サムライうさぎ

サムライうさぎ強さランキング【最新決定版】最強のサムライを決定!

投稿日:2021年11月4日 更新日:

 

 

サムライうさぎ強さ第40位~11位

サムライうさぎ第10位~1位

 

 

スポンサードリンク

 

 

第10位 スズメ 【流人一行】

【蛇原島】から逃げ出してきた人物で【鎖段平】を使用している人物。

侍だけが刀を持つことを許されていることに不満を感じており、すぐに感情的になっていまう。

【大天下御前試合】ではマロと戦闘を行っており、【鎖段平】でマロを追い詰めていったがマロの奥義を喰らったことで【鎖段平】が破壊されてしまっている

武器が破壊されても戦闘を続けようとしたが敗北している。

圧倒的な攻撃力を持っており、相手の刀ごと破壊する破壊力を見せていたがマロとの戦闘で敗北しているのでマロよりも戦闘力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第9位 ウズラ 【流人一行】

常人の何倍も大きい身体をしている人物。

見た目からは想像できないほどのスピードを持っており、素早い

黒刀を使用しており、身体から熱を発することが可能で触れた相手をやけどさせることもできる。

【大天下御前試合】では、千代吉と戦闘を行っており、千代吉を圧倒していったが千代吉に敗北している。

千代吉との戦闘からも高い戦闘力を持っていることは確実だが千代吉に敗北しているので千代吉よりも戦闘力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第8位 穂波多助 【うさぎ道場】

【うさぎ道場】の門弟で【神速の居合い】という異名を持っている人物

摂津の頼みで入門している。

戦闘力は高く、町で喧嘩を吹っかけられた際にはわざと髪にかするように見切り、調髪代わりに利用していた。

【講武館】に所属していた時には百舌九と戦闘を行っており、惨敗している

高い戦闘力を持っている人物なのでこの順位。

だが、百舌九との戦闘で過去に敗北していることから百舌九よりも戦闘力は劣ってしまうので下位。

また、【大天下御前試合】では鶴屋と戦闘を行い、敗北しているので鶴屋よりも戦闘力は劣り弱いので下位

 

 

 

第7位 鶴屋 【流人一行】

医者を目指していた人物でしびれ薬や猛毒を塗っている【嘴】を使用し、戦闘を行っていた。

痛みを抑えるツボに針を刺し、痛みを感じることなく戦闘を行うという戦闘スタイルをしていた。

【大天下御前試合】では、穂波と戦闘を行っている。

穂波との戦闘では、ツボのカラクリを見抜かれてしまっているが最後の力を振り絞り、穂波に一撃を与え、勝利している

高い戦闘力を持っていることは確実で穂波に勝利しているので穂波よりも戦闘力は高く強いので上位

 

 

 

第6位 鳳/佐倉智之進 【流人一行】

【鉄傘】を武器に使用している人物で摂津のことを「ニワトリ野郎」と言っていた。

高速移動からの突きを得意としている人物で傘を開くことで急停止したり、方向転換を行うことが可能。

父親の悪事を見て育っており、武士になることを悩み、父親から激怒されたことで家を出ている。

【大天下御前試合】では、摂津と戦闘を行っており、摂津が武器を使用せずに戦闘を行ったことでその姿が飛鳥と重なり、戸惑っていた。

【鉄傘】の突きを仕掛けたが黒札で弾かれてしまい、摂津の素手の攻撃を喰らい敗北している

摂津との戦闘で敗北しているので摂津よりも戦闘力は劣ってしまい下位だが戦闘力は高いのでこの順位。

 

 

スポンサードリンク

 

 

第5位 摂津正雪 【うさぎ道場】

【うさぎ道場】の門弟で伍助の先輩。

伍助にアドバイスを送っている兄貴的な存在。

めんどくさいことからは極力避けようとしている。

【ヒグマ道場】に所属していた時には寝る間を惜しんで努力を行っていたが剣の才能に恵まれず一度も勝利することができなかった。

自分の才能が無いことで仲間に迷惑を掛けたくないという想いから【うさぎ道場】を辞めると言っていたが鰐渕が企画した手合わせに参加している。

【黒札】という巨大な黒刀を使用しており、相手の攻撃を予測する洞察力が求められる

流人との戦闘では鳳と戦闘を行っており、鳳との戦闘で勝利し、人生での初勝利を納めている。

剣の才能は無いが努力を人一倍しており、実力が向上しているので戦闘力は高い

鳳との戦闘で勝利しているので鳳以上の強さを持っているので上位

だが、伍助と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第4位 千代吉 【うさぎ道場】

【うさぎ道場】の一番門下生で行き倒れているところを助けられたことでナナガミの神官を務めるようになっている。

村のトラブルを解決してもらうために伍助に弟子入りしているがトラブル解決後にも伍助を慕っている。

【七菜鍬】という千代吉が打った刀を使用している。

真面目で純粋な性格で伍助に代わり仲間を鼓舞することも多かった。

【うさぎ道場】に入門する前から盗賊との戦闘に勝利しているので戦闘力は元々高い

作中でも随所で活躍しているので戦闘力は高く強い。

だが、伍助の弟子なので伍助よりも戦闘力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第3位 本間亀山 【うさぎ道場】

【うさぎ道場】の門弟で大名本間家の嫡子。

マロと呼ばれており、あまり喋らない人物で天然な性格をしている。

本間家流剣術を習得しており、戦闘力は高く、【ヤマネコ道場】の人物たちを蹴散らすほどの実力を持っている

普段は、物静かだが怒ると想像できないほどの大声で怒鳴っている。

【天掌絶刀羅神元】という極短い刀を使用している。

【本間流剣術】を使用しており、【蛇活疾歩】や【螺旋漆黒】、【螺旋絶無】などの技を使用している

【大天下御前試合】ではスズメと戦闘を行っており、勝利している。

スズメに勝利していることからスズメ以上の強さを持っていることは確実なので上位

また、弟の良成と比較しても戦闘力は高く強いので上位。

 

 

 

第2位 百舌九 【流人一行】

「自分たちを捕えた講武館への復讐」を理由に岩破を脅し、【天下御前試合】に連兵館の門弟として出すように迫っていた人物。

戦闘では、二本の刀を使用していたが他にも足に刀を仕込んでいた。

変幻自在の攻撃を繰り出しており、スピードは穂波でも目で追いきれないほどの速さを持っている

目的のためなら手段を選ばない人物で【大天下御前試合】では伍助と戦闘を行っている。

伍助との戦闘では、圧倒的な戦闘力を見せ、伍助を追い詰めていったが伍助の妻を想う気持ちを前に敗北している

高い戦闘力を持っている人物で作中でもトップクラスの人物。

だが、伍助との戦闘で敗北しているので伍助よりも戦闘力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第1位 宇田川伍助

本作の主人公で【宇田川家】の当主で作事方物書を務めている人物。

役職の都合からほとんどの書体を読むことができ、筆の腕前は一流。

志乃と結婚し、苦しい生活をさせてしまっていることから剣術の腕を上げようと剣術道場に入門している。

剣術の才能に気付いており、志乃の言葉を受け、【うさぎ道場】を開くことを決意している。

【うさぎ流剣術】という自ら生み出した流派を使用しており、剣術の腕前は達人級

20人相手に勝利するなど戦闘力の高さを見せていた。

【朱塗兎大小拵】と【兎咬】という刀を使用している。

【大天下御前試合】では、百舌九と戦闘を行い、苦戦を強いられているが見事勝利している

作中での活躍からも高い戦闘力を持っていることは確実。

百舌九との戦闘にも勝利しているので百舌九よりも戦闘力は高く強いと思われるのでNo.1

 

スポンサードリンク

 

 

> 前のページへ 

-サムライうさぎ
-

執筆者:

カテゴリー