キャプテン翼

キャプテン翼強さランキング【最新決定版】最強のプレイヤーを決定!

投稿日:

 

 

スポンサードリンク

 

第103位 ドミニク・アモロ

フランスジュニアユースに選出されていた人物。

あまり目立った活躍も無く、ボールに触れることも無かった。

日本戦との試合では、大量ゴールを許してしまっている

作中でもあまり活躍していないことからそこまで実力は高くないと思われるのでこの順位

 

 

 

第102位 佐々木健太

三杉と一緒に入団テストを受けたことで【全日本ユース】に入っている人物。

火野のシュートを受けて負傷してしまった森崎に代わり、途中出場していた。

目立った活躍をしてないのでこの順位。

森崎や若林と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第101位 ミッシェル山田

https://twitter.com/TAKATAN_1022/status/1179030248991576065

【東京ベルディ1069】に所属している人物で【クモ男(スパイダーマン)】という異名を持っている。

新田の【隼シュート】を簡単にキャッチしていたがその後日向の【雷獣シュート】に全く反応できずに得点を許している

日向に得点を許してからは弱気になってしまい、前半だけで10失点してしまっている。

大量失点を許してしまっているので実力はそこまで高くないと思われるのでこの順位

同じGKの若林や若島津と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第100位 坂木優二

【セレッソ大阪】に所属している人物で長身が特徴的な人物。

自慢の長身を活かしているが実力はそこまで高くないと思われるのでこの順位。

 

 

 

第99位 小田和正

松山と小学校の時から一緒にプレーしている人物。

中学に上がってからもFWとしてプレーしているが決定機を外してしまうなどミスが目立っていた

だが、南葛中との試合では同点ゴールを挙げるなど随所に活躍している。

MFとして日本代表にも選ばれているがあまり活躍できていない。

実力もそこそこある人物だが松山や翼と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第98位 中西太一

若林を超える大物GKとして登場しており、試合の流れを読むことに長けており、後ろから的確な指示を得意としている。

小学生時代には大会の優秀選手に選ばれているが翼の強烈な回転のかかっているシュートを受け止めることができずに失点を許してしまっている。

中学時代には早田と試合を行っており、早田の【カミソリシュート】で得点を許し敗北している

日本代表候補に選ばれているが最終メンバーには残れずにいる。

実力もそこそこある人物だが若林たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

森崎よりも若干実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第97位 森崎有三

若林に憧れている人物で若林に実力は及ばないながらに南葛のゴールを守っているGK。

【SGGK(スーパーがんばりゴールキーパー)】という異名を持っている

ワールドユース編では、若島津に次ぐNo.2のGKとなっており、日向からも実力を認められていた。

その後は、若島津がFWにコンバートされたり、若林が負傷したりするたびに試合に出場している。

オーストラリアとの試合では3失点してしまうなど実力不足を感じることもあったが他の試合では無失点に抑えるなど活躍していた

若林や若島津と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第96位 杉本高史

【ガンバ大阪】に所属している人物で【フィールドのペテン師】という異名を名乗っている。

【横浜・F・マリノス】との試合では【ペテンシュート】で決勝ゴールを奪っている

実力はそこまで高くないのでこの順位。

翼たちと比較すると遥かに実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第95位 岡野俊也

https://twitter.com/FcbGpp/status/1104746353182162945

【浦和レッズダイヤモンズ】に所属している人物で100mを11秒で走ることができる。

俊足を活かし、ウィングとして活躍していたがプレーが単調。

実力はそこまで高くないと思われるのでこの順位。

翼や岬、日向と比較すると実力は遥かに劣ってしまうので下位

 

 

 

第94位 高杉真吾

https://twitter.com/tsubasa_news/status/1049968828199751681

【修哲カルテット】の1人で大きな身体を活かしたパワープレイを得意としている人物。

ロングスローも得意としており、スローインでチャンスを作っていた

過去には次藤とマッチアップしており、競り負けてしまっているが吹っ飛ばされることは無かった。

ワールドユースでは、タイとの試合に出場しており、ロングスローで葵の逆転ゴールをアシストしている。

スローインでチャンスを作ることができ、次藤にも負けないほどのパワーを持っているのでこの順位

だが、次藤や翼たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第93位 岸田猛

https://twitter.com/m1ZtNXScNrtB9j3/status/1411522598312157189

小学生の時には対抗戦を観戦していたが石崎の代役を申し出たころから浦辺と対決しているが乱入してきた岬に敗北している。

中学時代には【大友中カルテット】の1人として登場していた。

ワールドユースでは、サークーンのボレーをダイビングヘッドで返し、サークーンの足に衝突し、負傷している。

随所で活躍しているのでそこそこの実力を持っていることは確実。

だが、石崎や浦辺と比較すると実力は僅かに劣ってしまうので下位

 

 

 

第92位 浦辺反次

小学生の時には【西が丘小】のキャプテンを務めていた人物。

石崎のライバル的な存在。

中学に進学してからは【大友中カルテット】と呼ばれており、日々猛練習を行っており、南葛との試合では翼から4人がかりでボールを奪うなど活躍していた。

結果は敗北に終わっているがその後石崎の頼みもあり、全国大会ではスタンドで南葛を応援していた。

一度は、実家の豆腐屋を継いでいるが岬の事故を受けたことでコーチ役としてチームに合流し、そのままメンバーに登録されている。

ブラジル戦では負傷した石崎に代わり、試合に出場しており、延長戦を戦い抜いている

実力もそこそこ高い人物だが石崎と比較すると僅かに実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第91位 石崎了

翼が南葛市に来て初めて出会った人物。

【ファンキーガッツマン】や【サル石崎】という異名を持っており、【顔面ブロック】が得意な人物。

翼が入る前の試合では若林のチームに0対30という大差で敗北していたが翼の加入とロベルトの特訓のおかげで互角に試合をできるほどの実力を身につけている。

ワールドユース編ではナトゥレーザのシュートを【顔面ブロック】で防いでいるがその後気絶している。

闘志あふれるプレーでチームを引っ張っているが意気が空回りしてしまいオウンゴールすることも多かった

いざという時には力を発揮するので味方からも信頼されている人物で実力もそこそこ高い。

だが、翼や岬、若林と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第90位 セナルド

https://twitter.com/Aj59Psat59/status/1281395784986972160

ロベルトの提唱した両サイドを攻撃の軸として【NEWブラジルサッカー】の左サイドバックを務めている人物

サイドバックながら積極的にオーバーラップをすることでウィングとしての役割も担っている。

攻撃にも頻繁に参加してもおり、サイドから得点チャンスを数多く作っている。

サイドから数多くのチャンスを作っていることからそこそこの実力を持っていることは確実

だが、翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第89位 ザンギエフ

ウズベキスタンユースのキャプテンを務めていた人物。

試合開始と同時に翼とボールを奪い合った際に足を負傷してしまい、日本に大敗してしまっている

翼との接触プレーで負傷してしまっているのでサッカーの実力だけでなく、戦闘力でも翼に劣ってしまっているので下位。

 

 

 

第88位 ファーラン・コンサワット

セパタクローからサッカーに転身した人物でタイユース代表。

チームの攻撃の起点となっており、【シザーズスパイク】という妙技を決めていた。

攻撃の起点になっていることから実力は高いかに思われたがサークーンやチャナと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第87位 井沢守

【修哲カルテット】の1人で長髪が特徴的な人物。

修哲小では背番号10番を務めていたが南葛SC以降は背番号8番になっている。

ゲームメイクと判断力、ジャンプ力に定評があり、空中戦を得意としていた

翼や岬たちの影に隠れてしまうことが多かったが翼に次いでゲームメイクの能力は高い。

中学時代には【5メートルダイビングヘッド】を決め、活躍したことから大会優秀選手にも選ばれていた。

ジュニアユース編では随所で活躍しており、早田が退場し、出場停止になってからは早田の代わりにスタメンで出場している。

ワールドユース編では、次藤が負傷離脱をしてしまって以降、DFに正式に登録されており、スタメン出場も果たしている

実力もそこそこ高い人物だが翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

スポンサードリンク

 

第86位 滝一

【修哲カルテット】の1人で出っ歯が特徴的な人物。

ウィングに位置しており、俊足を活かしたドリブルをし、センタリングを上げるのを得意としている

大友中との試合ではダイビングヘッドで得点を奪うなど活躍していた。

翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうのでこの順位。

 

 

 

第85位 来生哲兵

【修哲カルテット】の1人で天然パーマが特徴的な人物。

滝との連携で決勝ゴールを挙げるなど随所で活躍しており、翼や岬には劣ってしまうが銀くらいの輝きを持っているというセリフから【南葛シルバーコンビ】と呼ばれている。

ジュニアユースではブレーメンとの試合で滝と一緒にスタメンで出場しているがそれ以降出番がなかった。

滝とのコンビプレイを得意としており、そこそこ得点を奪い活躍しているが翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第84位 ガレリ

スウェーデンユース代表の人物でGKを務めている人物。

データ分析を徹底的に行い、正確なセービングを得意としており、翼の【フライングドライブシュート】を止めるなど日本を苦しめていた。

日本との試合で無失点に抑えていたが延長戦での翼の【スカイウィングシュート】を止めることができずに得点を許している

そこそこ実力のある人物なのでこの順位。

ミューラーや若林たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第83位 ユリアーノ・ゴッツァ

レッジーナのキャプテンを務めている人物で今ではセンターバックに定着しているがかつてはドリブルの名手としてボランチやサイドバックも行っていた。

ベテラン選手で引退も考えている為、自身の背番号をモチーフにした飲食店を経営しており、オーナーシェフを務めている。

日向にも食事を提供していた。

レッジーナのキャプテンを務めていることから実力も高いことはわかるが日向と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第82位 曽我佑二

https://twitter.com/tsubasa_dteam/status/1272390879559380993

【バスコ・ダ・ガマ】に所属している人物。

過去にはFWだったがヘディング以外に強みが無く、ブラジルにやって来てからはフィジカルを強化し、ヘディングとフィジカルでDFとしての能力を開花させている

いくら踏まれてもへこたれないことから【雑草男】とも呼ばれている。

そこそこの実力を持っているのでこの順位。

翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第81位 弓倉宣之

【東京ベルディ1969】に所属している人物で幼い頃から岬や日向たちとは違い、サッカー部に所属せずにクラブチームに所属していた人物。

黄金世代にライバル心を抱いていた。

オリンピック代表候補に選ばれており、デンマークとの親善試合では岬に代わり、試合出場を果たしているがアジア予選には選ばれていなかった。

実力もそこそこ高い人物だが岬や日向と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第80位 沢田タケシ

日向と共に【東邦ゴールデンコンビ】と呼ばれていた人物。

日向よりも2個下だが卓越したテクニックを持っており、ゲームメーカーも務めていた

U-19全日本ニュースのキャプテンも務めており、背番号10番を背負っていた。

翼のようになると意気込んでいたが自分のプレーを見失ってしまい、迷走してしまっていた。

だが、自分の良さに気付いたことで日本をアジア1に導くなど勝利にも多く貢献していた

その後は、U-22にも召集され、オリンピック代表にも選出されている。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実

だが、日向や翼と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第79位 風見信之介

古川と一緒にフットサルを行っている人物で高校時代には古川と一緒に全国大会に出場した経験を持っている。

古川とコンビを組み、黄金世代を翻弄していた。

フットサル日本代表にも選ばれる実力者だが翼たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第78位 古川洸太郎

サッカーのユースの試合よりもフットサルを選んだ人物だがサッカーへの未練があることを見抜かれたことでサッカーオリンピック日本代表にも選出されている。

風見と共に黄金世代をコンビプレイで翻弄していた。

足元の技術の高さは圧倒的だが翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位

風見と比較すると実力は高いと思われるので上位。

 

 

 

第77位 佐野満

次藤の1つ下の後輩で次藤のパートナー的な存在。

ボールキープ能力が高く、松山以上のキープ力を持っていると言われており、【軽技師】という異名を持っている

南葛中との試合では持ち前のキープ力で南葛中を苦しめていたが次第に対応されて行ってしまい最終的には敗北している。

ジュニアユース編では負傷者が相次いだことでタケシや新田と一緒に下級生トリオとして活躍していた。

驚異的なキープ力を持っており、実力が高いことは確実

だが、翼や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第76位 反町一樹

日向が出場停止になってしまった時にチームのエースストライカーとなっている人物。

日本代表にも選出されており、3番手のFWになっていた。

だが、若島津がFW兼任となってからは出場機会が少なくなってしまっている。

オランダユースとの試合では日向に代わり途中出場しており、ゴールを決めている

日向の代わりを務めることができる人物で実力も高い。

タケシたちと比較すると実力は高いので上位だが日向や岬と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第75位 ロブソン

イングランドジュニアユースのキャプテンを務めている人物

フランスとの試合では徐々にフランスを苦しめていったが途中出場したナポレオンにハットトリックを決められ、敗北している。

ナポレオンに敗北しているのでナポレオンよりも能力、センスともに劣ってしまうと思われるのでこの順位

 

 

 

第74位 ゴルドバ・ゴンザレス

反則ギリギリのプレイを得意としている元スペイン代表の人物。

翼とはよく食事に行っていた。

DFとしての能力も高く、攻撃の際には意表を突くロングシュートを得意としていた

実力も高いがこの順位。

翼や岬たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第73位 ドゥーゴ

【NEWブラジルサッカー】でボランチを務めている人物。

マルシオと一緒にゲームメイクを行っているがチャンスがあれば積極的にゴールを狙っていく。

実力もそこそこ高いのでこの順位だが翼や日向、ナトゥレーザと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第72位 ブランカ

https://twitter.com/kishow_lovey08/status/1051141033117941761

シルバと共に【NEWブラジルサッカー】でMFを務めている人物。

シルバと同じように圧倒的な運動量を誇っており、シルバとのコンビプレイで常にゴールを狙っている

ドゥーゴ以上の実力を持っていると思われるがシルバにはやや劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第71位 シルバ

【NEWブラジルサッカー】でMFを務めている人物。

ブランカとのコンビプレイで積極的にゴールを狙っており、攻守ともに圧倒的に運動力を誇っている

運動力が多く、縦横無尽に走り回っているが身長がやや小さいという所が弱点。

ドゥーゴやブランカと比較すると実力は高いが翼や岬と比較すると劣ってしまうので下位

 

 

 

次のページでは、キャプテン翼強さランクTOP70を発表!!

あの強敵も登場!

 

スポンサードリンク

 

 

> 続きを読む 

-キャプテン翼
-

執筆者:

カテゴリー