ライジングインパクト

ライジングインパクト強さ(ゴルフの上手さ)ランキングTOP30【最新決定版】

投稿日:2018年1月18日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

第30位 金園秀美

*出典元:livedoor Blog

 画像の一番奥の人物。

世界的なゴルフの名門校の【キャメロット学院】のスポンサーを父親が務めていることから父親の力を使い入学している。

プロゴルファーになりたかった父親の夢を叶えてほしいという願いから入学しているが卑怯な手ばかり使っていた。

だが、ガウェイン・ライザーとの試合でインチキがバレてしまい、東堂院に怒られている。

キャメロット学院でCランクよりランクダウンすると退学になってしまうが、退学せずにいるということはCランク並みの実力を持っていることがわかる。

だが、他の選手と比較しても才能も努力も劣るので順位も最下位

 

 

 

第29位 ライザー・ホプキンス

*出典元:checkmate-blog.com

 キャメロット学院の日本校に在籍していながらも常にCクラスにいる人物。

実力は、そこまで高くなく、ガウェインがキャメロット学院に編入してすぐにドラコン勝負を持ち掛けたが敗北している

だが、ガウェインとの対戦でゴルフの楽しさを思い出し、ガウェインと仲良くなっている。

キャメロット杯を賭け、金園と勝負したがメンタルの弱さから簡単なパットを外してしまい、キャメロット杯の出場を逃している。

だが、Bクラスに上がり、試合に出ているがメンタルの弱さを改善することができずに六条に嵌められてしまっている。

それから数年後にはプロゴルファーになっており、ガウェインと互角と言われるほどの実力をつけている

金園に敗北し、キャメロット杯出場を逃しているがその後の成績から金園以上の実力をつけている。

だが、六条に嵌められてしまっているので六条よりも実力は下。

プロゴルファーになり、ガウェインと互角の実力があると言われているが明確な実力が描かれていないのでこの順位。

 

 

 

第28位 ジェームズ・ヒューストン

 キャメロット学院の米国校の人物でスフィーダとプラタリッサをいやらしい目で見ていた。

ゴルフでの実力は高くなく順位も低い。

スフィーダたちをいやらしい目で見ていたせいか人気投票では0票という結果で最下位に終わった。

 

 

 

第27位 チャールズ・リビングストン

 キャメロット学院の米国校の代表の人物。

ガウェインとパーシバルと同じ組になっており、パーシバルの放ったショットがガウェインに当たり怪我をする現場を目撃した人物。

【ガウェイン・フェニックス】に覚醒したガウェインにほれ込み、将来的にはガウェインのキャディーとなっている。

実力もそこまで高くなく、順位も低いがガウェインの良き理解者

 

 

 

第26位 マシュー・ダルシー

 キャメロット学院イギリス代表の人物でブリジットと祐美子の衝突に巻き込まれ、10位入賞できなかった。

ブリジットと祐美子に巻き込まれて実力を発揮できなかったようだが、実力はブリジットや祐美子よりも低い。

 

スポンサードリンク

 

第25位 ケイト・ビッカートン

 キャメロット学院の米国校代表として登場し、レイディルと一緒にランスロットを潰しにかかっているが返り討ちに合っている。

ランスロットを潰そうとしていたが、個人戦でランスロットとトリスタンと同じ組になり、トリスタンの圧倒的な実力の前に調子を崩してしまったランスロットを見かね、声を掛け、調子を取り戻したランスロットと打ち解けている。

ランスロットの返り討ちに合っているのでランスロットよりも遥かに実力は劣る

 

 

 

第24位 レイディル・ジャンセン

 キャメロット学院の米国校代表として登場した人物。

あまり目立った成績を残せていないためこの順位。

【アヴァロン学院】の講師になっている。

 

 

 

第23位 小泉裕美子

 キャメロット学院日本校に在籍している人物でガウェインとランスロットが初めて対戦した強敵。

アイアンの名手で女子Jr.チャンプでもあり、高い実力を持っている。

強烈なバックスピンが得意でゴルフの上手さを見せつけていたが物語が進んでいく中であまり成長せずに終わってしまっている。

ゴルフに対しても熱心な性格でしたがどんどんと熱が冷めていき、言動も軽薄になっていってしまいました。

成長できなかったことでこの順位となっています。

ランスロットやガウェインの前に立ちはだかりましたが2人が成長したことで大きく差を広げられてしまったためこの順位。

 

 

 

第22位 プラタリッサ・ボネール

*出典元:チェックメイト | 2chまとめブログ

 姉のスフィーダと共にキャメロット学院英国校に進学する予定であったが不合格になったために、日本校に入学した人物。

本来の性格は明るく穏やかな性格をしているがキャメロット杯で姉と同じかそれ以上の成績を残さないと帰宅できないという条件を両親に言われているので日本校の全員を敵視し、冷徹な性格を装っていた。

英国校に一緒に行けなかったことで姉のスフィーダとも仲が悪くなっていたがキャメロット杯でアイスたちの力もあり、スフィーダと和解している。

スフィーダを和解してからは、明るい性格に戻っている。

将来的には、リーベル・リングヴォルドと結婚している。

古梨カントリーJr.杯で祐美子以上のスコアを出し、優勝していることから実力は祐美子以上

 

 

 

第21位 ハーシィ・エポア

*出典元:livedoor Blog

 画像の一番手前の人物。

小柄な体格な為、パワーがあまり無く飛距離があまりでない。

だが、30Y内でのアプローチならチップイン率70%という驚異的な数字を誇っている。

自分よりも実力の劣る人物にはでかい態度を取っているが先輩の荒井に対してもなぜかでかい態度を取っている。

アプローチ技術は目を見張るものがあるが他の部分があまり目立たないため、この順位

 

 

次のページでは、ライジングインパクト強さランキングTOP20を発表!

スポンサードリンク

 

 

> 続きを読む 

-ライジングインパクト
-

執筆者:

カテゴリー