ケンガンアシュラ

ケンガンアシュラ・オメガ強さランキング【最新決定版】最強の闘技者を決定!

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

強さ第91位 アキ斉藤

【鹿王院建設】の代表闘技者で【8ビートボクシング】と呼ばれる人物。

戦闘スタイルはボクシングでハサドと戦闘を行っている。

ハサドとの戦闘で顎を砕かれてしまったことで敗北している

ハサドとの戦闘で敗北しているのでハサドよりも戦闘力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

強さ第90位 横田将靖

【牛民フードサービス】に所属している闘技者で【我道館空手の喧嘩番長】という異名を持っている人物

拳願仕合の戦績は、15勝4敗で非公式仕合の戦績は27勝0敗。

会員証を賭けて王馬と戦闘を行い、王馬の一撃を喰らい敗北している。

王馬の一撃で敗北してしまっているので王馬よりも遥かに戦闘力は劣ってしまうので下位

 

 

 

強さ第89位 イワン・カラエフ

元々【義武不動産】の闘技者を務めていた人物で【ロシアの死神】という異名を持っている。

【死神の鎌】と呼ばれるスナップの効いたハイキックを得意としており、理人と共に王馬の家にやって来て戦闘を行っている。

王馬との戦闘で得意のハイキックを披露したがあっさりと躱され、股間に一撃を喰らったことで倒れている。

王馬との戦闘で敗北を認めなかったが理人の攻撃を喰らい重傷を負っている

その後は、駒田と一緒に修業を行ったことで【冥府のバトルアックス】という一撃必殺の新技を完成させているが関林に喧嘩を売ってしまったことで完膚なきまでにボコボコにされている。

駒田と居酒屋で食事をしているところで理人と出会い【SH冷凍】の正社員となり、副社長に就任している。

「ダンベル何キロ持てる?」のジーナの叔父。

高い打撃技術、コンビネーションを持っていたが王馬に一撃で敗北しているので王馬よりも戦闘力は低く弱いため下位

また、関林や理人にも敗北しているので2人よりも下位。

 

 

 

強さ第88位 駒田茂

元々【乃木グループ】の闘技者を務めていた人物で【仁王の駒田】という異名を持っている。

凄まじい筋肉の持ち主で圧倒的なパワーを持っており、身体の大きさからは想像できないスピードも持っている

王馬に勝負を挑まれたことで戦闘を行い、圧倒的なパワーで圧倒てしていたが王馬の【操流ノ型】で腕を破壊されてしまい敗北している。

その後は、イワンと修業を行い、【仁王爆裂掌】を完成させているが関林に勝負を挑んでしまいボコボコにされてしまっている

イワンと同様に理人に誘われたことで【SH冷凍】の正社員になり、副社長に就任している。

関林や王馬に敗北しているので2人よりも戦闘力は低く弱いと思われるので下位。

イワンと比較すると僅かだが強いと思われるので上位

 

 

 

強さ第87位 阿久富士夫

始末屋として活動をしている人物で【アグノスティックフロント】という異名を持っている人物。

打撃の能力が高く、コスモにやりづらいと言わせるほどの実力者。

【東電】の依頼を受けたことでコスモを襲撃しているがコスモがゾーンに入ったことで裸締めを喰らい意識を失っている

コスモからも評価されるほどの実力を持っているがコスモに敗北しているのでコスモよりも戦闘力は低いと思われるので下位。

 

 

 

強さ第86位 ジェリー・タイソン

【22世紀ファックスコーポレーション】の闘技者で【ロケットマン】という異名を持っている人物。

闘技者になる前には陸上競技の短距離選手だったが中国に渡ったことで【象形拳】を取得し、それを発展させ【J式象形拳】を開発している。

【スカッドミサイル】や【パトリオット】などの技を使用しており、突進を得意としている。

予選で数多くの闘技者を倒していたが王馬の【金剛ノ型”不壊”】を破ることができずに敗北している

だが、怪我は軽かったので【願流島】に乗り込んで下い、解説者を任されていた。

その後は、連敗したことで体力の限界を感じ、闘技者を引退し、拳願会の職員となっている。

王馬に敗北しているので王馬よりも戦闘力は低いと思われるので下位

 

 

 

強さ第85位 後田武郎

【いずみ食品】の代表闘技者で【火を吐く醇風掌】という異名を持っている人物。

【醇風掌】という拳法の使い手で予選ではハサドと戦闘を行っている。

ハサドに攻撃が仕掛けたがカウンターでラッシュを喰らってしまったことで敗北している

ハサドとの戦闘で敗北しているのでハサドよりも戦闘力は低いことは確実。

王馬と比較しても戦闘力は低いと思われるので下位。

 

 

 

強さ第84位 下田佐治

【大亜細亜航空】の闘技者で【獣人】という異名を持っている人物。

サンボがベースの戦闘を得意としており、サンボでは反則とされている締め技を得意としている。

理人と戦闘を行い、理人を締め倒そうと企んだが理人の圧倒的なパワーの前に締め技が外されてしまい敗北している

理人に敗北しているので理人よりも戦闘力は劣ってしまうので下位

だが、横田たちと比較すると強いと思われるので上位。

 

 

 

強さ第83位 蕪木浩二

【(株)湖山マート】の闘技者で【呪術師(メディスマン)】と呼ばれている人物。

勝敗に関わらず戦闘を行った人物が再起不能になっていることから【闘技者殺しの闘技者】とも呼ばれていた。

モスキート音を駆使し、聴覚を阻害し、毒を塗った手で目を潰したりと卑怯な技を使用していた。

王馬との戦闘でも様々な反則技を使用していたが【カクテルパーティー効果】によって音を識別した王馬の反撃を喰らいギブアップしている

王馬との戦闘で敗北しているので王馬よりも戦闘力は低く弱い為、下位。

湖山マートの正社員で店頭売り上げは5年連続No.1

 

 

 

強さ第82位 原田徳次郎

【ふじま運送】の闘技者で【憂国のハラトク】という異名を持っている。

【晩稲会】の行動隊長も務めており、敵対している組織からは【特攻のハラトク】という異名で恐れられている。

賀露と戦闘を行い、得意の【ハラトクラッシュ】を披露したがラッシュを受けきられてしまい強力な張り手を喰らったことで敗北している。

賀露との試合で敗北しているので賀露よりも戦闘力は低いと思われるので下位

だが、ジェリー・タイソンや横田と比較すると戦闘力は高いと思われるので上位

 

 

 

強さ第81位 乾町三

【海一証券】の元闘技者で拳願絶命トーナメントに出場する予定だったが目黒に襲撃されたことで敗北している。

目黒に敗北しているので目黒よりも戦闘力は弱いので下位

 

 

 

強さ第80位 森政志

元々【ゴールドプレジャーグループ】の正闘技者だった【暴君】という異名を持っていた人物。

御雷と正闘技者の座を巡り戦闘を行っているが一瞬で敗北している

御雷との戦闘で敗北しているので零よりも戦闘力は低く弱いことは確実

 

 

 

強さ第79位 片原滅堂

https://twitter.com/muttsulini1202/status/1232423880029024256

日本経済界を牛耳っている【大日本銀行】の総帥で【滅堂の牙】という最強の闘技者を有している拳願会第58代会長を務めている人物。

【極東の風雲児】という異名を持っており、かつては特攻隊に所属しており、自身の悪運がどの程度のモノか試すために拳願会会長を目指している。

初代【滅堂の牙】恵利央と共に自らの命を懸け、拳願絶命トーナメントを開催し、優勝を果たしている。

拳願会の会員としては新参ながらに拳願会の頂点に立った人物で凄まじい圧力を持っており、常人なら身動きすら取れなくなってしまう

速水の野心を見越しており、速水の配下に自身の息のかかったものを潜り込ませており、クーデターを起こされた時も全く動じていなかった。

予選で敗退した闘技者たちを使い、難なく鎮圧している。

準決勝では、黒木によってアギトが敗北するという想定外の事態により長期政権に終止符を打たれてしまっているがまた挑戦者に戻れることに喜びを感じている。

退任後には相談役として拳願会に在籍しており、乃木と共に【蟲】への対策を練っていた。

拳願会の会長を務めており、作中での迫力は常人以上のモノを持っている

戦闘力で見るとアギトや王馬が明らかに強いので下位。

 

 

 

強さ第78位 小津俊夫

【皇桜学園グループ】の最強の闘技者で【蛮勇知将(インテリジェンス・バーバリアン)】という異名を持っている

教授としてはとても穏やかだが闘技者では暴れまわっていることが多い。

怪力、格闘術、頭脳全てが優れており、拳願仕合の戦績も11勝0敗とかなり活躍している。

皇桜学園の闘技者採用バトルロイヤルに参加しており、様々な参加者たちをボコボコにしていった

隅の方で休んでいた桐生を評価しようと戦いを挑んでいるが桐生の【羅刹掌】を喰らったことで敗北している

桐生との戦闘で敗北しているので桐生よりも戦闘力は低く弱いことは確実。

 

 

 

強さ第77位 成島光我

『ケンガンオメガ』の主人公。

小学4年生までは学校に通っていたが勉強は苦手。

【無力だった自分への失望】や【圧倒的な暴力への憧れ】を持っており、王馬と同じく【自分よりも強いやつがいるのが許せない】と考えている。

空手道場に通っていたがプロの格闘家ではなく、ノールールの戦いでの本物の強さを求めていた。

粋がっていた時に王馬と戦闘を行っており、惨敗してしまって以降、王馬のことを恨んでいる。

王馬のことを調べ、拳願絶命トーナメントでの画像を発見し、友人に頼み拳願仕合について調べてもらい山下商事に接触している。

山下に連れてこられた拳願仕合でレベルの違いを目の当たりにし、見習い闘技者として山下商事で働くことになっている。

その後、超日本プロレス、クレイシ道場、六真会館での指導を受け、必殺技の開発を進めている。

基礎体力は周りからも認められるほどで【拳眼】に匹敵するほどの驚異的な動体視力、観察力を持っており、様々な格闘技からの経験から技の仕組みや使用武術を見抜くことができる

フットワークが雑で力み過ぎて攻撃がバレバレという弱点があったが龍鬼から【臥王流】の【運足】を教わり、力みと脱力のアンバランスを指摘されたことで弱点を克服している

コスモとの修業で寝技にも強くなっている。

3ヵ月前には手も足も出なかった黒狼と戦闘を行い、勝てないながらに互角な戦闘をできるほどの成長を遂げている。

夏が山下家を襲撃した際には一夫を逃がすために夏の弟子たちと戦闘を行い、重傷を負いながらも戦闘を行っていた

様々な修行を行ったことで強くなってきているが龍鬼や王馬と比較すると実力はまだ及ばないので下位。

 

 

 

強さ第76位 淀江

片原に危害を加えようとしたハサドをあっさりと倒したスキンヘッドの人物。

ハサドを吹っ飛ばした際に血しぶきが王馬にかかったことで王馬を汚したと桐生に激怒され、ボコボコにされてしまっている

一命は取り留めていたが【東電】がクーデターを起こした際にはハサドと再度戦闘を行い敗北している。

桐生にボコボコにされてしまったり、ハサドに敗北したりしているので2人よりも戦闘力は低く弱いと思われるので下位

 

スポンサードリンク

 

強さ第75位 洪小虎

【岩美重工】の闘技者で【四川の人食い虎】という異名を持っている人物。

【極意拳】という流派を極めており、脳内麻薬をコントロールすることで痛覚を完全にシャットアウトすることができる。

痛覚を完全にシャットアウトすることで痛みを無効化し、加減無しの打撃を放つことができる。

【滅堂の牙】と戦闘を行い、敗北しているが【滅堂の牙】との戦闘で再起不能にならなかった数少ない闘技者。

【拳願仕合】で御雷と戦闘を行っているが圧倒的な戦闘力の差にボコボコにされてしまっている

両膝を砕かれているがそれでも立ち上がったが理乃の「おすわり」という一言で脳内麻薬の分泌を止められてしまい戦闘不能になっている

御雷との戦闘で【滅堂の牙】との戦闘で敗北しているので2人よりも戦闘力は低く弱いと思われるので下位。

 

 

 

強さ第74位 沢田慶三郎

【マーダーミュージック】の代表闘技者で【暗黒鳥】という異名を持っている人物。

高校時代は不良で1年生にして番格に上り詰めた実力者。

日本舞踊の名家生まれでバレエダンサーを経て闘技者となっている。

バレエの経験から指先一本まで自在に操ることができるボディコントロール、ほぼすべてのスポーツでトップクラスのバネと柔軟性を持っている。

あらゆる角度から繰り出すことができる変幻自在の回し蹴りは加速度を載せることで自分よりも60kg重い目黒を蹴り飛ばすほどの威力を持っている。

拳願絶命トーナメントには予選から参加しており、圧倒的な実力で予選通過をしている。

トーナメントでは、ユリウスと対決をする予定だったが東電の策略により、不戦敗になっている。

その後、通路で目黒と戦闘を行っているが目黒が暴走したことでユリウスと戦闘を行っている

ユリウスとの戦闘では、自慢の回し蹴りが全く通用せずに重傷を負ってしまっている

ユリウスとの戦闘で敗北しているのでユリウスよりも戦闘力は低く弱いと思われるので下位。

 

 

 

強さ第73位 根津マサミ

【栃木ディスティニーランド】の代表闘技者でリーゼント頭のヤンキー。

【夢の国から来た男】という異名を持っており、栃木県最大の暴走族【爆音地帯】の3代目総長を務めている。

戦闘力の高さを買われたことで【毘沙門】の絶対王者として君臨しており、夢野にスカウトされたことで拳願仕合に移籍している。

トーナメントでは、御雷と戦闘を行い、冷静さを欠いてしまったことで【雷閃】を喰らい脳震盪を起こし、敗北している

普段は、『モッキー』の着ぐるみを着ており、手足を極限まで折りたたんでいる。

圧倒的な体格と【エレクトリカルブロー】という必殺技で高い戦闘力を持っていると思われていたが御雷との戦闘で敗北しているので御雷よりも下位

 

 

 

強さ第72位 ハサド

https://twitter.com/sasanosasaki/status/1167330633464471552

【アラブの旋風】という異名を持っている人物で中東の小国の第1王位継承者。

文献をもとに独学で【首里手】を習得しており、目にも止まらぬ神速の突きを得意としている人物。

【首里手】だけでなく、【砂漠掌】という祖国に伝わる武術も使うことができる。

拳願絶命トーナメントには予選から参加しており、圧倒的な実力を見せ、予選を通過していた。

その後、片原の言葉に激怒し、片原の護衛の淀江と戦闘を行い、一瞬で敗北している

船の外に蹴り出せれてしまっているが蕪木と行動を共にしており、東電のクーデターの際には淀江を含む3人の護衛者と戦闘を行い、勝利している

淀江に敗北しているが2度目の戦闘で勝利しているので淀江よりも戦闘力は高いと思われるので上位。

 

 

 

強さ第71位 千葉貴之

【義武不動産】の闘技者で【顔のない男(グレートアクター)】という異名を持っている。

他人になりきることで犯罪を行う裏専門の【役者】で荒事専門の武闘派。

一目見た人の動きを完全にトレースすることができ、ガオランや大久保の動きをトレースして見せていた。

相手の動きをトレースする【演の極み”写し”】を行うことができるが身体能力に依存する技はトレースすることができないので理人の【イレイザーズ・レッジ】や呉一族の【外し】はトレースできない。

トーナメントでは、初見と戦闘を行い巧みな話術で精神的に優位に立ったが26秒で技を返されてしまい敗北している

初見との戦闘で敗北しているので初見よりも戦闘力は低く弱いことは確実なので下位。

 

 

 

強さ第70位 室淵剛三

【ユナイテッドクロージング】の代表闘技者で【測定不能】という異名を持っている。

アスリート一家に生まれており、中学時代には陸上競技を行っており、【神童】と呼ばれるほど。

41歳で闘技者に転向しており、格闘技は素人ながらに身体能力だけで勝利を積み重ねており、若槻と戦闘を行っている。

若槻に敗北したことでリベンジを目指し、さらに鍛えて、トーナメントで若槻と戦闘を行っている。

速攻で勝負を決めようとしたが先手を取られてしまい、クラウチングスタートからの飛び膝蹴りで一矢報いたかに思われたが正拳突きを喰らったことで敗北している

若槻との戦闘で2度敗北しているので若槻よりも戦闘力は低いことは確実なので下位

『ケンガンオメガ』では阿古谷と戦闘を行い敗北しているので阿古谷よりも下位。

 

 

 

強さ第69位 打吹黒狼

フリーの闘技者で【ウルフソルジャー】や【闘技者の新人王】という異名を持っている。

過去にはポイント制防具空手団体の名門【月輪会】の全国大会で5年連続制覇を果たしている。

手数と当てることに特化した高速コンビネーションを得意としており、足が止まったところで全力のぶん殴りで仕留めるという必勝スタイルを持っている

判断力も優れており、必勝スタイルが通じないと感じるとすぐに別の攻め方に切り替えることができる。

龍鬼と仕合を行っており、パワーで優位に立っていたが【地伏龍】を喰らい敗北している

龍鬼との戦闘で敗北しているので龍鬼よりも弱い為下位。

 

 

 

強さ第68位 アダム・ダッドリー

【ボスバーガー】の代表闘技者で【皇帝】という異名を持っている人物。

元々はアメリカNHLアイスホッケーチーム【テキサス・スノーマンズ】の乱闘要員でテキサスのストリートファイトのチャンプパンク・アボックを倒したことで原口からスカウトされ日本にやって来ている。

脊柱起立筋が発達しており、強靭な体幹を武器にしており、足場の悪い場所でも相手を昏倒させることができる。

腰が入ったパンチはヘビー級の格闘家を吹っ飛ばすほどの威力を持っている

トーナメント1回戦ではコスモと戦闘を行い、ストライカーの土俵に持ち込んだがコスモがゾーンを解放したことで三角締めを決められ敗北している

2回戦終了後にはガオランと共に龍たちと戦闘を行っているが青龍刀の隙の無い攻撃を喰らい重傷を負っている。

トーナメント終了後にも日本に残留しており、【西品治警備保障】に所属を移している。

コスモとの戦闘からも高い戦闘力を持っていることは確実。

だが、コスモに敗北しているのでコスモよりも戦闘力は低い為、下位

 

 

 

強さ第67位 金田末吉

【大物喰い(ジャイアントキラー)】という異名を持っている人物。

将棋が強く、トーナメント開催のパーティでは賭け将棋を行い、挑戦者たちにことごとく勝利していた。

幼い頃から体が弱く、持久力や筋力では女子にも劣っていたが【先読み】を習得したことで高校時代の3名のスポーツ選手に専門分野で勝利したことで将棋部に所属しながら【四天王最強の男】となっている。

【義伊國屋書店】の代表闘技者となるために氷室と戦闘を行い、【先読み】で氷室の動きを見切り、右腕を破壊し、【紅人流】の釣瓶落としを使い、勝利し代表闘技者となっている。

トーナメント1回戦では、ガオランと戦闘を行っており、【先読み】を使用し、何とか戦っていたが全力のガオランに10手先まで読んで喰らいついたが敗北している

氷室から代表闘技者の座を奪っているので高い戦闘力を持っているかに思われたが総合的な評価をするとこのくらいの順位。

氷室と比較すると氷室の方が戦闘力が高く強いと思われるので下位

 

 

 

強さ第66位 ホセ神崎

【エル・ニンジャ】というリングネームで活動している覆面レスラーで煉獄A級闘士。

【四次元ラティーノ】という異名を持っており、ムーンサルトからオーバーヘッドキック2連を放つなど驚異的な身体能力を持っている

また、光我の連打が全く通用しないほど鍛えられた筋肉を持っている。

弓ヶ浜と戦闘を行い、弓ヶ浜の右腕を破壊しているが勝負には敗北している

光我と比較すると戦闘力は高く強いが龍鬼と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

強さ第65位 因幡丈左衛門

【因幡流】という暗殺拳の使い手で【黒い悪夢】という異名を持っている人物

拳願絶命トーナメントには雇われ関係者として島内に潜入している。

良の祖父。

良の祖父で【因幡流】の使い手なので戦闘力は高いことは確実

だが、良と比較すると良の方が強いと思われるので下位。

 

 

 

強さ第64位 因幡良

https://twitter.com/hutago31/status/1156987087683371008

【ペナソニック】の代表闘技者で【黒呪の亡霊】という異名を持っている人物

【因幡流】という暗殺拳を使用しており、トーナメント参加者の中でも軽量だが能力は本物。

トーナメントでは王馬と戦闘を行っており、【躙り】や【蜘蛛髪】を使い、王馬と追い込んでいったが王馬が【前借り】をしたことで圧倒され【不知火】を喰らい敗北している

王馬との戦闘からも高い戦闘力を持っていることは確実。

だが、王馬に敗北しているので王馬よりも戦闘力は低いので下位

 

 

 

強さ第63位 吉岡

https://twitter.com/wonemurikonkon/status/768855708032901120

護衛者の2番隊隊長を務めている人物。

元々は暗殺者として活動をしていたが【滅堂の牙】の座を狙いアギトと戦闘を行っているが敗北し、左眼を失っている。

2回戦以降は、山下商事の世話役を担当しており、王馬の練習相手にもなっていた。

元暗殺者なので様々な武器を使用することも可能で無手の格闘も得意としている。

アギトとの戦闘で敗北しているのでアギトよりも戦闘力は低く弱いことは確実なので下位

 

 

 

強さ第62位 呉怜一

【呉一族】の人物で【金剛鬼】という異名を持っている人物。

【外し】の解放率は50%で一族の中でも高い実力を持っている人物で雷庵をサポートを行っている。

雷庵の実力を認めているが性格を嫌っている。

高い戦闘力を持っていることは確実だが迦楼羅や雷庵と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

強さ第61位 呉堀雄

【呉一族】の【鬼牛】という異名を持っている人物。

海外でも仕事を行っており、過去にはムテバと戦った経験を持っている。

【外し】の解放率は65%。

怜一と比較すると実力は高いので上位だが迦楼羅や雷庵と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

次のページでは、ケンガンアシュラ・オメガ強さランキングTOP60を発表!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-ケンガンアシュラ
-

執筆者:

カテゴリー