サムライうさぎ

サムライうさぎ強さランキング【最新決定版】最強のサムライを決定!

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

第40位 乾 【講武館】

【講武館】に所属している人物で清木に心から賛同し、崇拝している人物。

流人を捕まえるために穂波たちと戦闘に向かっているが戦闘では陰に隠れているだけ。

戦闘に全く参加しない人物で卑怯者なので最下位。

伍助や穂波と比較しても戦闘力は遥かに劣ってしまうので下位

 

 

 

第39位 本間おりう

マロと良成の母親でマロにそっくりな顔をしている。

戦闘力はそこまで高くないと思われるのでこの順位。

マロや良成と比較すると戦闘能力は劣ってしまい弱いと思われるので下位

 

 

 

第38位 宇田川志乃

本作のヒロインで伍助の嫁。

自由奔放な性格をしているが夜には伍助に見つからないように涙を流すこともあった。

家事全般をこなすことができ、料理が上手い。

家計の足しになるようにうさぎの面作りの内職を行っている。

伍助を支えている人物。

戦闘力に関しては全く無いと思われるので伍助たちと比較すると遥かに弱い

 

 

 

第37位 サユキ 【ヤマネコ道場】

定ノ丞の恋人でギャルのような口調で話している。

伍助に敗北した定ノ丞を見て取り乱していた。

戦闘力は全く無いのでこの順位。

伍助や定ノ丞と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第36位 鏡明新智流の道場主

伍助が入門していた剣術道場の主。

伍助を育てていたが伍助に八百長を強調し、名声とお金を手に入れたりと性格は悪い。

伍助が登場を抜けるといった際には門下生を使い、力づくで伍助を止めようとしたが伍助に勝てないと感じたことで道場を残し、逃げている。

その後は、別の道場を開いている様子。

戦闘力もあまり高くない人物なのでこの順位

伍助と比較すると遥かに戦闘力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第35位 御前

本間家の当主でマロと良成の父親。

礼儀正しい人物で客人に失礼なことをした人物を容赦なく、木刀で叩きのめす。

マロと良成に厳しい鍛錬を行っていた。

戦闘描写が少なく、正確な戦闘力を測ることは難しいが総合的な評価をするとこのくらいの順位。

マロや良成と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第34位 伴四郎

【講武館】の門弟で伍助が買い食いしているところを見つけ、武士のすることではないと斬りかかったが返り討ちに遭っている。

伍助に敗北しているので伍助よりも戦闘力は劣り弱いので下位。

 

 

 

第33位 直助

伴四郎と一緒に伍助に文句をつけ、斬りかかったが返り討ちに遭っている。

伍助との戦闘で敗北しているので伍助よりも戦闘力は劣り弱いので下位。

 

 

 

第32位 浅野

伍助の上司で伍助に何かと小言を付け、殴り掛かっている。

伍助と比較すると戦闘力も低く弱いので下位。

 

 

 

第31位 宇田川喜兵衛

【宇田川家】の先々代の当主でマゲを結わないと武士ではないという信条を持っており、禿げた頭に海苔を乗せていた。

この行為がきっかけで伍助に不名誉なあだ名がついている。

伍助との修業で頭を叩かれたことできっかけで頭が禿げてしまっている。

戦闘力もそこまで高くないと思われるのでこの順位。

伍助たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第30位 伊左衛門

伍助の同僚で過去に自分で彫り物をしようとして失敗し、背中に傷を持っている人物。

伍助が元気がない時には励ますなど伍助を助けていた。

戦闘量でみるとそこまで高くないと思われるのでこの順位。

伍助と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第29位 宇右衛門

伍助の同僚で過去に贅肉を切り落とそうとして失敗している。

伊左衛門と一緒に元気のない伍助を励ましたりと伍助の助けになっている。

伍助と比較すると戦闘力は劣ってしまうので下位だが伊左衛門と比較すると実力は僅かに高いと思われるので上位

 

 

 

第28位 白石久寿夫 【白馬道場】

【白馬道場】の師範で【うさぎ道場】によく喧嘩を吹っかけている。

総合的な評価をすることこのくらいの順位。

伍助やマロと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第27位 ヒグマ道場の道場主

過去に摂津が弟子入りしていた道場の主。

摂津のことを気にかけており、摂津が試合に負けたことを笑った者を懲らしめていた。

道場破りと戦闘を行っており、重傷を負ってしまっている

戦闘力もそこそこ高いと思われるのでこの順位。

摂津達と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第26位 白髪の門弟 【講武館】

【講武館】に所属している人物で乾と清木と一緒に行動していることが多い。

乾と同じように清木の考えに賛同しているが乾の崇拝ぶりには呆れていることが多い。

戦闘力もそこそこ高い人物なのでこの順位。

だが、清木や伍助と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

スポンサードリンク

 

第25位 玉 【ヤマネコ道場】

【ヤマネコ道場】の門弟で巨大な体格をしている。

だが、性格は引っ込み思案で戦闘時にも相手を気を遣うような素振りを見せている。

良成と戦闘を行い、8本の竹刀を使用し、戦闘を行っているが良成の突きを喰らい吹き飛ばされてしまっている

良成との戦闘で敗北しているので良成よりも戦闘力は劣ってしまうので下位。

伍助やマロと比較すると実力は劣り弱いので下位

 

 

 

第24位 唐島激 【ヤマネコ道場】

【ヤマネコ道場】の師範代で極度の負けず嫌い。

羽織の中にマタタビの粉を仕込んでおり、相手に目潰しを仕掛けたりする。

良成との戦闘では卑怯の手を使い、勝利しようとしたが横入りしたマロの攻撃を喰らい敗北している

マロの攻撃を喰らい敗北しているのでマロよりも戦闘力は劣ってしまうので下位。

良成と比較しても戦闘力は劣るので下位。

 

 

 

第23位 飛鳥 【流人一行】

https://twitter.com/reichi01_nayu/status/551032094432845826

【玩具屋】を営んでる人物で庶民ながらに武家の子を養っていた。

【講武館】の目の上のたんこぶだったことで竹取りに山に出かけた際に【講武館】の門弟に崖から突き落とされてしまったことで力尽きている。

そこそこの戦闘力を持っていると思われるが百舌九達と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第22位 権田鉄心 【ヤマネコ道場】

【ヤマネコ道場】の門弟で隻眼の人物。

千代吉と戦闘を行っているが千代吉の攻撃を喰らい床にたたきつけられたことで敗北している

千代吉との戦闘で敗北しているので千代吉よりも戦闘力は劣り弱いので下位

 

 

 

第21位 阿倍定ノ丞 【ヤマネコ道場】

【ヤマネコ道場】の師範で右目に眼帯をしている人物。

サユキとデレデレしているところが目立っているが剣の腕は確か。

江戸の道場破りとして有名で伍助たちから煙たがられている。

剣の腕は確かで戦闘力は高い人物だが伍助との戦闘で敗北しているので伍助よりも戦闘力は劣り弱いので下位

 

 

 

第20位 甲斐九郎次郎 【ヤマネコ道場】

【ヤマネコ道場】の師範代で顔に傷がある人物。

千代吉から伍助まで一気に倒しているが良成の前に倒れている。

良成との勝負で敗北しているので良成の方が強いと思われるので下位

 

 

 

第19位 風間反蔵 【うさぎ道場】

【うさぎ道場】の門弟で摂津の頼みを受けて入門している人物。

一度眠ると何があっても起きない。

友情を大切にしており、一度交わした約束を破ろうとしたり、嘘をついた人物は仲間であろうと激怒する。

刀を携えているが戦闘では使用せずにほとんど素手で戦っている。

作中での活躍からも高い戦闘力を持っていることは確実だが総合的な評価をするとこの順位

伍助たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第18位 松山桐乃進 【講武館】

【講武館】に所属している人物で江戸幕府の書院番士を務めている人物。

【講武館】の師範代

陽気な性格をしているように見せているが実は歪んだ性格をしている。

自身のプライドを傷つけた者を容赦なく攻撃するなど残忍な一面も持っており、卑劣。

志乃の元夫で志乃が再婚したことを知り、【うさぎ道場】にやって来ており、伍助と戦闘を行っている。

不意打ちで伍助に攻撃を喰らわせているが伍助の一撃を喰らい敗北している

伍助の一撃で敗北しているので伍助よりも戦闘力は劣り弱いので下位

だが、乾たちと比較すると実力は高く強いので上位。

 

 

 

第17位 磯野拳兵 【連兵館】

【連兵館】の師範代で高い戦闘力を持っていると思われる。

穂波からも評価されるほどの実力者で伍助よりも二段上と評価されていたが【流人】との戦闘では人質になってしまっている。

高い戦闘力を持っていると思われるが岩破よりも戦闘力は劣ってしまうので下位

伍助よりも二段上と評価されていたが総合的な評価をすると伍助よりも戦闘力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第16位 菅谷 【講武館】

【講武館】の門弟でおでこのバツ印が特徴的な人物。

素行が悪い武士を泣きながら罰を与えていたが次第に性格が変わっていき、少しでも素行が悪いと感じる者がいたら容赦なく斬るようになっている。

【うさぎ道場】の伍助の素行を吟味するために伍助の元にやって来ている。

志乃のいちゃもんを付け、斬りかかろうとしたが伍助に防がれている。

伍助に攻撃を防がれたことで激高し、伍助と戦闘を行っている。

伍助をあと一歩という所まで追い詰めていったが一瞬の隙を突かれたことで伍助に敗北している

伍助を追い詰めていることから戦闘力は高いことは確実。

だが、伍助に敗北しているので伍助よりも実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第15位 鰐淵鉄叉

【江戸幕府】の大番頭を務めている人物で志乃の作った面を気に入っていた。

大砲を片手で担げるほどの腕力の持ち主。

登場するたびに桁外れの筋トレを行っていることからそこそこの戦闘力を持っていると思われる

総合的な評価をするとこの順位。

伍助たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第14位 岩破隆兵 【連兵館】

【連兵館】の師範で左眼の傷が特徴的な人物。

礼儀正しい性格をしており、清木にも気に入られている。

【講武館】と幕府お抱えの座を最後まで争っていた。

【うさぎ道場】の試合を見たことで武士とは何たるかを学び、鰐渕に【うさぎ道場】との手合わせを申し出ている。

だが、【流人】たちの襲撃を受け、門弟たちがやられてしまっている。

【講武館】と最後まで戦っていることから戦闘力はそこそこの人物であることは確実

だが、清木と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第13位 本間良成

マロの弟で眼鏡をかけている人物。

マロを連れ戻すために【うさぎ道場】にやって来ており、マロの想いを汲み、本間池の道場を稽古用に貸し出している。

【ヤマネコ道場】との対決ではマロを心配し、涙を流していた。

マロが認めるほどの実力者で高い戦闘力を持っていると思われる

だが、マロと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

【講武館】との対決で【うさぎ道場】が勝利した後にはマロと一緒に【しゃちほこ財閥】を立ち上げ、成功している

 

 

 

第12位 清木清左衛門 【講武館】

【講武館】の師範で江戸幕府の御目付役を務めている人物。

武家に生まれた者は、町民や農民の手本となるべきと考えており、それに恥ずべき行為をしたものには罰を与えるという非常に偏っている武士道を持っている。

規則には非常に厳しく、曲がり角を直角に曲がらなかっただけで刀を立てる。

達観した雰囲気を持っており、高い戦闘力を持っていることは確実。

戦闘力も非常に高いと思われるので上位。

だが、伍助と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第11位 穂波彦左衛門

穂波の父親で幕府に仕えていた人物。

幕府に仕えていながらも農村に出向き、宴会を開いては幕府に咎められている。

穂波を【講武館】へ入門させていた。

穂波の父親で幕府に仕えていることから高い戦闘力を持っていると思われるのでこの順位

だが、穂波や伍助と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので下位

 

次のページでは、サムライうさぎ強さランキングTOP10を発表!

遂に伍助やマロが登場!

 

スポンサードリンク

 

 

> 続きを読む 

-サムライうさぎ
-

執筆者:

カテゴリー