魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生強さランキング【最新決定版】お兄様最強!!

投稿日:2019年7月5日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

第56位 森崎駿

*出典元:twitter.com

深雪のクラスメイトで風紀委員会とコンバット・シューティング部に所属している人物。

【百家】の支流であることからエリート意識が強いが魔法そのものが強いというよりは、CADの操作技術を修練していることからくる魔法の発動スピードが高く評価されている

ボディガードの仕事をしていることから対人戦闘では、1年の中でも高い実力を誇っている。

【早撃ち(クイック・ドロウ)】と呼ばれる技術を持っており、【九校戦】では、スピード・シューティングで個人2位という成績を残している。

普段からボディーガードの仕事をしており、対人戦においてはなかなかの実力を持っているが魔法でみると他の人物よりも劣ってしまうと思われるので順位も下位

様々な強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとだいたい壬生と競い合っているので壬生と同じくらいの実力だと思われる

 

 

 

第55位 壬生紗耶香

*出典元:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

中学時代には、剣道で全国2位という成績を残している人物で【美少女剣士】や【剣道小町】と呼ばれていた

高校では、剣道部が魔法系競技の部活に比べて差別的な扱いを受けていることに不満を抱いており、このことで司一のマインドコントロールを受けたことで魔法大学の非公開資料を奪うために利用されている。

桐原たちが暴動を起こした際に1人で問題を解決した達也の実力を見込み、剣道部に入るように勧誘したが断られてしまっている。

桐原からは、剣道の技術を特別視されており、戦闘では使ってほしくないと頼まれていた。

魔法では、投剣術を使用しているため、戦闘となると剣道ではなく、投剣術を使用している。

中学生の時とは言え、全国大会で2位という成績を残していることから強いことは分かるが魔法が関わってくるとそこまで強くない様子

強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとこのくらいの順位。

物語の途中で桐原と付き合うようになっているが桐原と比較すると戦闘力は桐原の方が強いと思われるので順位も桐原の方が上

 

 

 

第54位 五十里啓

*出典元:ニコニコ動画

百家本流の【五十里家】の人物で千葉家と関りがあるため、エリカのCADに組み込まれている刻印型術式は、自身が組んだもの。

魔法理論では、2年でトップで実技の成績も常に上位をキープしている

2095年論文コンペでは、達也に術式の調整を任せており、自身は模型製作を担当していた。

常にトップクラスの成績を残しているので戦闘力も高い方かに思われたが総合的な評価をするとこの順位が妥当

達也たちと比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

第53位 光井ほのか

*出典元:ニコニコ動画

深雪のクラスメイトでSSボード・バイアスロン部に所属している人物。

雫とは幼いころからの仲で親友でありながらライバル。

複雑な工程を含む魔法をこなすことのできる人物で研究者に向いている。

達也の全く無駄のない魔法を見たことで感銘を受けており、達也が二科生として評価されたことにショックを受けていた。

だが、二科生を見下している一科生の態度を見たことで考えを改めて二科生と仲良くなっていく。

達也と深雪が四葉家の関係者であることと達也と深雪が婚約したことを聞き、ショックを受けていた。

複雑な処理を持続させる技術だけで見ると深雪にも真似できないほどの高い技術を持っている

2096年の九校戦では、ミラージ・バットに出場し、見事優勝を果たしている

戦闘力に関していえばあまり高くない為、この順位。

幼馴染の雫と比較すると雫の方が戦闘力は高いと思われるので雫よりも下位

 

 

 

第52位 里美スバル

*出典元:ランこれ

エイミィと同じクラスの人物でどこか中性的な人物。

画像からも分かるようにメガネをかけているがこれは伊達メガネで見た目だけでなく、振る舞いや言動がどこか男の子っぽい。

【認識阻害】という生まれながらに持っているスキルで『誰からも気付いてもらえなくなる』という反動がある

【跳躍】系の魔法を得意としている。

【九校戦新人戦】でミラージ・バットに出場しており、2位という成績を残している

2位という成績を残しているが戦闘力で見るとそこまで高い方ではなく、かなり下の方。

ミラージ・バットで1位のほのかと比較すると戦闘力は僅かだが高いと思われるため、順位も上だがエイミィと比較すると少し劣ってしまうと思われるので順位も下

 

 

 

第51位 アメリア=英美=明智=ゴールディ

*出典元:Twitter

【ゴールディ家】という【魔弾タスラム】を秘技として持っている家の生まれで自身も祖母から子の魔法を伝授されている

雫と仲が良く、一緒に行動していることが多く、雫を巻き込んで【少女探偵団】というチームを作成していたりと謎解きを好んでいた。

大質量の物体を高速で移動させる移動系の魔法を得意としており、学年末試験では、4位を取るほどの優等生。

【九校戦】では、新人戦女子代表として参加しており、スピードシューティングでは2位、アイス・ピラーズ・ブレイクでは3位という成績を残している

さらに、ロア・アンド・ガンナーに久美子とペアで出場しており、1位を獲得している。

上記のことから高い実力を持っていると思われたが物語が進むにつれて強力な人物が登場してきたためこの順位

一緒に行動している雫と比較すると実力は互角のようだが僅かだが雫の方が強いと思われるので順位も上。

 

 

 

第50位 北山雫

*出典元:blog.so-net.ne.jp

深雪のクラスメイトで魔法実技では、深雪に次いで2位という成績を残している人物

ほのかとは、小さい時からほのかと共に行動しており、親友でありライバルのような存在。

達也に想いを寄せているほのかの応援をしており、自身も達也のことを信頼しており、達也に【北山家】の専属エンジニアにならないかと勧誘していた。

加速系魔法を得意としており、【共振破壊】、【フォノン・メーザー】等の術式を持っている。

1年生の後半には、魔法師では異例の交換留学生に選ばれたことで渡米しており、レイモンド・S・クラークに気に入られたことで吸血鬼の情報を達也に伝達していた。

作中での活躍や強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこのくらいの順位

幼馴染のほのかと比較すると戦闘力はほのか以上ということなので順位も上だが達也や深雪と比較すると戦闘力は遥かに劣ってしまうので順位もかなり下

 

 

 

第49位 辰巳鋼太郎

*出典元:Anime Characters Database

かなり体格の良い人物で力強そうだが実は、3年の中でもトップクラスに入るほどのスピードファイター。

1科、2科という括りを全く意識せずに相手の実力を評価できるいいやつ。

単一系統の術式において高い干渉強度を持っているが総合的な評価をするとこのくらいの順位

十文字や真由美と比較すると戦闘力は遥かに低いと思われるので順位も下位。

 

 

 

第48位 桐原武明

*出典元:livedoor Blog

中学時代には、剣道で関東1位という成績を残している人物で第一高校でもトップクラスの実力者と言われていた

新入生勧誘のときには、紗耶香にキレてしまい、【高周波ブレード】を使用してしまったが達也に抑えられている。

戦闘力の高さで人を判断しているため、1科生とか2科生というモノにこだわりがなく、たとえ1科生でも弱い人物に興味を持たず、2科生でも強い人物に敬意を払っている。

ブランシュ日本支部メンバーの掃討作戦に参加しており、紗耶香の剣を汚すきっかけを作った人物、司一に向けた殺気は達也ですら恐れるほどのモノ。

高校でもトップクラスの実力者と呼ばれるほどの人物だが達也に抑えられていることから達也よりも戦闘力は低いことは確実

中学時代の紗耶香の剣道に感銘を受け、想いを寄せており、紗耶香が入院中に毎日お見舞いに行き、付き合うようになっている。

紗耶香と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上。

 

 

 

第47位 西城レオンハルト

*出典元:アニメトリー

1年生の時に達也と同じクラスだった人物で山岳部に所属している人物。

機動隊や山岳警備隊になることを夢見ている。

硬化魔法を得意としており、CADごと硬化させる肉弾戦を得意としている。

音声入力という珍しいCADを使用していたが、京都では【ローゼン・マギクラフト社】の完全思考操作特化型のCADを装備していた

高い身体能力を持っており、魔法に匹敵するほどの威力を持っている攻撃を繰り出すことも可能。

アークトゥルスとの戦闘では、幹比古の護衛を務めており、アークトゥルスの攻撃を硬化魔法で防いでいた。

高い身体能力を持っており、高い攻撃力を持っている拳はかなり脅威

作中での活躍から上位に食い込むかにも思われたが総合的な評価をするとこのくらいの順位

沢木と比較すると僅かだが戦闘力が劣ると思われるので順位も下位。

 

スポンサードリンク

 

第46位 沢木碧

*出典元:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPAN

第一高校のマーシャル・マジック・アーツ部の部長を務めている人物。

魔法無しの状態でも握力が100kgと怪物級

【九校戦】では、シールド・ダウンとスティープルチェイス・クロスカントリーに出場しており、シールド・ダウンでは優勝という成績を残している。

見た目もさることながら性格も良く、何の区別もせずに相手の実力を評価することができる。

シールド・ダウンで優勝していることから高い実力を持っていると思われたが様々な議論などを参考にし、総合的な評価をするとこのくらいが妥当

達也や深雪と比較すると戦闘力は遥かに劣ってしまうが辰巳や西城と比較すると強いと思われるので上位

 

 

 

第45位 市原鈴音

*出典元:市原 鈴音(いちはら すずね)(アニメ-魔法科高校の劣等生)-アニメトリー

常に無表情で感情を悟らせない人物だが無表情のまま爆弾発言をする。

魔法の制御や精密さでは、【三巨頭】を上回るほどの実力を持っている。

人体への直接干渉魔法を得意としており、さらに達也の使用した無系統魔法の仕組みを一瞬で見破るなど分析能力にも優れている。

作中でも活躍などからそこそこの順位にランクインするかに思われたが総合的な評価をするとこのくらいが妥当

達也や十文字、真由美と比較すると戦闘力は劣ると思われるので順位も下位

 

 

 

第44位 服部刑部少丞範蔵

*出典元:twitter.com

専門分野に捕らわれない現代魔法の理想を体現した能力と数字を持っていないながらに数字を持っているものと対等に戦闘を行うことのできる実力を持っていることから【将軍(ジェネラル)】という異名を持っている人物

模擬戦では、負けたことがなかったが達也との模擬戦で初めて敗北している。

中距離以上の魔法を得意としており、1対1の戦闘は苦手な様子。

だが、それぞれの魔法の減少を組み合わせる【コンビネーション魔法】は圧巻。

登場当初は、達也のことを見下していたが模擬戦で達也に敗北したことで達也の実力を認めている

真由美に恋心を抱いているが真由美にはその想いがバレており、いじられている。

物語での活躍などから戦闘力はそこそこにあるように思われるがさらに強力な人物たちが登場したことにより、この順位

模擬戦で達也に敗北していることからもわかるように達也よりも戦闘力は低く順位もかなり下。

想いを寄せている真由美と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下。

頑張れ、はんぞーくん!

 

 

 

第43位 千代田花音

*出典元:ランこれ

【地雷原】と言われる魔法を得意としており、【地雷源】という異名を持っている。

対物戦闘では、摩利を凌ぐほどの実力で陸上兵器が相手なら【十師族】の実践魔法師にも負けないほどの実力だと言われている

五十里とは許嫁同士でオーストラリアの工作員に捕まってしまった時には五十里を危険な目に合わせたことに号泣していた。

摩利を凌ぐほどの実力者だと評価をされていたが作中での活躍などを評価すると摩利の方が戦闘力は高いと思われるため順位も下位

だが、五十里と比較すると五十里以上の戦闘力を持っていると思われるので順位も上。

 

 

 

第42位 吉田幹比古

*出典元:Twitter

【精霊魔法(神祇魔法)】と呼ばれる系統外魔法を継承している【吉田家】の次男で兄よりも高い実力を持っている人物。

神童と評価されるほどの実力を持っているが【星降ろしの儀】で魔法力をほとんど失っている。

失ってしまった力を取り戻そうと焦っていたが九校戦で達也のアドバイスを受けたことでスランプを克服し、かつてよりも魔法を使いこなせるように急激に成長した。

達也のアドバイスのおかげで自身も力も取り戻しているので達也に深い恩義を感じている。

達也から【封玉】の完成のための修練を頼まれており、パラサイト化したアークトゥルスを封印するための戦闘にも参加しており、アークトゥルス4体を封印術式で封印することに成功している。

日頃から古式魔法師として努力をし、現代魔法の勉強も頑張っている人物で筆記試験では、達也と深雪に次いで3位という成績を残している

魔法だけでなく、格闘能力も高く強い。

作中での活躍や神童と呼ばれていることから高い実力を持っていることは確実だが達也や深雪と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位

 

 

 

第41位 渡辺摩利

*出典元:matome.naver.jp

渡辺鋼の末裔の【渡辺家】出身で突出した才能を持っている人物。

対人戦等のエキスパートでさらに気流を操作することで特定の対象にのみ薬物を経鼻投与する技術も持っている

十文字や真由美と共にディオーネ―計画に達也を参加させるように説得に行ったが、交渉が決裂し、戦闘になった。

自身は、戦闘に介入しないようにしていたが、達也の攻撃で十文字が重傷を負ったことと真由美の攻撃が無力化されたことで戦闘に参加するも深雪の領域干渉を受けていたことで魔法を使うことができず、ナイフでの物理攻撃を行うがこれも無力化されてしまい、最後は水波に阻止されている。

その後、十文字が降伏したことで自身も敗北を認めている。

達也と深雪との戦闘から2人よりも戦闘力は低いことは確実で順位も下位

さらに、十文字や真由美と比較しても戦闘力は低いことは確実なので順位も下位となっている。

 

 

 

第40位 藤林響子

*出典元:Twitter

古式魔法の名門である【藤林家】の人物で【独立魔装大隊】に所属している。

電子や電波に干渉することのできる術式の扱いに長けていることから【電子の魔女(エレクトロン・ソーサリス)】という二つ名を持っている

電子や電波に干渉することが得意な為、戦闘員というよりは諜報員として活動していた。

戦闘力に関すれば幹比古や摩利よりも高いように思われるが能力が戦闘向きではないことから達也や深雪と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下

【独立魔装大隊】の風間たちと比較しても戦闘力は劣るので順位も下位。

 

 

 

第39位 吉祥寺真紅郎

*出典元:blogs.yahoo.co.jp

【カーディナル・ジョージ】という二つ名を持っている人物で【第三高校】の生徒

13歳の時には、基本コードの【加重系統プラスコード】を発見しており、周囲から天才と評価されていた

魔法学に関しては絶対的な自信を持っていたが達也と出会ったことで何度も敗北感を味わっている。

大亜連合との戦闘で勝利した新ソ連軍へ対応するために達也に提供された海上用超広域【海裂】の基本設計を元に戦略級魔法【海爆(オーシャン・ブラスト)】を完成させ、佐渡島に侵攻してきた新ソ連軍を撃退している。

戦闘というよりは、技術者てきな人物で魔法学に関する知識はトップクラス

だが、達也に何度も敗北しているので達也よりも戦闘力も知識も劣ってしまう為、順位も下位。

将輝と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

第38位 桜井水波

*出典元:Twitter

【障壁魔法】を得意としている人物で調整体魔法師【桜】の第2世代で深雪のガーディアンを務めている。

単一障壁の性能だけなら十文字にも負けないほどの実力を持っており、ガーディアンとして養成されていることから高い戦闘力を持っている

真夜の使命を受けたことで高校入試では、自身の実力を抑えていた。

達也や深雪と比べると戦闘力は劣ってしまうが他の人物たちと比較しても高い戦闘力を持っていると思われていたが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこのくらいの順位もが妥当

戦闘では、達也が敵を制圧し、自身が深雪を障壁で守護するという役割分担をしていた

達也と深雪に基本的には従順だったが達也の世話を焼きたがる深雪とは、よく主導権争いを行っていた。

 

 

 

第37位 千葉寿和

*出典元:ランこれ

【千葉家】の長男で警察省のキャリア組。

愛刀【雷丸】を駆使し、千葉家の秘剣【斬鉄】を使用し、奥義に【迅雷斬鉄】を持っている

めんどくさがりの性格でよく、部下の稲垣から注意を受けている。

弟の修次との戦闘力の差を理解しており、何とか差を埋めようと努力を積み重ねてきた。

箱根での事件の際には、顧傑の手によって傀儡にされており、達也を襲撃した。

達也との戦闘で心臓に刻まれていた傀儡の術式を破壊されたことで解放されているが力尽きている

傀儡になってしまった状態だが達也との戦闘で敗北しているので達也よりも戦闘力は低いため、順位も下位。

弟の修次と比較しても戦闘力は劣ってしまうので順位は下位。

 

 

 

第36位 十三束鋼

*出典元:ランこれ

【百家】の中でも高い実力と【錬金】の異名を持つ【十三束家】出身の人物

マーシャル・マジック・アーツという魔法と徒手格闘術で校内でも高い実力を持っている

身体は小さいが高い身体能力とマーシャル・マジック・アーツを駆使し、作中でも活躍していた。

サイオンを引き寄せる体質で身体が密着する範囲でしか魔方式を展開できないがゼロ距離なら最強と言われており、【Range Zero】という異名を持っている

達也を探している深雪と戦闘を行おうとしたが水波が深雪の代わりに鋼と戦闘を行っている。

高い身体能力とマーシャル・マジック・アーツで水波を苦しめていたが最終的には、水波に敗北している

登場人物の中でも高い戦闘力を持っているように思われたが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとこの順位が妥当。

水波との戦闘で敗北しているが総合的な評価をすると水波よりも戦闘力は高いと思われるので順位も上

達也と比較すると達也がチート級に強いので順位もかなり下。

 

 

 

第35位 千葉エリカ

*出典元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

1年生の時に達也と同じクラスだった人物。

テニス部に入部しているが全く部活には顔を出していなかった。

【剣の魔法師】という異名を持っている百家本流の一つの【千葉家】の次女。

達也が四葉家の関係者であることが分かったことで幹比古と美月が達也から距離を取るようになったのを見て、2人に激怒し、今まで通り友達として付き合っていくように説得していた。

剣術の腕前は、かなり高く、千葉家の中でもトップクラスの実力者

【秘剣・山津波】を習得するために長い時間をかけ、修行を行っており、【大蛇丸】を使いこなせるようになっている。

千葉家の中でも高い実力を持っているので兄の寿和よりも戦闘力は高いと思われるので順位も上。

速さにおいては、作中でもトップクラスに入ると達也も言っていた

千葉家があまり外にエリカを外に出さないため、【千葉家の秘密兵器】や【千葉の幻剣姫】と噂されていた

達也や深雪と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位もかなり下だが幹比古たちと比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上。

 

 

 

第34位 黒羽亜夜子

*出典元:Yahoo!ゲーム – Yahoo! JAPAN

【四葉家】の分家の【黒羽家】の長女で【極致拡散】や【疑似瞬間移動】などの魔法を得意としている。

中学生の時から情報収集や交渉などを行っており、九島烈を相手にしても任務を成功させている

【第四高校】に所属しており、魔法力とルックスから第四高校のアイドル的な存在になっている。

達也が国防軍情報部に狙われた時には、真夜の情報提供以外では、救助できないことを深雪に伝えるが深雪が憤慨し、魔法を暴走させた。

深雪の前では、平静を装っていたが一人になった時には、腰を抜かし、深雪の強さに戦慄を抱いていた。

烈と食事をしていた時に光宣が奇襲を仕掛けてきており、文弥と共に振り切っているが烈が力尽きたことと光宣を逃がしてしまったことを悔いていた。

幼いころから様々な任務を成功させていることから実力の高さは分かるが戦闘力で見るとこのくらいの順位が妥当

深雪の力を見たことで腰を抜かしていることから深雪よりも戦闘力は低いことは確実

文弥と比較しても文弥が戦闘を担当しているところを見ると文弥よりも戦闘力は低いと思われるので順位も下位。

 

 

 

第33位 黒羽文弥

亜夜子や貢と同じく、【黒羽家】の人物で深雪に次いでNo.2の【四葉家】の次期当主候補だったが深雪が正式に指名されたことで【黒羽家】の次期当主となっている。

亜夜子と一緒に行動していることが多く、女性的なルックスから女装をさせられることも多かった。

作戦では、亜夜子が諜報を担当し、戦闘は文弥が担当するように形になっているため、亜夜子よりも戦闘力は高いように思われる

【第四高校】に進学しており、亜夜子と同じようにアイドル的な存在になっているが自身は、達也のようなクールで頼りがいのある男を目指している。

真夜の指示で列に光宣の情報を伝えるために会合を行っていたが光宣が攻撃を仕掛けたことで戦闘になる。

亜夜子と一緒に戦闘を行うことで【ダイレクト・ペイン】で光宣を追い詰めてったがパラサイドールを解放されたことで窮地に陥ってしまう

亜夜子と何とか切り抜けているが列を倒されたことを悔いていた。

精神干渉系に適性を持っており、【ダイレクト・ペイン】で相手の感覚に直接痛みを与えることが可能

亜夜子と比較すると自身が戦闘を主に担当していることから亜夜子よりも高い戦闘力を持っていることは確実。

光宣との戦闘では、一時は追い詰めていったが最終的には敗北しているため、光宣よりも戦闘力は劣ると思われるので順位も下位

達也と比較しても戦闘力は劣るので順位も下位。

達也の影響を大きく受けているので最初は列のことを老師と呼んでいたが達也が閣下と言っているのを聞いたことで自身も閣下を呼ぶようになっていった。

 

 

 

第32位 黒羽貢

【四葉家】の中で諜報や工作を担当している分家の筆頭【黒羽家】の当主で文弥や亜夜子の父親にあたる人物。

文弥や亜夜子を溺愛しているが部下に対しては非情になれる人物で時には部下を簡単に見限ることもあった。

精神干渉系の魔法に適性があり、【毒蜂】の開発を行っていた

【毒蜂】は、対象者に針を刺すことで痛みを増幅させることで対象者を倒すという術で貢だけが使える術ではなく、黒羽家の実働部隊がよく使用していた。

トーラス・シルバーの正体が達也と分かった後には、真夜に達也を四葉家から出すことに対して懸念し、提案するために新発田に協力を持ちかけたが断られてしまっている。

上記で書いたように【毒蜂】を使用し、戦闘力の高さを見せていたが真夜や達也、深雪と比較すると戦闘力は低いことは確実なので順位も下

だが、文弥と亜夜子と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上。

 

 

 

第31位 七草真由美

*出典元:キャラ人

十師族の【七草家】の出身で生徒会長を務めていた人物。

七草家には苦手な系統が無いことで【万能】という異名を持っており、遠隔精密射撃魔法に関しては、高い実力を持っており、世界でも5本の指に入ると言われている

自分から離れたポイントから氷などを生成し発射する【魔弾の射手】を取得しており、これにマルチスコープを併用することで精度を向上させている。

自分のスタイルやルックスには、自信を持っていたようだが深雪と出会ったことで自信を失っている。

日本が世界から孤立しないために達也にディオーネ―計画に参加するように十文字と共に説得に向かったが達也と戦闘になっている。

最初は手を出さずに見ていたが十文字が達也の【バリオン・ランス】を喰らったことで戦闘に参加し、【ドライ・ミーティア】を放ったが深雪に完全に防がれてしまっている

その後は、十文字が達也に敗北を認めたため、完敗している。

上記のことから高い戦闘力を持っていることは確実で生徒としてはかなり上位にランクイン

だが、達也と深雪との戦闘から2人よりも戦闘力は低いことは確実なので順位も下位

エリカや十三束と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上だが十文字と比較すると戦闘力は劣ると思われるので下位。

 

次のページでは、魔法科高校の劣等生強さTOP30を発表!

 

スポンサードリンク

 

> 続きを読む 

-魔法科高校の劣等生
-

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリー