モンキーターン

モンキーターン速さ・強さランキング【最新決定版】

投稿日:2017年2月15日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

第24位 小林瑞木

 広島支部に所属している女性レーサーで同期の波多野達がどんどん上に上がっていくのに対し、成績が伸び悩んでいたことで引退も考えたことがあった。

波多野と河野にモンキーターンを教わり、自分の物にしている。

その後は、女子王座準優勝という結果を残している

 

 

 

 

第23位 光瀬明

*出典元:sp.yqr.jp

東京支部所属の女性レーサー

女性だが眉毛が太く男性と間違えられることも多くある。

岸本と付き合っている。

 

 

 

 

第22位 山崎正彦

 父親も競艇選手だが目立った活躍がない選手だった。

素行が悪く、自分の嫌いな人に嫌がらせをすることも多かった。

父親のことも見下しており、父親のようにはならないと競艇選手で一攫千金を目標としている。

本栖研修所での父親の行った実技訓練を経て父親のことを尊敬するようになっている。

研修所卒業後は、出番が少なかったが総理大臣杯競争に出場していた。

 

 

 

 

第21位 河野一実

 福井支部所属で競艇の世界へは収入が良いからという理由で入っている。

元々自動車整備士として働いていたためモーターの整備に関しての技術は群を抜いている

洞口親子の開発したプロペラに敗れ勝率を落としていってしまったが、最終的にはSG出場を果たしている。

 

 

 

 

第20位 沖田龍一郎

東京支部所属のレーサーで勝率1位で競艇学校を卒業している。

デビューしてからは、2連勝という成績を残している。

波多野に話しかけたが無視されたと思い込んでおり、波多野にライバル視されているという勘違いをしていた。

わだかまりが解消してからは、波多野の技術やレースに対する姿勢を手本にするようになり、波多野を尊敬している。

 

 

 

 

第19位 岸本寛

 東京支部所属のレーサーで波多野からは”北の国から”の黒板純に似ていると言ことで”純”と呼ばれていた。

デビューしてから初勝利を飾るまで半年近くかかり、伸び悩んでいたが地道な努力で実力を徐々につけていきSG出場を果たしている。

同じく東京支部所属の”光瀬明”と付き合っている。

 

 

 

 

第18位 青島優子

*出典元:niconico

 福岡支部所属の女性レーサーで父親の残した莫大な借金を返済すべく、趣味のジェットスキーの経験を活かすことのできる競艇へと進んでいく。

研修所を卒業する時には、女性ながらも良い成績を残し卒業している。

デビューして間もない頃は、フライング欠場を恐れ好スタートが切れずに悩んでいた。

波多野や鮎川の助言でなんとか立ち直り、実力をつけていき女子のトップ選手と変貌を遂げていった。

女子王座決定戦競争のタイトルを獲得している。

洞口と付き合っていたが、レーススタイルの対立で破局している。

波多野に告白し、交際がスタートしているが、最終的には波多野が澄を選んで破局している。

それ以降は、レーサーとして波多野を追いかけるようになっていった。

 

 

 

 

第17位 三船正義

 訳あって高校を中退しており、学歴を問われないとして競艇の世界へと足を踏み入れている。

大阪支部所属で関西では注目されていたが、榎木からは意外性がないと言われていたが、勝ち方については無駄が全くないパターンを確立していると評価されている。

 

 

 

 

第16位 勝木景虎

 香川支部所属で必要最低限のことしか発しないことから異名は”無口王”であった。

蒲生にプロペラを提供しており、蒲生からは整備と操艇技術を学んでいた。

蒲生から教わった技術でSG出場も果たすようになっている。

 

 

 

 

第15位 和久井錠司

*出典元:sp.yqr.jp

 東京支部所属のレーサー。

グループに属するということをすることなく1匹狼のようなスタイルで技術を磨いている。

ストイックな性格をしており、厳しい言葉を他人に言う為、人を寄せ付けていなかった。

波多野からは反感を買っていたが、和久井のストイックな姿勢を理解した波多野は尊敬をするようになっていった。

新鋭王座決定戦競争を獲得している

 

スポンサードリンク

 

第14位 荻原麻琴

*出典元:パーラー富士 池袋店 スタッフブログ – Jugem

 東京支部に所属している女性レーサーで波多野の高校の先輩で波多野が競艇を始めるきっかけを作った。

高校を中退してまで競艇の世界へと飛び込んでいっている。

女子としての実力はかなり高くトップクラスである。

浜岡と仲が良く、浜岡がSG初制覇を成し遂げた際には涙をながしながらも喜んでいた。

 

 

 

第13位 鮎川喜一

福岡支部所属のA1級レーサーでデビュー当初は”天才児”と呼ばれていた。

青島の師匠ともいえる人物で波多野や小林が伸び悩んでいる時期に助言をしていたり、後輩を大事にしている。

自分自身も伸び悩んだ時期もあったが、再びSG制覇を成し遂げている

 

 

 

 

第12位 江上修二

東京支部所属のレーサーでプロペラ整備の達人

SGではよく見かけるがタイトルは今だとれていない。

静かな性格で若手選手に的確なアドバイス送ることができる。

 

 

 

 

第11位 洞口武雄

*出典元:shin-dan.net

 ”愛知の巨人”と呼ばれている強豪レーサーで愛知支部に所属している。

グループを作ることをしないという”1匹狼”であった。

専門家のアドバイスなどを参考にし、プロペラを作成するなどしていた。

波多野には、卒業レースを見たときから注目しており、息子の雄太では勝てないと言っていた。

50歳になってもトップレーサーとして活躍中で、荻原のファンだと自称していた。

競艇王チャレンジカップ競走とオーシャンカップ競走の2つ以外のタイトルを制覇している

 

 

 

 

第10位 浜岡猛

*出典元:fanblogs.jp

 東京支部所属のレーサーでツケマイを多用した思い切りの良いレースが特徴的な選手。

波多野の三連覇のかかったダービーを勝利しSG初優勝を飾り、賞金王決定戦に出場している。

デビューしてから初勝利を飾るまでに10カ月以上かかっているなど苦労していた。

 

 

 

 

第9位 伊峡哲男

佐賀支部所属のA1級レーサーで常に謙虚な姿勢の男。

新人とは思えないほどの安定感のあるレースをし、SG2戦目の笹川賞ではタイトルを取っている

波多野が落水した後に自分の船が波多野の左手を巻き込んだことに罪悪感を抱いている様子だったが、波多野が復帰してからは仲良くなっている。

 

 

 

 

第8位 櫛田千秋

周りから”クッピー”の愛称で親しまれている女性レーサー。

最強の女子選手”と呼ばれており、女性選手からも憧れられている。

SG本選出場も果たしており、レース時には闘志を剥き出しにして戦っていく。

 

 

 

 

第7位 岡泉誠二

福岡支部所属のレーサーである。

6枠からのスタートでもインを狙いに行くというかなり強気なスタイルで、SG優勝も果たしている。

潮崎と同世代で実力はトップクラス

 

 

 

 

第6位 犬飼軍志

*出典元:sp.yqr.jp

福井支部所属のA1級レーサーで観察力が鋭く、巧みにレースをこなしていっている

洞口親子の使用しているプロペラの弱点を見抜いており、自分のプロペラは自分で作るべきという持論を持っている。

北陸の狼”という異名を持っている。

 

 

 

次のページでは、モンキーターン強さ(速さ)TOP5を発表!

 

スポンサードリンク

 

 

> 続きを読む 

-モンキーターン
-

執筆者:

カテゴリー