D.Gray-man

D.Gray-man強さランキング【最新決定版】最強の人物・アクマを発表!

投稿日:2016年12月23日 更新日:

 

 

D.Gray-man強さランク27位~11位

D.Gray-man強さランク10位~1位

 

 

スポンサードリンク

 

 

第27位 ミランダ・ロットー

身長:168cm 体重:45kg 年齢:25

巻き戻しの街』の異常を起こしていた張本人。

幼いころから要領が悪く、努力家だがネガティブな性格の持ち主。

最初のころは何をするにも失敗ばかりであったが、努力のおかげか今では

技術的にも能力的にもみんなの役に立てるようになっている。

たまにネガティブすぎて暴走する。

『刻盤(タイムレコード)』という、レコード状の装備型の対アクマ武器を扱っている

『時間回復(リカバリー)』、『時間停止(タイムアウト)』、『時間吸収(リバース)』が代表的な技である。

 

 

 

第26位 デイシャ・バリー

身長:169cm 体重:58kg 年齢:19

ティエドールの弟子である。よく眼鏡を割って怒られていた模様。

アクマとの戦いの最中に遭遇した、『ティキ』に心臓を抜かれ力尽きている

対アクマ武器は、『隣人ノ鐘(チャリティ・ベル)』で装備型である。

音波の影響によって内部から破壊することができる

ティキにより破壊された。

 

 

 

第25位 スーマン・ダーク

身長:不明 体重:不明 年齢:不明

ソカロの弟子にあたる人物で、難病を患ってしまった娘の治療費と引き換えに教団に入団している。

任務先のインドでは、『ティキ』と戦闘になるが家族の恋しさから命乞いをし、エクソシストの居場所を暴露している。

アレンにより救出されているが、ティキに仕込まれていたティーズの苗床となって倒れている

対アクマ武器は、名前は不明。寄生型の武器で右腕に寄生していた。風を操れた模様。

 

 

 

第24位 ラビ

身長:185cm 体重:64kg 年齢:19

ブックマン一族の青年で、次期ブックマンの後継者になる者である。

記録の為に、エクソシストとしてブックマンとともに教団に所属しており、様々な種族の血を引いている。

本名は不明で、ブックマンの後継者となった際に捨てている。

鉄槌(てっつい)』と呼ばれる装備型の対アクマ武器を使用している。

代表的な技は『満(まん)』、『伸(しん)』、『却火灰燼 火判(ごうかかいじん ひばん)』、『天地盤回 木判(てんちばんかい もくばん)』などがある。

 

 

 

第23位 ブックマン

身長:140cm 体重:38kg 年齢:88

ラビの師匠で、この世の中で裏歴史を唯一記録している『ブックマン』である。

中国に古くから伝わっている針の治療法を極めた達人である。

本名はブックマンとなった時に捨てているので不明。

目の周りには黒いマイクをしているため、ラビからは『パンダ』、『パンダジジイ』と呼ばれている

天針(ヘブンコンパス)』と呼ばれる、針の形状をしている対アクマ武器を扱っている。装備型である。

使っていないときは、巻物状の専用のホルダーにしまっている。

『呪縛の針 北ノ罪(じゅばくのはり ノースクライム)』や『加護の針 東の罪(かごのはり イーストクライム)』などのを使っている。

 

 

 

第22位 ハワード・リンク

身長:172cm 体重:62kg 年齢:19

ルベリエの部下であり、命令でアレンの監視役についている。

額にほくろが二つあるためラビに『ほくろ二つ』と呼ばれている。

中央庁の戦闘部隊『鴉』のメンバーであり、身体能力が高いことに加え護符を使用した術でアクマを相手にも戦うことが可能である

元々は孤児であり、第三のエクソシストであるマダラオ達とはそのころからの付き合いである。

生きていくためにマダラオ達と同じく『鴉』になるが、彼等が半分アクマになってしまったことに責任を感じている。

アポクリフォスからの襲撃の際にアレンを守り重傷を負い、ズゥ老師による癒闇蛇を移植され命を取り留めるとともに癒闇蛇の新しい宿主になっている。

表向きには死亡扱いとなってはいるが『14番目の監視』という密命を受けてアレンを追いかけている。

 

 

 

第21位 ティモシー・ハースト

身長:不明 体重:不明 年齢:9

父親は泥棒で逮捕される前に無理矢理ティモシーにイノセンスを飲み込ました。

このイノセンスを悪用して、他人の体で泥棒をして経営が困難な孤児院に匿名で寄付していた。

アレン達と一緒に閉じ込められてアクマに捕まってしまうがエミリアへの思いから覚醒し、アクマを倒している。

憑神(ツキカミ)』と呼ばれる寄生型の対アクマ武器を扱っている。

意識を体から抜き取り対象者に取り憑くことが可能である。

また、アクマに取り憑くことも可能でダークマターの能力も使うことが可能であった

 

 

 

第20位 悪魔レベル3

を纏っている大男のような姿で皆同じような形状をしている。

lv1よりも顕著で、顔にいくつもの目を開くときがある。

lv2と同じように固有の能力を持っているが、接近戦などいくつかのタイプに特化するようになっている。

登場の当初はそれぞれ違った形の羽があったが、本部襲撃の際には皆同じような羽になっていた。

頭部の中には皮となった人間の顔が隠れている。

魂の状態はlv2の時からも悪化し、輪郭が崩れておりおぼろげな姿になっている。

 

 

 

第19位 ノイズ・マリ

身長:200cm 体重:110kg 年齢:28

ティエドールの弟子で大きな体で盲目の男である。

非常に仲間想いの性格の持ち主である。

特殊なヘッドホンをしており、遠く離れている場所の音を拾ったり聞き分けることが可能である。

孤児院での戦闘により片手の指2本を失う攻撃をアクマにより受けている。

コムビタンDによる本部騒乱の際には、感染してしまったミランダに噛まれている。

その際の反応から見ても分かるように女性に対してはかなり奥手のようだ。

過去の戦闘により失明して、再起不能となってしまい第二のエクソシスト計画の素体にされそうになっていたが神田の血をもらったことにより、回復している。

聖人ノ詩篇(ノエル・オルガノン)』と呼ばれる対アクマ武器を使用している。

両手にしている指輪から伸びる弦のようなものを周囲に張り巡らせアクマの体を切断するワイヤーとして使用している。

第二解放では弦から発生する音波でアクマに攻撃することが可能になる

アクマに弦を絡め身動きをとれないようにし、音波でアクマの内部から破壊していく『聖人ノ詩篇 嘆きの旋律(ノエル・オルガノン なげきのせんりつ)』が代表的な技である。

 

 

 

第18位 ケビン・イエーガー

身長:166cm 体重:55kg 年齢:89

4人の元帥の中でも最高齢で常に戦いの戦闘に立ち活躍してきた人物。

ティキの襲撃を受け、イノセンスを奪われ力尽きている

元々は、学校の先生をしていたが、アクマ化した生徒に他の生徒を殺されるという事件をきっかけにエクソシストになっている。

 

 

 

 

第17位 ジャスデビ

身長:163cm・169cm 体重:47kg・53kg 年齢:17歳・18

絆(ポンドム)』を司る二人で一つのノアで第1011の使徒である。

双子で伯爵の命令でクロスを追っているが、毎回逃げられている。

逃げられているだけではなく、過去には100ギニー(日本円で約200万円)もの借金をつけられている。

そのため、個人的な恨みも持っている。

『実現』の能力を持っており、想像現実にすることが可能である。

二人で戦う際には特殊な力を秘めた銃を創造と発射して戦っている

一体化してジャスデビになると身体能力が大幅に強化される。

クロウリーと戦闘後、ジャスデビが解け、ジャスデロとデビットに分かれ落ちていった。

子供と呼ばれることが嫌い。

 

 

スポンサードリンク

 

 

第16位 アレイスター・クロウリーⅢ世

身長:190cm 体重:77kg 年齢:28

クロウリー城の主で吸血鬼のような男。

普段は気弱で静かな性格をしている。

ジャスデビと戦い、苦戦はしたがジャスデビを撃破している

対アクマ武器の名前は不明である。

牙の形をしている寄生型の武器で、歯を中心に全身が強化されていく。

肉体から分離している血液だけで活動も可能。

アクマの攻撃を受けたものの体から毒を吸いだすことも可能。

感情の高ぶりやアクマに対して発動し、性格がガラッと変わり好戦的になる。

 

 

 

第15位 ルル=ベル

身長:166cm 体重:55kg 年齢:23

色(ラストル)』を司るノアで第12使徒である。

千年伯爵に忠実で、常に冷静で感情を表に出さない。

万物への変身』と呼ばれる能力を使っており、人や生物に化けることが可能である。

また、自身の手を鞭のような物に変えたり、全身を液状にすることも可能である。

オセアニア支部長の『アンドリュー・ナンセン』になりすまして、教団に侵入して大勢のアクマを連れてアレン達と戦うことになる。

教団本部を壊滅に追い込むことに成功したが、肝心の卵を破壊されてしまったため撤退している

 

 

 

第14位 悪魔レベル4

天使のような姿をしており、ひらがなで喋っている。

攻撃では、光線を出したり体の一部を武器に変形させることも可能になっている。

初めて登場した際は、lv3から脱皮するように登場した。

戦闘力は元帥クラスでも苦戦するほどのものである。

教団で誕生したlv4は人の神経を揺さぶる雄たけびを放つことが可能で、元帥たちの動きを封じるだけではなくイノセンスとのシンクロを一時的に弱めていた。

長い間裏歴史を記録していたブックマンですら、見たことのない存在であった。

魂の状態は、見ていられないほど崩れ悪化している

様々なアクマの魂を見てきたアレンでさえlv4の魂を見たときは嘔吐してしまうほどである。

 

 

 

第13位 リナリー・リー

身長:168cm 体重:48kg 年齢:17

黒の教団の室長の『コムリー・リー』の妹で数少ない女性のエクソシスト

コムリーの手伝いもしており、化学班の人たちにコーヒーを入れるなど心優しい性格である。

だが、自己犠牲を嫌っており仲間がそういう行動をとると怒りながらも悲しい表情を見せる

黒い靴(ダークブーツ)』と呼ばれる装備型の対アクマ武器を扱っている。

装備型であったが後に結晶型になっている。

代表的な技は、『円舞 霧風(えんぶ きりかぜ)』、『繋累 失堕の踏技 鉄枷(しっついのとうぎ てつかせ)』などがある。

 

 

 

第12位 アルマ・カルマ

神田と同じく第二エクソシスト計画の被検体として作られた少年である。

元は女性のエクソシストで神田の探し続けている『あの人』である。

性格は、人懐っこく穏やかだが自分の本当の正体を知ったことにより、暴走した。

その際に、自分の秘密を守るために研究員を殺していき神田と心中しようとしたが破壊された

死んだと思われ9年間保存されていたが、アクマの卵を植え付けられ利用されている。

また、『千年伯爵』の手によってアクマとして復活させられたが、最後は神田の腕の中で消滅している。

 

 

 

第11位 スキン・ボリック

身長:198cm 体重:101kg 年齢:29

怒(ラースラ)』を司るノアで第8使徒である。

神の怒り』という能力を扱っている。

体に何百万ボルトの高エネルギーで満ちているため傷つけられるほど傷つけた相手にその高エネルギーを流し込んで攻撃をする。また、鎖を使って体の内部からも破壊することが可能。

方舟に乗り込んでいた神田と戦い圧倒的な力で神田を追い込み、六幻を溶かすが神田の三幻式によって再生した六幻によって消滅させられる

スキンの死後『怒(ラースラ)』は転生することになっているがまだ見つけ出せていない。

 

 

次のページでは、ディーグレイマン強さランキングTOP10を発表!

スポンサードリンク

 

 

> 続きを読む 

-D.Gray-man
-

執筆者:

カテゴリー