤よりも実力は低い。

 

 

 

喧嘩強さランキング18位 神堂園マサト

【カオス】のNo.2とされている3人の1人で【カオスの守護神】という異名を持っている。

【カオス】が消滅して以降は、姿を消しており、新宿に拠点を移していた。

黒澤の依頼を受けたことで【厭根組代理戦争】に参加することを決めている。

4番手として鮫島と遷都を行っているが鮫島のハイキックを喰らい敗北している

鮫島のハイキックで敗北しているので鮫島よりも戦闘力は低いので順位も下位。

 

 

 

喧嘩強さランキング17位 寺恵一

【バトルアックス】の2代目リーダーでプロレスラーのような大きな身体をしている人物。

柿沢にも負けないほどの怪力を持っており、過去に柔道をしていたことで吉田の柔道技を何度も封じていた。

【渋谷連合】の頭を決める戦いでは、何度倒されても立ち上がるタフさを持っていた。

鮫島との戦闘で鮫島をあと少しというところまで追い詰めてたが烏丸の飛び膝蹴りを喰らったことで敗北している

吉田との戦闘で歴史に残るタイマンを見せたが吉田の一本背負いを喰らい敗北している

吉田とのタイマンで敗北しているので吉田よりも戦闘力は低いことは確実。

 

 

 

喧嘩強さランキング16位 神波多直人

【ZERO】のメンバーで【渋谷十二鬼衆】の一人に数えられている人物。

天性の喧嘩のセンスを持っており、飛び蹴りやハイキックなどアクロバティックな技を得意としていた。

鮫島と決着をつけるために美玉中に単身で乗り込んでいるが【渋谷連合】を倒そうとしていた藤村と出会い、タイマンを張ることになる。

藤村とのタイマンで敗北している。

このことで【ZERO】を抜け、【藤村新太郎】に加入している。

【厭根組代理戦争】では2番手として登場し、関と戦闘を行い、ローキックで関をダウンさせたが最終的には敗北している

藤村や関に敗北しているので2人よりも戦闘力は低く順位も下位。

 

次のページでは、サムライソルジャー強さランクTOP15を発表!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-サムライソルジャー
-

執筆者:

カテゴリー