あしたのジョー

あしたのジョー強さランキングTOP20【最新決定版】

投稿日:2017年12月9日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

第5位 レオン・スマイリー

 WBCとWBAの世界バンタム級1位にランクインしている実力者で『13人目のチャンピオン』と呼ばれている。

ホセと試合を行うなら最高の挑戦者でいるべきと考えた丈と試合を行い、最終ラウンドまで試合を進めていく。

最終ラウンドでも決着がつかず、判定で丈に敗北している。

丈の唯一の判定勝ちで丈との試合でも互角に戦っていた。

ボクシングの技術も高く、戦闘力もかなり高いが丈に判定ではあるが敗北しているので丈よりも戦闘力は低い

 

 

 

第4位 カロルド・ゴメス

 WBAの世界バンダム級王者で4年間王座を防衛し続けている不敗の強豪王者。

WBC王者のホセと統一戦を行っており、ホセを追い詰めていくがホセの強力なパンチの前に敗北している。

ホセに敗北してるのでホセよりも戦闘力は低いが他のボクサーと比べても戦闘能力は高い。

 

 

 

第3位 矢吹丈

*出典元:twitter.com

 本作の主人公で【ドヤ街】で丹下に出会ったことでボクシングの道に進むことになっている。

特等少年院で力石と出会っており、出所した後にはプロボクサーとなっている。

強力なライバルたちに勝利していき、力石と試合を行っているが凄まじい威力を誇っているクロスカウンターを防がれてしまい追い詰められていってしまう

力石との試合に敗北しているが力石がリング上で息を引き取ったことでテンプルを打てない状態になってしまった。

だが、それを克服し、身体の成長で減量も苦しくなってしまっているが力石への想いを武器に乗り越えていっている。

ホセと試合を行ったときには、片目の視力を失っているがどこに飛ぶかわからないパンチを繰り出し、ホセを追い詰めていっていた。

ホセの心理トリックを見破り、ホセをどんどん追い詰めていくが最終的に判定で敗北している。

力石とホセに敗北しているので2人よりも戦闘力は低いが2人とも追い詰めていっていた

戦闘能力も高く、レオン・スマイリーに勝利しているのでレオンよりも戦闘力は高い。

 

 

 

第2位 力石徹

*出典元:bokete.jp

 丈と互いに認め合っている最大のライバルで天才ボクサー。

元々は、ウェルター級で13連続KO勝利をたたきだした人物で試合中に野次を飛ばした観客を殴ったことで特等少年院送りとなってしまっている。

少年院で丈の脱走を妨害したことでボクシングの試合をすることになり、試合後にライバルとして認めるようになっている。

少年院出所後は、フェザー級のプロとして復帰している。

丈がバンタム級で活躍しているので少年院での決着をつけるためにバンタム級まで減量し挑んでいる。

丈との壮絶な試合を繰り広げダブルクロスアッパーでトリプルクロスを破り、勝利しているがリング上で息を引き取っている。

丈との試合で息を引き取っているが試合には勝利しているので戦闘力は丈よりも高い

だが、ホセと比較すると戦闘能力は低いと思われる。

 

 

 

第1位 ホセ・メンドーサ

*出典元:MDさんのマニアな時間

 メキシコ出身のボクサーでバンタム級のチャンピオン。

『コンピューター付きファイティングマシーン』と呼ばれており、正確なテクニックとずば抜けた判断力を持っている。

WBAバンタム級王者カルロス・ゴメスに勝利し、統一王者となっており、カーロス・リベラとの試合では、一発のパンチでパンチドランカーにするほどの威力を持っている

丈と試合をした時には、そのパンチ力で丈は試合中に視力を失っている。

だが、丈が変則性のパンチを出すようになり、それに対応することが出来ず、パンチを喰らっていき壮絶な打ち合いを繰り広げている。

丈との試合を進める中で丈に恐怖を感じてしまい、反則を犯してしまう。

勝負は判定にまでもつれ込み、丈に判定で勝利しているが身体的にも精神的にも疲弊したホセは試合終了の時には白髪になっていた

丈との試合で壮絶な試合を繰り広げ、判定で勝利しているので丈以上の戦闘力を持っている。

強烈なパンチを持っていたが打たれ弱いという弱点があり、肉体的な打たれ弱さではなく精神的なモノらしい。

丈に追い詰められていったが堂々の1位

 

スポンサードリンク

 

 

主要キャラクター強さランクまとめ

Sランク

ホセ・メンドーサ、力石徹

 

Aランク

矢吹丈、カロルド・ゴメス、レオン・スマイリー

 

Bランク

カーロス・リベラ、金竜飛、サム・イアウケア

 

Cランク

ハリマオ、ウルフ金串、村上輝明

 

Dランク

ゴロマキ権藤、タイガー尾崎

 

Eランク

マンモス西、稲葉粂太郎

 

Fランク

丹下段平、河野、青山まもる、須賀清

 

Gランク

太郎

 

 

> 前のページへ 

-あしたのジョー
-

執筆者:

カテゴリー