TOUGH

TOUGH強さランキング【最新決定版】最強の人物を発表!

投稿日:2019年1月1日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

強さランク第47位 ブル・マツダ

*出典元:まんじゅうハウス – FC2

元々アマチュアレスラーで活動していた人物で今では総合格闘家として活動している。

非常に強力なタックルを持っており、コンクリートの壁を破壊できるほどの破壊力を持っている

【ハイパーバトル】の優勝者の熹一を倒すことで名を上げようとしたが逆に熹一に返り討ちに遭ってしまっている。

ブッカー・ゼロから指示を受けたことで鯱山と戦闘を行うが惨敗してしまっている。

その後、鯱山にリベンジを果たそうと熹一と一緒に修行を行い、【灘神影流】の【巨岩返し】を取得し、鯱山に戦闘を挑んだ。

鯱山の高速タックルを【巨岩返し】で返すなど以前よりも成長した姿を見せたが結果的には敗北している

常人以上の怪力を持っており、高い戦闘力を持っているが熹一や鯱山に敗北していることから2人よりも戦闘力は低いことは確実

 

 

 

強さランク第46位 加納剛次

*出典元:Tough Wiki – fandom

幼いころから柔道を行っていた人物でオリンピックも期待されている高校生。

ボクサーや空手などの打撃系が最強と言っているのを見て、柔道が最強のことを証明しようと普段から練習を行っていた。

熹一と戦闘を行ったが熹一の【菩薩拳】を受けたことで敗北している

常人と比較すると戦闘力は遥かに高いが熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第45位 黒田光秀 【灘心陽流】

*出典元:Textream – Yahoo! JAPAN

【灘神影流】と対する【灘心陽流】の伝承者で過去に試合で親友を失ってから拳を封印している人物。

熹一と戦闘を行ったことで熹一と仲良くなり、アイアン木場との戦闘を控えている熹一に独自のトレーニングを教えたりしていた。

数分でトラックを潰せるほどの実力を持っているが熹一と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位

 

 

 

強さランク第44位 ギャルアッド・スワンパクティ

*出典元:漫画ネタバレスリーブ

ムエタイファイターでストリートでは、50戦無敗という戦績を残している。

日本にやってきたことで熹一と戦闘を行い、熹一の【螺子拳】を受けても何度も立ち上がり、最終的には勝利している

だが、ガルシアとの試合でガルシアのミドルキックを喰らい敗北している。

ガルシアとの戦闘で敗北しているのでガルシアよりも戦闘力は低いことは確実

熹一との戦闘で勝利しているが総合的な評価をすると熹一の方が戦闘力は低いと思われ順位も下位

 

 

 

強さランク第43位 九条シオン

『悪魔を滅ぼす』という目的の為に戦闘を続けている神父でパンチで相手の身体だけでなく、リングまでも切り裂くことが可能。

常人と比較すると戦闘力は高く強いが熹一との戦闘で【罪人固め】を喰らったことで敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く実力も劣るため順位も下位。

 

 

 

強さランク第42位 リカルド伊藤

【悪魔の寝業師】と呼ばれるほどの実力者でヒースに負けないほどのグラウンド技術を持っていたがガルシアとの戦闘で僅か3秒で敗北している。

ガルシアとの戦闘で一瞬で敗北しているのでガルシアよりも遥かに戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第41位 河野正哉

【弾丸特急】という異名を持っているレスラーで一般人と比較すると戦闘力は高いが作中の強力な人物たちと比較すると戦闘力は低く弱い。

 

 

 

強さランク第40位 苫篠源内

【首里手空手】の使い手で【人差し指のゲン】という異名を持っている。

ハイパーバトルの予選に出場していたが熹一に全く歯が立たず熹一に敗北している。

ミノルが傷だらけの状態で熹一に戦闘を挑んできたことでミノルを止めようとしたが鬼龍に捕まり、ボコボコにされてしまっている

熹一に敗北していることから熹一よりも戦闘力は低いことは確実で鬼龍やミノルよりも弱い

 

 

 

強さランク第39位 金田長英 【拳術館空手】

【拳術館空手】の倉本の弟子でYJオープントーナメントで優勝した経験を持っている。

過去にいじめを受けていたことで強くなりたいと思ったことで拷問とも呼ばれるほどの鍛錬に耐え、鋼の肉体を手に入れている。

常人と比較すると高い戦闘力を持っていることは確実だが熹一や師匠の倉本と比較すると戦闘力は劣るので順位も下位

 

 

 

強さランク第38位 レムコ・ヤーロブ

*出典元:livedoor Blog

アイアン木場が熹一に送り込んだ刺客で相撲やレスリングに精通している人物。

かなり大柄な巨体で怪力を誇っていたが熹一との戦闘で奥義【一寸棒死】を喰らい敗北している。

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも弱く順位も下

だが、加納と比較すると戦闘力は高いと思われ順位も上

 

スポンサードリンク

 

強さランク第37位 アンドレ・フェルナンデス

【ラバーマン(超軟体人間)】という異名を持っている人物でブラジリアン柔術の使い手。

ハイパーバトル1回戦で熹一と戦闘を行っており、関節を自在に外せる特技を披露し、熹一にも善戦したが最終的には顔面に凄まじい蹴りを喰らったことで敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く順位も下位

 

 

 

強さランク第36位 笹川エンゾウ

犬をも噛んで倒すということから【狂犬】という異名を持っている人物。

痛覚が無いため、痛みを感じないという特殊な体質をしていた。

TDKでの1回戦では、藤田と戦闘を行い、勝利している。

その後、2回戦を控えていた義生を再起不能にしている。

熹一とも戦闘を行ったが熹一の【裸絞め】を喰らい失神しているが熹一も気を失っていた

試合の結果は、静虎が熹一に触れたことで勝利しているが試合後に自信の敗北を認め、準決勝進出を辞退している。

高い戦闘力を持っているが熹一との戦闘で自らの敗北を認めたことから熹一の方が戦闘力は高く強い

 

 

 

強さランク第35位 鯱山十蔵

*出典元:mixi.jp

【サムライ・プロレス】に所属しているプロレスラーでレスラーとして活動しながら総合格闘にも参戦している。

高い身体能力を持っており、作中でも高い実力を見せつけていた。

ブル・マツダとの1回目の戦闘では、圧倒的な戦闘力を見せつけ勝利しており、2回目の戦闘では、ブル・マツダが成長したことで苦戦していたが最後は殴り合いとなり、ブル・マツダに勝利している

【モンスター・ウォーズ】では、熹一と戦闘を行ったが3秒で倒されてしまった。

ブル・マツダに勝利していることからブル・マツダよりも戦闘力は高いことは確実で順位も上

だが、熹一に敗北しているので熹一よりも戦闘力は劣る。

 

 

 

強さランク第34位 東修人

【超巨人】という異名を持っている人物で3年間連続で空手トーナメントのチャンピオンになっている。

【超筋肉増幅呼吸法(オメガ・パンプ・アップ)】という呼吸法で元々強い打撃力を更に向上させていた。

防具を突き破るほどのパンチ力を持っており、かなり強いが数分間しか使えないという弱点があった。

熹一との戦闘ではその弱点を突かれたことで敗北している

熹一との戦闘で敗北しているので熹一よりも戦闘力は低く弱い。

 

 

 

強さランク第33位 ウーゴ・ロドリゲス

【南米の悪魔】という異名を持っている人物で対戦相手をことごとく再起不能にしている。

常人と比較すると戦闘力は高いがガルシアとの戦闘で【ボーン・トルネード】を喰らい敗北している

ガルシアとの戦闘で敗北しているのでガルシアよりも戦闘力は低く弱い

 

 

 

強さランク第32位 高石義生

*出典元:ameblo.jp

【人食い義生】という異名を持っている人物でプロレスラーとして活動している。

メキシコのルチャリブレでは、国民的な人気を誇っていた『チコ・フェルナンデス』と対戦し、キャノンドライバーを喰らわせて一瞬で勝利している

熹一とは仲が良いようでレムコ戦では熹一のコーチを買って出ていた。

常人と比較すると強いことは確実だが熹一と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位

 

 

 

強さランク第31位 露土馬

異種格闘技戦で数多くのタイトルを取っていた人物で【英拳派究極奥義・真言波】を求め【黒竜寺】に訪れていた。

【楔打ち】という得意技を持っていたが【真言波】を賭けて、朝昇と戦闘を行い、圧倒的な戦闘力の差を見せつけられ敗北している

常人と比較すると戦闘力は高いが朝昇に敗北しているので朝昇よりも戦闘力は低く弱い。

 

次のページでは、タフ強さランキングTOP30を発表!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-TOUGH
-

執筆者:

カテゴリー