こちら葛飾区亀有公園前派出所

こち亀強さランキングTOP50【最新決定版】やっぱり両さんが最強!?

投稿日:2018年5月14日 更新日:

 

 

スポンサードリンク

 

 

強さ第50位 擬宝珠檸檬

*出典元:animecharactersdatabase.com

 纏の妹で夏春都の孫。

両津と出会ったことで心を開き、明るい性格になっており、両津のことを大切に思っている。

【神の舌】と呼ばれるほどの優れた味覚を持っており、料理を作った人物の精神状態を判断することが出来たり、一口で成分の細かい分析をすることができる。

そのため、料理業界では名の知れた存在で中川や麗子ですら予約の取れない超高級店【料亭篤】ですら顔が利いていた。

戦闘能力に関しては、身体能力、格闘能力がほぼ皆無なので最下位

両津と比較すると誰が見ても両津の方が強い。

だが、将棋や書道の実力は、全国でもトップクラスの実力を持っている

 

 

 

強さ第49位 電極+

*出典元:animeranking.net

 電極スパークの息子で小学生でありながらも友人とゲーム会社【S・E・S】というソフト会社を経営している。

小学生だが人よりも機械を信じるという性格で可愛らしい部分はなかったが檸檬に一目ぼれしてからは感情が表に出るようになっている。

普段の行動は冷静で大人びているが檸檬の前になると気弱になってしまう。

さらに、檸檬の前では高所恐怖症であることを必死に隠している。

頭脳に関してみると大人よりも遥かに高い頭脳を持っているが戦闘能力の面で見ると両津などと比較すると遥かに劣ってしまう

檸檬よりも戦闘力は低いかに思われたが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると檸檬よりも少し強いと思われる。

 

 

 

強さ第48位 乙姫菜々

*出典元:キャラペディア

 新葛飾署の交通課に勤務しており、白バイ隊に所属している人物。

本田の交際相手。

【クイーンスターズ】と呼ばれる女性だけで構成された白バイ隊の中ではトップクラスの実力を持っているがバイクが倒れてしまうと一人では起こすことができない。

腕力が弱すぎるため、中川コンツェルンのパワーアシストスーツを着用したこともある。

これを着用した時には、両津と腕相撲を行っており、両津に勝利できるほどパワーアップした。

戦闘能力に関しては、バイクを一人で起こせないことなどから全く腕力もなく、弱い。

両津を腕相撲で倒せるほどパワーアップしたがパワーアシストスーツのおかげなので両津よりも遥かに戦闘能力に差がある

 

 

 

強さ第47位 寺井洋一(丸井ヤング館)

*出典元:アニテン

 北海道出身の人物で亀有公園前派出所に勤務している人物。

得意などが全くなく、平凡な警察官で警察官になってから13年間犯人を捕まえたという経験がなかった。

【人生送りバント】という評価を両津から受けていた。

『寺井洋一』が本名だが両津に無理矢理『丸井ヤング館』という名前に改名されているが、改名されたことで運気が上昇している。

作中では、まったく活躍せず戦闘描写も少ないので戦闘能力はかなり低く、この順位。

戦闘力は低いがさすがに檸檬や乙女には勝てるということで順位も上

 

 

 

強さ第46位 法条正義(凄苦残念)

*出典元:twitter.com

 両津の後輩で派出所にも一時期配属された人物。

今では、頓田が署長を務めている新葛飾署に勤務している。

東京大学を卒業している超のつくほどのエリートだが国家公務員試験を受けずに警視庁を受けているので階級は巡査。

怖い顔をしており、腕力が強いが気が弱く、実践には不向きな性格をしている。

巡査部長昇進試験に向けて勉強を行っていたが両津や両津の友人たちの妨害もあり、試験には落ちてしまっている。

腕力が強いということで乙女や電極+と比べても戦闘能力は高い

だが、気が弱く実践向きではないということで頓田よりも戦闘力は低く、順位も下位

 

 

 

強さ第45位 頓田五目須

*出典元:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPAN

 新葛飾署の署長を務めている人物で画像からも分かるようにパーマと口ひげが特徴的。

大原の上司として一緒に仕事をしていたこともあり、今でも大原とは仲良し。

両津の暴走行為には常に頭を悩ませているが両津のことを嫌っているわけではない。

逆に、両津の警察官としての能力を高く評価しており、本庁が両津を解雇に追い込んでいこうとしたときには、両津が警察官として重要な存在だと弁護したこともある。

ゲームに関してはかなり疎いが孫が6人おり、ゲームの攻略法を聞いてくるので両津に頭を下げ攻略法を教えてもらっている。

新葛飾署の署長を務めているので警察官としての能力はかなり高いと思われる。

だが、戦闘能力に関しては全く持っていない様子で戦闘描写なども全くない

両津たちと比較すると戦闘能力は遥かに両津の方が高く、強い。

寺井や法条と比較すると戦闘力は高く強いと思われる

 

 

 

強さ第44位 電極スパーク

 【スーパー電子工機】の社長を務めている人物でハイテク電化製品の開発や販売を行っている。

仕事に熱中しすぎており、息子たちもモニターに参加させていた。

オール電化のハイテクビルを持っていたが電気代が高すぎるところをマスコミにバッシングされたため、改築している。

ハイテク電化製品の開発や販売を行っているので息子の+以上の頭脳を持ち合わせていることが分かる。

だが、戦闘力の面で見ると両津などと比較しても遥かに攻撃力、防御力どちらも劣る

息子の+以上の戦闘力を持っていると思われる。

 

 

 

強さ第43位 丸出ダメ太郎(開発004号)

*出典元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 警視庁の開発したロボット警官の4号機。

『警視庁開発4号乙型ロボット』という正式名称がある。

充電されている電気の量と知識が比例しているので充電が満タンだと大学教授ほどの知能を発揮する。

アニメでは、派出所に配属されていたが、業績があまり良くないということで解体されかけていた。

だが、警視総監を救出したことで解体を免れている。

ロボットということで人よりも戦闘能力が高そうに見えるが実は全く戦闘能力は高くなく、この順位

両津と比較すると両津よりも身体能力も低く弱い。

同じロボットでも度怒り炎の介よりも弱く、戦闘能力も低い。

 

 

 

強さ第42位 早乙女リカ

*出典元:disp.cc

 新葛飾署の交通課に勤務しており、高圧的で気の強い人物。

両津のことを嫌っており、常に両津には攻撃的な態度を取っていた。

両津を泥棒と勘違いした時には、謝ることをせずに逆に開き直っていた。

だが、早矢に諭されたことで今までのことを反省し、考えを改め、両津と衝突することも少なくなった。

両津と常に対立しあっていたが戦闘力は全然なく、弱い

電極スパークや丸出ダメ太郎よりも戦闘能力は高い。

 

 

 

強さ第41位 星逃田

*出典元:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPAN

 警視庁に勤務している人物でアニメでは、特殊刑事課の【ハードボイルド刑事】として登場していた。

ハードボイルドに映るように心がけている人物で背後から声を掛けられると銃を抜いてしまうという特徴がある。

戦闘能力に関しては、作中での戦闘描写の少なさなどから正確に測ることはできないが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとこの順位

 

スポンサードリンク

 

強さ第40位 両津勘兵衛

*出典元:知れば必ずハマる!ジブリやアニメの都市伝説

 両津勘吉の祖父で年金暮らしをしていたが老人ばかりを集めて【R・G・C】というテレビゲーム会社を作り、成功している。

高層マンションに引っ越し、勘吉を次期社長にしているが勘吉が無茶しすぎたせいで倒産したが再び自身が社長となり、会社を復活させている。

最近では、【R・G・C】を売却し、今では燕の巣の採取、レアメタルの採掘などを行っている。

過去には、大日本帝国海軍に所属しており、戦闘機の整備を行っていたので多少戦闘力は高いと思われるが今ではもうおじいちゃんなのでこの順位。

戦闘力に関しては、あまり高くないので下位の方になっているが経営者として一流

勘吉や妹の夏春都よりも戦闘力は劣ってしまう。

 

 

 

強さ第39位 恵比須海老茶

 葛飾区公園前派出所に勤務していた警官で元々は刑事課に所属していた人物。

「笑う門には福来る」という教育方針からちょっとのことでも笑いが止まらなくなってしまう。

人生の中で3回だけ怒ることを許されており、怒った時には表情が一変し、パワーアップする。

アニメでは、特殊刑事課に【爆笑刑事】として配属されているが個性豊かなメンバーに笑いが止まらなくなってしまい退職している。

戦闘能力に関しては、怒った時には少しだけ強くなるがそれでも両津と比較すると圧倒的に実力差がある

だが、丸井や頓田よりも戦闘力は高く強いと思われる。

 

 

 

強さ第38位 度怒り炎の介(開発005号)

*出典元:ameblo.jp

 警視庁の開発しているロボットでガソリンを燃料にしている。

亀有公園前派出所の隣にロボット派出所を作っていたが苦情が殺到した。

感情が高ぶってしまい、ショートしてしまうこともあったが両津とはウマが合い、一緒に事件解決するなど活躍していた。

丸出ダメ太郎よりも高い戦闘能力を持っていることは確実で順位も上

両津と事件を解決してしているが両津と比較すると戦闘能力は両津の方が遥かに高く、強い

 

 

 

強さ第37位 月光刑事&美茄子刑事

*出典元:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

 特殊刑事課に勤務している人物で夜間戦闘機【月光】に乗って行動している。

月光刑事は、満月の日にしか出動しない。理由は、満月の日は犯罪が増えるかららしい。

美茄子刑事は、月光刑事と一緒に行動しており、プリクラの裏技を発見する天才。

2人とも登場すると即撃墜というのがパターン化している。

戦闘能力に関しては、あまり高い方ではなく、海パン刑事やミレニアム刑事よりも戦闘力はわずかに劣る

 

 

 

強さ第36位 ミレニアム刑事

*出典元:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

 警視庁【特殊刑事課】に所属している人物で千年に一度しか登場しないという人物。

だが、実際には複数回登場している。

番長のような格好をしており、硬派に見せているが実際は軟派。

強そうな見た目をしているが実際はかなり弱く、戦闘力もかなり低い

ムスタング刑事と比較しても戦闘力は低く、弱いが月光刑事と美茄子刑事よりも少しだけ戦闘力は高い

 

 

 

強さ第35位 海パン刑事

*出典元:ありんくりん速報

 特殊刑事課に勤務している人物で階級は警部補。

ふざけた格好には似合わず、検挙率は100%を誇っているエリート刑事で犯人の隙を突いて逮捕するという戦闘スタイル。

格闘能力が高く、月光刑事や美茄子刑事、ミレニアム刑事よりも高い戦闘力を持っている

だが、両津と比較すると両津が圧倒的に強く、順位も両津よりも下位。

 

 

 

強さ第34位 中川圭一

*出典元:マジカル

 スーパービジネスマンの父親とピアニストでありながら女優の母親の間に生まれた人物で幼いころから恵まれた環境で育ってきた。

そのため、7歳でハイスクールの教科を全て修了したり、音楽や美術などの芸術的な感性も豊かに育っている。

特筆すべきは、プロ並みの運転技術で8歳の時には、すでにフェラーリでドリフトを成功させていた。

海外で生活していたが日本に帰国してからは大学に入学し、卒業後には、カーレーサーとファッションモデル、デザイナーと幅広く活躍していた。

だが、理由はわからないが警察学校に入学し、公園前派出所に配属されている。

公園前派出所に配属になっていこう、麗子と一緒に両津に振り回されてしまっているが両津との関係は悪いわけではなく、両津と協力することも多かった。

経営者としては優秀だが戦闘力の面で見るとそこまで高くなく、強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとこの順位

両津と比較してしまうと両津が超人的に身体能力が高いので戦闘力はかなり劣ってしまう

だが、海パン刑事やミレニアム刑事と比較すると戦闘力は高く強い。

 

 

 

強さ第33位 擬宝珠憂鬱

 纏の兄で京都の【超雅】で修行を積んでいたがその後、磯鷲家の料理人に就職している。

だが、再び【超雅】に戻っている。

スポーツ万能で運動神経は良い。

戦闘能力に関しては、戦闘描写が少なく、正確な戦闘力を測ることはできないが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこの順位

纏よりも弱い。

 

 

 

強さ第32位 村瀬賢治

 両津の小学生の時の同級生で弁護士になるのが夢だった。

両津とベーゴマの特訓を行い町内のチャンピオンとなったが渋谷への転校が決まり両津と木の下にベーゴマを埋めて、2001年に再び会うことを誓っている。

だが、家庭環境の変化で荒んだ道を歩むようになってしまっており、両津との再会はかなり複雑なモノになってしまっている。

戦闘力に関しては、あまり描かれていないので正確な攻撃力、防御力を測ることはできないが強さを議論するサイトなどの評価を参考にすると両津よりも遥かに戦闘力は劣ってしまう

 

 

 

強さ第31位 戸塚金次

*出典元:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPAN

 亀有公園前派出所に勤務している人物でかなりの強面。

警察官になる前には、トラックの運転手を10年ほどやっていたので運転技術は中川と互角。

さらに、腕力も強く、ルール無用の喧嘩を両津と行った時には互角の勝負を繰り広げていた。

だが、最終的には両津に敗北している。

両津と互角に戦闘を行っているが最終的に敗北しているので両津よりも戦闘力は低い

強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると両津銀次よりも戦闘力は低く弱い。

 

次のページでは、こち亀強さランキングTOP30を発表!!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-こちら葛飾区亀有公園前派出所
-

執筆者:

カテゴリー