セキレイ

セキレイ強さランキング【最新決定版】

投稿日:

 

 

スポンサードリンク

 

第34位 胡蝶

柿崎の鶺鴒で柿崎や氷蛾のサポートを行っていた。

戦闘力に関してはそこまで高い方ではないのでこの順位で松たちと比較しても実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第33位 松

皆人のセキレイで「軍司」を自称している人物。

だが、頭脳はかなり高く、超大国の軍事衛星をハッキングできるほどの能力を持っており、【智のセキレイ】と呼ばれている

電子機器に繋がる能力を持っており、たくさんのモニターでセキレイの動きを観察し、皆人たちをサポートしていた。

能力自体が戦闘向きではないのでこの順位。

単純な戦闘になると風花や月海の方が圧倒的に強いので下位

 

 

 

第32位 草野

皆人のセキレイで【緑の少女】、【ラストナンバー】と呼ばれている人物。

植物を通じて自分の声を伝えたり、植物を急成長させる能力を持っており、この能力で新東帝都植物園をジャングルのようにしてしまっている。

植物を急成長させる能力を駆使し、帝都脱出計画の際には『M・B・I』を足止めしていた

能力が戦闘向きではないのでこの順位。

同じ出雲荘の住人の月海や風花と比較すると遥かに戦闘力が劣ってしまうので下位だが松と比較すると僅かだが戦闘力は高いと思われるので上位

 

 

 

第31位 久能

ハルカのセキレイで身体能力もほとんどないため、ハルカから無能と呼ばれてしまっている人物。

だが、祝詞を唱えると周囲の人物の力を弱める歌を歌うことが可能だが負担が大きすぎてすぐに使用できなくなってしまう

作中での戦闘描写からも戦闘力はそこまで高くないのでこの順位。

 

 

 

第30位 七葉

皆人達との交渉が決裂してしまいすぐに『M・B・I』に補足されてしまっている人物。

その後、鴉羽の手によって戦闘不能になっている。

鴉羽の手で戦闘不能に追い込まれているので鴉羽よりも戦闘力は低いことは確実

 

 

 

第29位 伊岐

二刀使いのセキレイ。

鴉羽と戦闘を行っているが最終的に戦闘不能になってしまい鴉羽に敗北している。

鴉羽に敗北しているので鴉羽よりも戦闘力は低いことは確実なので下位

 

 

 

第28位 夏

アニメに登場したセキレイで投げナイフや足技を得意としていた人物。

鈿女に不意を突かれたことで致命傷を負ってしまい、鶺鴒紋を消され戦闘不能になっている

鈿女に敗北していることから鈿女よりも戦闘力は低いことは確実なので下位。

 

 

 

第27位 習志野

【名無しのセキレイ】と呼ばれてしまっている人物で津田沼の借金返済を目指している。

盾の能力を持っており、強力なバリアを周囲に張ることが可能だが自ら攻撃することができない。

強力なバリアだけでなく、身体が頑丈で椎菜の能力を受けても無傷でいるほどの防御力を持っている。

強力な盾の能力を持っているが攻撃ができないという弱点があるのでこの順位

椎菜たちと比較しても戦闘力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第26位 八嶋

大槌を振り回しているセキレイで椎菜と戦闘を行っている。

椎菜との戦闘で祝詞を発動し、『超重量の鉄槌(グラヴィティ・ハンマー)』と技を使用したが椎菜の能力で大槌を粉砕されてしまっている。

椎菜との戦闘で敗北しているので椎菜よりも弱いことは確実なので下位

 

 

 

第25位 蜜羽

No.38のセキレイで御子上に仕えている。

羽化する前のセキレイを御子上に献上するために秋津と椎菜を鞭を使い追いかけまわしたが失敗に終わっている。

鴉羽と出会ったことで戦闘を挑んだがあっさりと敗北して力尽きている。

鴉羽との戦闘で戦闘不能になっていることから鴉羽よりも戦闘力は低いことは確実なので下位

椎菜と比較しても実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第24位 織刃

氷峨のセキレイで第三段階第参回戦に参加している人物。

セキレイの機能停止を目論み、皆人と夏朗を狙っていたが灰翅との戦闘で致命傷を負い、後に月海の祝詞を受けたことで戦闘不能になっている

灰翅との戦闘で致命傷を負っているので灰翅よりも弱いことは確実。

さらに月海に止めを刺されているので月海よりも弱いので下位。

 

 

 

第23位 日姫子

御子上のセキレイで巨大な奇妙な剣を使用している人物。

戦闘描写が少ないので正確な戦闘力を測ることは難しいが秋津達と比較すると戦闘力は低いことは確実なので下位

 

 

 

第22位 しじめ

真田のセキレイで幼い見た目をしている人物。

正確な強さを測ることは難しいが総合的な評価をするとこのくらい。

くじかやくずりよりも僅かだが戦闘力は劣ってしまい弱いと思われるので下位

 

 

 

第21位 くじか

真田のセキレイでしじめ同様正確な戦闘力を測るのは難しいが様々な意見を参考にするとこの順位。

くずりよりは弱いがしじめよりは強いと思われる

 

 

 

第20位 くずり

しじめ、くじか同様に真田のセキレイで幼い見た目をしている。

真田から溺愛されており、「ラブリーちゃん」と呼ばれている。

しじめとくじかと比較すると戦闘力は高く強いと思われるので上位

 

 

 

第19位 多姫

霧を操ることで相手の目を眩ませる技を得意としている人物で御子上のセキレイ。

秋津の氷を操る技を合わせることで氷霧を作り出し、焔の攻撃を防いでいた。

焔との戦闘では、氷霧を使い、焔を凍らせ窮地に追い込んでいたが焔が羽化し、焔の全力の炎によって破られ敗北している

焔との戦闘で敗北しているので焔よりも戦闘力は低く弱いので下位。

同じ御子上のセキレイの蜜羽よりも戦闘力は高いと思われるので上位だが秋津と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第18位 葛城

氷蛾のセキレイで蹴り技を中心として戦闘スタイルを使用している人物。

結と戦闘を行った時には蹴りを中心に戦闘を進めていったが結の【熊拳】を喰らったことで致命傷を負い、戦闘不能になっている

結との戦闘で致命傷を負い、戦闘不能になっているので結よりも戦闘力は劣ってしまうので下位。

 

スポンサードリンク

 

第17位 夜見

蜜羽と同じく御子上のセキレイで大鎌を武器として使用している。

草野を御子上に献上しようと企んだが失敗し、その後結と戦闘を行っている。

大鎌の真空波で結に攻撃を仕掛けていったが全て避けられてしまい、結の祝詞を喰らったことで鶺鴒紋が消されてしまい戦闘不能になっている

結との戦闘で戦闘不能になっていることから結よりも実力は劣ってしまうので下位。

だが、作中での活躍からも蜜羽よりも戦闘力は高く強いと思われるので上位。

 

 

 

第16位 サキ

『M・B・I』の特殊諜報部員を務めている人物。

日本刀を武器にして戦闘を行っていた。

戦闘描写があまりなく、正確な戦闘力を測ることは難しいが総合的な評価をするとこの順位。

秋津たちと比較すると弱いと思われるので下位だが夜見と比較すると強いと思われるので上位

 

 

 

第15位 波路

バトルアックスを使用しているセキレイで第三段階第弐回戦を勝ち抜いたことで神器を手にしている。

だが、鈿女と椎菜の奇襲を受けたことで戦闘不能になっている。

第三段階第弐回戦を勝ち抜いているのでそこそこ戦闘力を持っていることは確実

だが、鈿女と椎菜との戦闘で敗北しているので2人よりも戦闘力は低いことは確実なので下位。

 

 

 

第14位 秋津

本来は、シングルナンバーのセキレイであったが調整に失敗したことで捨てられそうになっていた。

その場を逃げ出し、御子上に拾われたことで御子上のセキレイとなっている。

感情を全く持たない人物で他のセキレイたちと違い、真紅の鶺鴒紋を持っている。

氷を操ることが可能で多姫との能力を合わせることで氷霧を作り出すことが可能。

焔と戦闘を行い、相性の良さから焔を追い詰めていったが羽化した焔の全力の炎で氷を解かされている

神蔵島での戦闘では、羽化することが可能なったが力を制御することができずに戦闘不能になっている

作中での活躍からもそこそこの戦闘力を持っていることは確実で多姫や夜見と比較しても強いので上位。

だが、焔と比較すると焔の方が実力は高いと思われるので下位。

 

 

 

第13位 光&響

瀬尾のセキレイで電撃を操る強力なコンビネーション技を持っている。

瀬尾の生活費を補うために日々アルバイトに勤しんでいる苦労人。

2人で祝詞を唱えることで『神鳴』という技を天空から落とすことが可能。

強力なコンビネーション技などを持っているので戦闘力は高いことは確実

焔よりも戦闘能力は高いと言われているが総合的な評価をすると焔の方が強いと思われるので下位

 

 

 

第12位 椎菜

ユカリが羽化させたセキレイの中でも珍しい男性のセキレイ。

【死神のセキレイ】と呼ばれており、触れたものを腐敗させる能力を持っている

祝詞を唱えた八嶋と戦闘を行い、自身の能力で八嶋の武器を一瞬で破壊していた。

能力も強力で身体能力も高いのでこの順位にランクイン。

だが、結や灰翅と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので下位。

八嶋との戦闘では、武器を一瞬で粉砕しているので圧倒的に戦闘力は高いので順位も上

 

 

 

第11位 細女

出雲荘に住んでいる住人で楽観的な性格をしている。

身に纏っている比礼を操る能力を持っており、たまに攻撃を仕掛けるが戦う気は全く持っていない。

風花に正体がバレてしまったことで風花に戦闘を挑んでいき、比礼を操り攻撃を仕掛けていったが技を見破られてしまったことで敗北している

風花との戦闘で敗北しているので戦闘力は風花よりも低いことは確実なので下位

だが、秋津や椎菜と比較すると実力は高いと思われるので上位。

 

 

 

第10位 結

皆人が初めて羽化させたセキレイ。

強敵と出会うと戦闘を行いたいとうずうずしてしまう好戦的な性格。

華奢な身体からは想像できないほどの怪力と機動力、圧倒的なスタミナを持っており、常人以上の戦闘力を持っていることは確実

驚異的な身体能力を持っているので短い時間だが飛翔することが可能。

帝都脱出計画の際には、紅翼と戦闘を行い、鶺鴒紋を消されてしまっているが皆人の想いが強く、再起動している。

その後、紅翼と戦闘を行い、紅翼に勝利している。

焔を助けるための戦闘では、『熊拳』という新技を習得しており、祝詞を使用し、『熊流星』という技を使用していた。

身体能力が非常に高く、スタミナお化け。

作中でも持ち前の身体能力と怪力で活躍しており、トップクラスの実力を持っていることは確実

鴉羽や風花と比較すると戦闘力は劣ってしまうので下位

だが、松や草野と比較すると強いので上位。

 

 

 

第9位 陸奥

セキレイでは、珍しい男性のセキレイでNo.5の人物。

御子上の子守役を務めており、御子上のわがままに振り回されることが多かった。

ユカリが椎菜の羽化を妨害したことで御子上の指示でユカリと戦闘を行おうとしたが椎菜が羽化し、祝詞を恐れ逃走している。

刀が鞘に収まっている状態でも地割れを起こすほどの実力を持っており、【破砕店】という必殺技を使用していた

鴉羽と互角の戦闘力を見せていたが総合的な評価をすると鴉羽よりも戦闘力は劣ってしまうので下位

だが、作中での活躍からも高い戦闘力を持っていることは確実なので上位にランクイン。

 

 

 

第8位 焔

皆人のセキレイで普段は、ホストとして働いており、店のNo.1ホストになっている。

高美に頼まれたことで「セキレイの守護者」になっており、炎を操る能力を存分に発揮していた

高い戦闘力を持っており、作中でも活躍していたが月海や灰翅と比較すると戦闘力は劣ってしまうことは確実なので下位。

だが、陸奥や結と比較すると実力は高いので上位。

男性だが皆人と感応したことで徐々に女性よりに身体が変化していった。

 

 

 

第7位 月海

皆人のセキレイで水を操る能力を持っている人物。

シングルナンバーのセキレイなので高い戦闘力を持っていることは確実

普段は、古風なモノの言い回しをしている。

水を操り、腕に纏わせることで『水劔』という技を持っていたり、祝詞を使い、水玉を空中に浮かせ、一気に破裂させる『潮満球』という技を持っている。

作中での活躍からも高い戦闘力を持っていることは確実なので上位にランクイン

だが、風花たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第6位 灰翅

夏朗のセキレイで10本の鉤爪を武器として使用している。

【蒼い鶺鴒】という異名を持っており、高い戦闘力を持っていることは確実

アニメでは、結女が覚醒したことで紅翼と一緒に吹っ飛ばされている。

作中でも高い戦闘力を持っていることは確実なので上位にランクイン

だが、鴉羽や結女と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第5位 紅翼

鴉羽と灰翅と同じく夏朗のセキレイで【緋い鶺鴒】という異名を持っている人物。

近接戦闘を得意としている人物で久能が帝都を脱出しようとした時には結と戦闘を行い、戦闘不能にまで追い込んでいる

だが、その後覚醒した結女と戦闘を行い、吹っ飛ばされてしまっている。

【激☆震】などの技を持っており、高い戦闘力を持っている

覚醒した結女に吹っ飛ばされてしまっているので結女よりも戦闘力は低いので下位。

 

 

 

第4位 風花

皆人のセキレイで無類の酒好き。

風を操る能力を持っており、高い戦闘力を持っている。

灰翅と紅翼とも戦闘を行っている。

鈿女の背後を取り、鶺鴒紋に触れることができるほどの実力を持っており、作中でもトップクラスの実力者

灰翅や紅翼を吹っ飛ばしていることから2人よりも戦闘力は高いと思われるので上位

さらに鈿女の背後を取っているので鈿女よりも戦闘力はたかいことは確実。

だが、結女や鴉羽よりは戦闘力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第3位 結女

【縁の鶺鴒】と名乗っている人物で結が戦闘不能になってすぐに覚醒と同時に現れている。

並外れた身体能力を持っており、結以上の腕力を持っている

さらに光線を放つことも可能。

神蔵島侵攻の際に結の鶺鴒基幹が破壊されてしまったことで自身の基幹を移植したことで機能停止している。

作中での活躍からも高い戦闘力を持っていることは確実。

紅翼や灰翅を吹っ飛ばしていることから2人よりも戦闘力は高いことは確実

鴉羽からも反則と呼ばれるほどの強さを持っているが鴉羽と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第2位 鴉羽

【黒い鶺鴒】という異名を持っている人物で夏朗のセキレイ

【M・B・Iの狗】と呼ばれている懲罰部隊の3代目筆頭を務めている。

戦闘を好む闘争本能の塊のような性格をしており、戦闘能力もかなり高い。

太刀を武器として使用しており、並の相手なら一太刀で相手を倒すことができるほどの実力を持っている

作中での活躍からも高い戦闘力を持っていることは確実でこの順位

同じ夏朗のセキレイの灰翅や紅翼と比較しても戦闘力は高いので上位。

 

 

 

第1位 浅間美哉

出雲荘の管理人を務めているセキレイNo.01で人間でもセキレイでも無い者。

未羽化でありながらも化け物レベルの実力を持っており、鴉羽からは「別次元」と評価されるほどの戦闘力を持っている

海岸から剣を振るだけで渡航中の軍艦を沈めれるほどの実力を持っている。

鶺鴒計画や神器の秘密、セキレイという存在などの全てを知っている人物で御中を倒したいと思っているが自分が動くことで帝都に被害で出てしまうということで自分の正体を隠し、計画を見届けようと思っていた。

だが、鈿女が機能停止したことで皆人の元にセキレイが集まり、彼女たちの真っ直ぐな気持ちに心が動かされ、再び表舞台に立っている。

最後は結と戦闘を行い、敗北している

結との戦闘で敗北しているが総合的な評価をすると美哉の方が強いと思われるので上位。

鴉羽や風羽よりも戦闘力は高く、間違いなく作中No.1

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

-セキレイ
-

執筆者:

カテゴリー