TOUGH

TOUGH強さランキング【最新決定版】

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

強さランク第47位 ブル・マツダ

*出典元:まんじゅうハウス – FC2

元々アマチュアレスラーで活動していた人物で今では総合格闘家として活動している。

非常に強力なタックルを持っており、コンクリートの壁を破壊できるほどの破壊力を持っている

【ハイパーバトル】の優勝者の熹一を倒すことで名を上げようとしたが逆に熹一に返り討ちに遭ってしまっている。

ブッカー・ゼロから指示を受けたことで鯱山と戦闘を行うが惨敗してしまっている。

その後、鯱山にリベンジを果たそうと熹一と一緒に修行を行い、【灘神影流】の【巨岩返し】を取得し、鯱山に戦闘を挑んだ。

鯱山の高速タックルを【巨岩返し】で返すなど以前よりも成長した姿を見せたが結果的には敗北している

常人以上の怪力を持っており、高い戦闘力を持っているが熹一や鯱山に敗北していることから2人よりも戦闘力は低いことは確実

 

 

 

強さランク第46位 加納剛次

*出典元:Tough Wiki – fandom

幼いころから柔道を行っていた人物でオリンピックも期待されている高校生。

ボクサーや空手などの打撃系が最強と言っているのを見て、柔道が最強のことを証明しようと普段から練習を行っていた。

熹一と戦闘を行ったが熹一の【菩薩拳】を受けたことで敗北している

常人と比較すると戦闘力は遥かに高いが熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第45位 黒田光秀 【灘心陽流】

*出典元:Textream – Yahoo! JAPAN

【灘神影流】と対する【灘心陽流】の伝承者で過去に試合で親友を失ってから拳を封印している人物。

熹一と戦闘を行ったことで熹一と仲良くなり、アイアン木場との戦闘を控えている熹一に独自のトレーニングを教えたりしていた。

数分でトラックを潰せるほどの実力を持っているが熹一と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位

 

 

 

強さランク第44位 ギャルアッド・スワンパクティ

*出典元:漫画ネタバレスリーブ

ムエタイファイターでストリートでは、50戦無敗という戦績を残している。

日本にやってきたことで熹一と戦闘を行い、熹一の【螺子拳】を受けても何度も立ち上がり、最終的には勝利している

だが、ガルシアとの試合でガルシアのミドルキックを喰らい敗北している。

ガルシアとの戦闘で敗北しているのでガルシアよりも戦闘力は低いことは確実

熹一との戦闘で勝利しているが総合的な評価をすると熹一の方が戦闘力は低いと思われ順位も下位

 

 

 

強さランク第43位 九条シオン

『悪魔を滅ぼす』という目的の為に戦闘を続けている神父でパンチで相手の身体だけでなく、リングまでも切り裂くことが可能。

常人と比較すると戦闘力は高く強いが熹一との戦闘で【罪人固め】を喰らったことで敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く実力も劣るため順位も下位。

 

 

 

強さランク第42位 リカルド伊藤

【悪魔の寝業師】と呼ばれるほどの実力者でヒースに負けないほどのグラウンド技術を持っていたがガルシアとの戦闘で僅か3秒で敗北している。

ガルシアとの戦闘で一瞬で敗北しているのでガルシアよりも遥かに戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第41位 河野正哉

【弾丸特急】という異名を持っているレスラーで一般人と比較すると戦闘力は高いが作中の強力な人物たちと比較すると戦闘力は低く弱い。

 

 

 

強さランク第40位 苫篠源内

【首里手空手】の使い手で【人差し指のゲン】という異名を持っている。

ハイパーバトルの予選に出場していたが熹一に全く歯が立たず熹一に敗北している。

ミノルが傷だらけの状態で熹一に戦闘を挑んできたことでミノルを止めようとしたが鬼龍に捕まり、ボコボコにされてしまっている

熹一に敗北していることから熹一よりも戦闘力は低いことは確実で鬼龍やミノルよりも弱い

 

 

 

強さランク第39位 金田長英 【拳術館空手】

【拳術館空手】の倉本の弟子でYJオープントーナメントで優勝した経験を持っている。

過去にいじめを受けていたことで強くなりたいと思ったことで拷問とも呼ばれるほどの鍛錬に耐え、鋼の肉体を手に入れている。

常人と比較すると高い戦闘力を持っていることは確実だが熹一や師匠の倉本と比較すると戦闘力は劣るので順位も下位

 

 

 

強さランク第38位 レムコ・ヤーロブ

*出典元:livedoor Blog

アイアン木場が熹一に送り込んだ刺客で相撲やレスリングに精通している人物。

かなり大柄な巨体で怪力を誇っていたが熹一との戦闘で奥義【一寸棒死】を喰らい敗北している。

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも弱く順位も下

だが、加納と比較すると戦闘力は高いと思われ順位も上

 

 

 

強さランク第37位 アンドレ・フェルナンデス

【ラバーマン(超軟体人間)】という異名を持っている人物でブラジリアン柔術の使い手。

ハイパーバトル1回戦で熹一と戦闘を行っており、関節を自在に外せる特技を披露し、熹一にも善戦したが最終的には顔面に凄まじい蹴りを喰らったことで敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く順位も下位

 

 

 

強さランク第36位 笹川エンゾウ

犬をも噛んで倒すということから【狂犬】という異名を持っている人物。

痛覚が無いため、痛みを感じないという特殊な体質をしていた。

TDKでの1回戦では、藤田と戦闘を行い、勝利している。

その後、2回戦を控えていた義生を再起不能にしている。

熹一とも戦闘を行ったが熹一の【裸絞め】を喰らい失神しているが熹一も気を失っていた

試合の結果は、静虎が熹一に触れたことで勝利しているが試合後に自信の敗北を認め、準決勝進出を辞退している。

高い戦闘力を持っているが熹一との戦闘で自らの敗北を認めたことから熹一の方が戦闘力は高く強い

 

 

 

強さランク第35位 鯱山十蔵

*出典元:mixi.jp

【サムライ・プロレス】に所属しているプロレスラーでレスラーとして活動しながら総合格闘にも参戦している。

高い身体能力を持っており、作中でも高い実力を見せつけていた。

ブル・マツダとの1回目の戦闘では、圧倒的な戦闘力を見せつけ勝利しており、2回目の戦闘では、ブル・マツダが成長したことで苦戦していたが最後は殴り合いとなり、ブル・マツダに勝利している

【モンスター・ウォーズ】では、熹一と戦闘を行ったが3秒で倒されてしまった。

ブル・マツダに勝利していることからブル・マツダよりも戦闘力は高いことは確実で順位も上

だが、熹一に敗北しているので熹一よりも戦闘力は劣る。

 

 

 

強さランク第34位 東修人

【超巨人】という異名を持っている人物で3年間連続で空手トーナメントのチャンピオンになっている。

【超筋肉増幅呼吸法(オメガ・パンプ・アップ)】という呼吸法で元々強い打撃力を更に向上させていた。

防具を突き破るほどのパンチ力を持っており、かなり強いが数分間しか使えないという弱点があった。

熹一との戦闘ではその弱点を突かれたことで敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く弱い。

 

 

 

強さランク第33位 ウーゴ・ロドリゲス

【南米の悪魔】という異名を持っている人物で対戦相手をことごとく再起不能にしている。

常人と比較すると戦闘力は高いがガルシアとの戦闘で【ボーン・トルネード】を喰らい敗北している

ガルシアとの戦闘で敗北しているのでガルシアよりも戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第32位 高石義生

*出典元:ameblo.jp

【人食い義生】という異名を持っている人物でプロレスラーとして活動している。

メキシコのルチャリブレでは、国民的な人気を誇っていた『チコ・フェルナンデス』と対戦し、キャノンドライバーを喰らわせて一瞬で勝利している

熹一とは仲が良いようでレムコ戦では熹一のコーチを買って出ていた。

常人と比較すると強いことは確実だが熹一と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位

 

 

 

強さランク第31位 露土馬

異種格闘技戦で数多くのタイトルを取っていた人物で【英拳派究極奥義・真言波】を求め【黒竜寺】に訪れていた。

【楔打ち】という得意技を持っていたが【真言波】を賭けて、朝昇と戦闘を行い、圧倒的な戦闘力の差を見せつけられ敗北している

常人と比較すると戦闘力は高いが朝昇に敗北しているので朝昇よりも戦闘力は低く弱い。

 

 

 

強さランク第30位 葵真吾 【剛越流柔術】

【剛越流柔術】の使い手で独特の訓練を続けたことで高い柔軟性を持っており、関節技が効かない。

関節技の技量だけで見ると熹一以上の技量を持っている。

自宅庭園で熹一と戦闘を行っているが襷固めの変形の【堅柔固め】を受けたことで熹一に敗北している

幻舟が静虎に喧嘩を売ったことで幻舟を止めようとしたが一瞬で腕を折られてしまっている

熹一に敗北しているので熹一よりも戦闘力は低いので順位も下位。

師匠の幻舟にも一瞬で敗北しているので幻舟よりも戦闘力は低く弱い。

 

 

 

強さランク第29位 栗栖革了

アイアン木場に【霊長類最強の雄】という評価を受けていた人物で御神木を動かすことができるほどの腕力を持っている。

TDKでは、1回戦を勝利し、2回戦にコマを進めたがガルシアと戦闘し、一瞬で敗北している。

ガルシアとの戦闘で一瞬で敗北しているのでガルシアよりも遥かに戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第28位 新堂万次

【新堂流体術】の使い手で武者修行として多くの武闘家を倒して回っていた。

ハイパーバトル予選に参加しており、熹一と戦闘を行っており、熹一を追い詰めていったが最終的には締め落とされたことで敗北している。

熹一を追い詰めていったが最終的には敗北しているので熹一よりも戦闘力は低いことは確実で順位も下

 

 

 

強さランク第27位 闇猿(ダーク・モンキー)

*出典元:ゲーム攻略・無料ウィキレンタルのアットウィキ (@WIKI)

ドン・ガンビーノの刺客として送り込まれている人物でインドネシアの猿に育てられた。

ビッグアイという突き出た目を持っており、周囲を360度見渡すことが可能。

菊多を狙いやってきているがその時に熹一と戦闘になり、前歯を折られている。

常人なら一瞬で倒すことのできる人物だが熹一に前歯を折られているので熹一よりも戦闘力は劣るので順位も下位

 

 

 

強さランク第26位 朝昇

*出典元:漫画ネタバレスリーブ

【奇人】という異名を持っている人物で熹一のライバル的な存在。

今では、ニューヨークで日本文化を教える道場を経営していた。

ハイパーバトルに出場している熹一のセコンドについていた。

高い戦闘力を持っていると思われているが熹一と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位

 

 

 

強さランク第25位 鈴木ミノル

*出典元:Twitter

【覇生流体術】の師範代で【風のミノル】という異名を持っている人物。

鬼龍と静虎と戦闘を行うことを望んでおり、静虎のことを尊敬していた。

ハイパーバトル予選会場で鬼龍と戦闘を行っており、圧倒的な戦闘力の差を見せつけられたことで敗北している

その後、ハイパーバトル本選に出場し、2回戦で静虎と戦闘を行い、静虎の【虎脚(タイガー・シュート)】を喰らい敗北している。

鬼龍と静虎との戦闘で敗北しているので2人よりも戦闘力は低いことは確実

熹一と比較しても戦闘力は低いと思われるので順位も下位。

 

スポンサードリンク

 

強さランク第24位 鬼川平蔵

【古流柔術】の経験者で過去にプロレスラーとして活動していた。

相手の骨を自在に破壊できることから【壊し屋オニ平】という異名を持っており、恐れられていた

様々な流派の関節技を使いこなすことのできる人物で左門という部下を育て上げている。

熹一との戦闘で敗北したことで左門に制裁を加えられ、重傷を負ってしまっている。

その後は、左門に挑もうとしている熹一に奥義【飛翔閻魔固め】を教えている。

常人と比較すると戦闘力は遥かに高いが熹一に敗北していることから熹一よりも戦闘力は低い

さらに、弟子であった左門に制裁を加えられていることから左門よりも戦闘力は低いと思われるので順位も下位。

 

 

 

強さランク第23位 茨幻舟 【剛越流柔術】

【剛越流柔術宗家】で葵の師匠。

角丸を下半身不随にした人物で相手の動きを読むことに長けている。

静虎と戦闘を行い、【破龍】を放つも返され、寸止めされたハイキックを見せられ放心状態になり、敗北している

静虎との戦闘で戦意喪失しているため、静虎と比較すると戦闘力は低く順位も下位

だが、弟子の葵と比較すると実力も高いと思われるので順位も上。

 

 

 

強さランク第22位 倉本鉄山 【拳術館空手】

【拳術館空手】の創始者で拷問とも呼ばれるほどの鍛錬を積んでいる人物。

常に体を鍛えることで皮膚を硬質化させ、常人離れした肉体を手に入れている

普段から鍛えている体を駆使した【一撃必殺の空手】を信念としていた。

普通の人と比較すると遥かに高い戦闘力を持っており、強い。

だが、熹一と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位

弟子の金田と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位。

 

 

 

強さランク第21位 安藤夢二

【真魔流体術】の師範代で天空堂で修行を行っていた。

登場当初は、熹一以上の実力を見せつけていたが熹一がどんどん成長していったことで熹一よりも戦闘力は低くなった

 

 

 

強さランク第20位 ヒース・クランシー

【砂のヒース】という異名を持っている人物でマークと戦闘を行い敗北している。

マークとの戦闘で敗北しているのでマークよりも戦闘力は劣ると思われるので順位も下位

 

 

 

強さランク第19位 マーク・ハミルトン

ヒースと戦闘を行い勝利している人物。

ゴードンにも勝利するかに思われていたがゴードンの【180ヒール・ホールド】を喰らい敗北している。

ヒースに勝利しているのでヒースよりも戦闘力は高いと思われるがゴードンに敗北しているのでゴードンよりも戦闘力は低いと思われるので順位も下位

 

 

 

強さランク第18位 ゴードン・クランシー

クランシー一族の最強の人物と呼ばれており、【伝説の柔道家・バーリ・トゥードの王】という異名を持っている。

500戦無敗という記録を残しており、ヒースやマークとも戦闘を行い勝利を納めている。

高い戦闘力を見せつけていたが熹一と戦闘を行った時には熹一の【阿鼻固め】を喰らい敗北している。

ヒースやマークに勝利しているので2人よりも戦闘力は高いと思われるが熹一に敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第17位 ミハイル・ミロコビッチ

*出典元:世界の武術

ロシア軍の脱走兵で特殊任務部隊に所属していたことから高い戦闘力を持っていることは確実。

【システマ】の使い手でアイアン木場からもバケモノと呼ばれるほどの実力者。

木場と戦闘を行い、木場に勝利している。

その後、静虎と戦闘を行い、死闘を繰り広げたが最終的には静虎の【菩薩拳】を喰らい敗北している

静虎に敗北していることから静虎よりも戦闘力は低いことは確実。

木場に勝利しているが強さを議論するサイトなどの評価を参考にすると木場よりも戦闘力は劣ってしまうと思われ順位も下位

 

 

 

強さランク第16位 左門清正

*出典元:Textream – Yahoo! JAPAN

元々プロレスラーとして活動していた人物で今では、アメリカの闇社会で【サモン】という名前で恐れられている総合格闘家。

静虎からも評価されるほどの実力者で師匠の鬼川以上の戦闘力を持っていると思われるので鬼川よりも順位も上位。

熹一との戦闘では、【飛翔閻魔固め】を簡単に外すなど圧倒的な強さを見せつけていたが静虎との戦闘で臓器にダメージを受けていたことで熹一の【飛翔閻魔固め】と【胴締めチョークスリーパー】で締め落とされ敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く順位も下位

さらに、静虎と比較すると戦闘力は劣ると思われるので順位も下。

 

 

 

強さランク第15位 木場真一

アイアン木場の息子でアイアン木場の全てを受け継いでいる人物。

かつてアイアン木場と静虎が戦闘を行ったボイラー室で熹一と戦闘を行い、壮絶な戦闘を繰り広げた。

実力の高さを見せつけたが最後は、熹一の【鰻絞め】を喰らい敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く順位も下位。

 

 

 

強さランク第14位 アイアン木場

【ワールド・プロレス】の総帥で『プロレス最強論』を証明し続けている人物。

静虎に様々な刺客を送り込んでおり、最終的には静虎と直接対決を行おうとしていたが直前にトラックにはねられ重体となってしまった。

その後、熹一が挑発したことで熹一と戦闘を行っており、壮絶な戦闘を繰り広げ、追い詰められたが意識を失いかけながらも仕掛けたジャーマンスープレックスで熹一に勝利している

ガルシアとも戦闘を行ったが戦闘力の差を見せつけられ敗北し、再起不能とも言えるほどの怪我を負ったが静虎の施術を受け、驚異的な回復力を見せ、ガルシアと再戦を行っている。

ガルシアとの再選では、【ボーン・トルネード】を攻略するなどガルシアを追い詰めていったが結果は敗北している

ガルシアに2度敗北しているのでガルシアよりも戦闘力は低く順位も下位。

熹一との戦闘で勝利しているが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると熹一の方が強いと思われるため順位も下位。

 

 

 

強さランク第13位 マーシオ”ジェット”内藤

*出典元:すごないマンガがすごい! – FC2

【聾者のジェット】という異名を持っている人物でアブダビコンバット88kg以下級と無差別級で優勝という実績を残している。

過去に鬼龍に救われた経験から鬼龍のことを尊敬している。

ハイパーバトル本選に出場しており、1回戦ではカーマンを瞬殺し、2回戦ではヤムに勝利している。

その後は、準決勝で菊多と戦闘を行い、圧倒されてしまっているが最終的には勝利している。

決勝では、熹一と戦闘を行っているが熹一の一撃を受けたことで敗北している

熹一に敗北しているので熹一よりも戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

強さランク第12位 エドワード・C・ガルシア

*出典元:漫画ネタバレスリーブ

格闘技界に突如現れた人物でアメリカ軍の研究で誕生した【人間兵器】。

常人を遥かに超越する身体能力を持っており、高い実力を持っている。

ギャルアッドやアイアン木場たち強敵に勝利しており、熹一との戦闘でも勝利している。

だが、熹一との戦闘で受けた【蠢蟹掌】を2度受けており、試合終了後に力尽いている。

身体能力も高く、さらには内臓の位置を調整したり、骨が異常に曲がるため、関節技が効かない

ギャルアッドやアイアン木場に勝利しているので2人よりも戦闘力は高い子とは確実。

熹一との戦闘で勝利しているが熹一と比較すると熹一の方が戦闘力は高いと思われるので順位も下位

 

 

 

強さランク第11位 金城剣史 【幽玄真影流】

【ファントム・ジョー】という異名を持っている人物で日下部丈一郎の最後の弟子。

鬼龍との戦闘で高い戦闘力を見せており、【朦朧拳】を喰らわせ重傷を負わせていたが鬼龍よりも戦闘力は低く弱い

死天王たちよりも戦闘力は低く、尊鷹に敗北しているので5人よりも戦闘力は低い。

 

 

 

強さランク第10位 宮沢静虎 【灘神影流】

*出典元:textream.yahoo.co.jp

【灘神影流】の14代当主で熹一の育ての父親。

鬼龍とは違う剛脚【虎腿(タイガー・フット)】を持っている。

双子の兄の鬼龍と戦闘を行い、壮絶な戦闘の末、封印された奥義【呪怨】を喰らい重傷を負い、さらに【塊蒐拳】を受けたことで余命が半年になってしまっている。

だが、鬼龍の針や尊鷹から【塊蒐拳】を受けたことで完全復活を遂げている。

高い戦闘力を持っており、常人以上の戦闘力を持っていることは確実だが鬼龍との戦闘で敗北しているので鬼龍よりも戦闘力は低い

熹一と比較すると戦闘力は熹一の方が強いと思われるため順位も下位

 

 

 

強さランク第9位 木村大観 【幽玄真影流】

【幽玄真影流】の覚悟の弟子で【幽玄死天王】の一人で【犀の大観】という異名を持っている。

【幽玄真影流】が解散した後には、市役所で務めていた。

熹一をターゲットにしたことでトレーラーで熹一と戦闘を行い、立体視のトリックを操り、戦闘を優位に進めていたが最終的には、自身で仕掛けた小細工が裏目に出たことで熹一に敗北している。

単純な力だけで戦闘を行えば【幽玄死天王】の中では最も強いと言われるほどの実力者だが自身の巨体がコンプレックスで戦略を練ろうとし、それが裏目に出ている。

高い戦闘力を持っていることは確実だが熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は劣るため、順位も下位

もちろん師匠の覚悟と比較すると戦闘力は劣るので順位も下。

 

 

 

強さランク第8位 下村武山 【幽玄真影流】

【幽玄真影流】の覚悟の弟子で【幽玄死天王】の一人で関節を自在に曲げることが可能で【大蛇の武山】という異名を持っている。

一度は、独房に拘束されているが全身の関節を外し、脱出している。

【灘神影流】を倒すために大観と一緒に熹一を狙っていたが大観が敗北したことで熹一と戦闘を行っている。

熹一を一度は、追い詰めていっているが最終的には熹一に締められたことで敗北している

熹一に敗北しているので熹一よりも戦闘力は低い。

覚悟の弟子なので覚悟よりも戦闘力は低いと思われるので順位も下位。

 

 

 

強さランク第7位 菱田観山 【幽玄真影流】

【幽玄真影流】の覚悟の弟子で【幽玄死天王】の一人。

【鼬の観山】という異名を持っており、俊敏な動きを見せていた。

【幽玄真影流】の秘技を使用することで自身の体重を軽くしたり重くしたりと自在に操れた。

尊鷹をターゲットにしており、戦闘を行っているが引き分けに終わっている。

【幽玄真影流】が解散した後にも尊鷹と戦闘を行い、一度は倒したかに思われていたが【塊蒐拳】を受けたことで相討ちになっている。

尊鷹との戦闘で2度引き分けに終わっているが強さを議論するサイトなどの評価を参考にすると尊鷹よりも戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位

 

 

 

強さランク第6位 横山春草 【幽玄真影流】

【幽玄真影流】の覚悟の弟子で【疾風の春草】という異名を持っている人物。

高い戦闘力を持っていることは確実で鬼龍を圧倒するほどの実力を見せていた

【幽玄真影流】が解散した後には、ブラジルに渡っており、クラブの経営を行っていた。

手負いの鬼龍と戦闘を行い、一瞬で倒しているが何度倒しても立ち上がっている鬼龍に恐怖を覚えたことで逃げるようにその場を去っている。

作中の活躍から高い戦闘力を持っていることは確実で鬼龍を一瞬で倒しているが鬼龍のタフさを目の当たりにしたことでその場を去っているので総合的な評価をすると鬼龍の方が強いと思われるので鬼龍よりも戦闘力は低いと思われる

覚悟の弟子ということなので覚悟よりも戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

強さランク第5位 宮沢鬼龍 【灘神影流】

*出典元:ゲーム攻略・無料ウィキレンタルのアットウィキ (@WIKI)

【怪物を超えた怪物】や【悪魔】という異名を持っている静虎の双子の兄。

常人を遥かに圧倒する戦闘力と身体能力を持っており人物で戦闘力だけでなくIQ200という頭脳を持っていた

静虎とは違う【龍腿(ドラゴン・フット)】という剛脚を持っている。

双子の弟の静虎と戦闘を行い、壮絶な戦闘の末、静虎に勝利している。

作中でも高い戦闘力を持っており、何度倒されても立ち上がるという精神力の強さも見せていた。

静虎との戦闘で勝利していることから静虎よりも戦闘力は高く順位も上位

だが、熹一や尊鷹と比較すると戦闘力は僅かだが低いと思われるので順位も下位。

 

 

 

強さランク第4位 宮沢熹一 【灘神影流】

*出典元:漫画GIFT~勉強として漫画を読むレビューサイト

主人公で【灘神影流】の15当主になった人物。

鬼龍や静虎、尊鷹とも違う剛脚【玄腿(モンスター・フット)】の持ち主で『軽やかさ』、『しなやかさ』、『力強さ』の全てを兼ね備えている

作中でも戦闘力の高い強敵たちを倒していたことから高い戦闘力を持っていることは確実で義理の父親の静虎以上の戦闘力を持っている。

ガルシアとの戦闘で敗北しているが総合的な評価をするとガルシア以上の戦闘力を持っていると思われ順位も上

鬼龍よりも強いと思われ順位も上だが実の父親の尊鷹や日下部たちと比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位

 

 

 

強さランク第3位 宮沢尊鷹 【灘神影流】

【バトルキング】という名前で伝説となっていた覆面の男。

【鳳腿(ファルコン・フット)】と呼ばれる非常に稀有な剛脚を持っている。

高い戦闘力を持っており、ハイパーバトル決勝本選にコマを進めていた。

日本に帰国してからファントム・ジョーと戦闘を行い、圧倒的な戦闘力の差を見せつけ勝利している

その後、熹一と【灘神影流】の当主を賭けて戦闘を行ったが最終的には熹一に敗北している。

作中でもトップクラスの実力を持っており、鬼龍や静虎よりも強い

熹一に敗北しているが総合的な評価をすると熹一よりも強いと思われるので順位も上

 

 

 

強さランク第2位 日下部覚悟 【幽玄真影流】

【幽玄真影流】の現当主で熹一の実の父親。

【幽玄真影流】を解散した後には、ウィーンに足を運んでおり、そこで熹恵と出会っている。

日本に戻って以降は、宮沢三兄弟と四天王との一触即発の様子見を使用としていたが鬼龍に見つかっている。

その後は、幽玄と灘の和解を成立させ、【幽玄真影流】の正式な解散も行っている。

その後、静虎が戦闘を挑んできたので勝負を受け、あっさりと勝利している

直後に熹一と戦闘を行おうとしたがまだ勝負にならないと感じたことで戦闘は行わずにそのまま行方をくらましている。

静虎との戦闘で勝利していることから静虎よりも戦闘力は高く強いことは確実

だが、前当主の丈一郎と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。

 

 

 

強さランク第1位 日下部丈一郎 【幽玄真影流】

【幽玄真影流】の前当主で【拳聖】と呼ばれるほどの実力者。

【幻突】という技の使い手で作中で最も高い戦闘力を持っており、間違いなくNo.1の人物

熹一の実の父親で【幽玄真影流】の現当主を務めている覚悟と比較しても覚悟以上の戦闘力を持っていると思われるので順位も上

 

 

スポンサードリンク

 

 

タフ強さランクまとめ

Sランク

日下部丈一郎

 

Aランク

日下部覚悟

 

Bランク

宮沢尊鷹、宮沢熹一

 

Cランク

宮沢鬼龍、横山春草、菱田観山、下村武山、木村大観

 

Dランク

宮沢静虎、金城剣史

 

Eランク

エドワード・C・ガルシア、マーシオ”ジェット”内藤

 

Fランク

アイアン木場、木場真一、左門清正、ミハイル・ミロコビッチ

 

Gランク

ゴードン・クランシー、マーク・ハミルトン、ヒース・クランシー、安藤夢二

 

Hランク

倉本鉄山、茨幻舟、鬼川平蔵、鈴木ミノル、朝昇、闇猿(ダーク・モンキー)

 

Iランク

新堂万次、栗栖革了、葵真吾、露土馬、高石義生、ウーゴ・ロドリゲス

 

Jランク

東修人、鯱山十蔵、笹川エンゾウ、アンドレ・フェルナンデス、レムコ・ヤーロブ

 

Kランク

金田長英、苫篠源内、河野正哉、リカルド伊藤、九条シオン、ギャルアッド・スワンパクティ

 

Lランク

黒田光秀、加納剛次

 

Mランク

マンモス、ブル・マツダ

 

 

-TOUGH
-

執筆者:

カテゴリー