ログ・ホライズン

ログ・ホライズン強さランキング【最新決定版】最強の人物を遂に決定!

投稿日:

 

 

スポンサードリンク

 

 

第24位 カラシン

【第8商店街】という生産系ギルドのギルドマスターを務めている人物。

交友関係が広く、フレンドリストも上限まで迫っている。

【生産系ギルド連絡会】やイベント開催などで忙しくしており、身動きが取れなくなってしまうことも多かった。

【口伝・マルチライン】を持っている。

戦闘系の人物ではないのでそこまで実力も高くないのでこの順位

 

 

 

第23位 ヘンリエッタ

マリエールとは学生時代からの友人で彼女と共に【三日月同盟】を取り仕切っている会計係りの人物。

悪だくみをする時にはシロエと話が妙に通じ合っており、シロエのことを『真っ黒クロエ様』と呼び、信頼している。

レベルは90だが戦闘に関してはそこまで得意でないと思われるのでこの順位

マリエールと比較すると僅かだが実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第22位 マリエール

【三日月同盟】のギルドマスターで優しい性格をしている人物。

【呼び声の砦】攻略時にはレベル91だが戦闘力に関してはそこまで高くないと思われるのでこの順位

シロエたちと比較すると実力も劣ってしまうので下位。

 

 

 

第21位 ルンデルハウス=コード

貴族風の人物でプライドが高く高慢。

ソロプレイヤーだったが夏季合宿でミノリたちとパーティを組んでいた。

当初は、敵が向かってくることで逃げ回っていたがミノリの提案を受けたことで自分の役割を理解し、ダンジョン制覇している

【セルデシア世界】では唯一の【大地人出身の冒険者】。

人知れず努力をしており、エレイヌス戦時点でのレベルは61にまで上がっていた。

作中で成長していっているが総合的な評価をするとこのくらいの順位

ミノリやセララたちと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第20位 五十鈴

https://twitter.com/tan_nyon/status/1184484318216949761

トウヤやミノリ同様に【ハーメルン】に在籍していたが後に【三日月同盟】に入り、ルンデルハウスを追って【記録の地平線】に加入している人物。

歌うことや楽器を演奏することが大好きで大地人の協力で運営している【ブルームホール】で定期的にライブを行っている。

職業は【吟遊詩人(バード)】で扱っている武器は両手槍(遠吠えの槍)。

自分が歌うことで大地人に影響を及ぼしていると悩んでいたがその悩みも吹っ切り、【鋼尾翼竜(ワイヴァーン)】に襲撃された時に歌った歌がセルデシア世界に認められている。

戦闘力はそこそこある方なのでこの順位。

ルンデルハウスと比較すると強いので上位だがセララやトウヤたちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第19位 セララ

【三日月同盟】の初心者プレイヤーでレベルの低いプレイヤーにも親身になって働くため周りの人たちからも信頼されている人物。

大災害の直前にススキノに買い出しに来ており、孤立してしまい【ブリガンティア】に捕まりかけているところをにゃん太によって救われている。

エレイヌスとの戦闘時にはレベル60になっており、トウヤやミノリと共にサブ楽器を引き受けていることが多い。

ウルフという灰色の狼と契約をしている。

戦闘力はあまり高くない方なのでこの順位。

にゃん太たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第18位 トウヤ

ミノリの双子の弟でミノリと同じように【ハーメルン】から救出されたことで【記録の地平線】に加入している。

作戦を立てることなく突進をしてしまう人物だが徐々にレベルも上がっていき、エレイヌス戦ではレベル63になっている。

シロエや直継のことを慕っており、師匠と呼んでいる。

戦闘力はそこそこ高いが総合的な評価をするとこのくらいの順位が妥当

シロエやミノリと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第17位 ミノリ

トウヤの双子の姉でトウヤ同様に【ハーメルン】から【記録の地平線】に加入した初心者プレイヤー。

【大災害】直後に全財産を失うという災難に遭っているがシロエに救出されている。

登場当初は、自分がプレイヤーの中でも最弱ということにコンプレックスを覚えていたが仲間の特性を理解し、回復の合間にメンバーに指示を出すことで戦力となっている。

チョウシ防衛戦では、シロエの【全力管制戦闘】を模倣して見せていた。

エレイヌス戦では、レイドリーダーとして指揮を執り、【略式・フルコントロールエンカウント・リミテッド】を発動させ、エレイヌスに勝利している。

最初は、最弱のプレイヤーだったが物語が進むにつれ成長していき、強くなっている。

トウヤ以上の強さを持っていると思われるので上位

だが、シロエやにゃん太と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

スポンサードリンク

 

第16位 小竜

【三日月同盟】の戦闘班長を務めている人物。

【雷爪・風牙】という直剣の二刀流だが戦闘では小盾に片手剣などの装備で挑むこともある。

サファギンが襲撃してきたときにはカワラ、シゲル、昨日のワンコとともに急造チームながらも新人たちが逃げるまでの時間稼ぎをし、活躍していた。

戦闘力もそこそこ高い方なのでこの順位だがにゃん太やイサミと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第15位 カワラ

https://twitter.com/hunter_sbs/status/1244991649375117313

【西風の旅団】のメンバーでソウジロウのことを師匠と呼んでいる人物。

ソウジロウと一緒に修業というよくわからない特訓を行っている。

レベルも90と高く、戦闘力もそこそこ高い人物

だが、ソウジロウやナズナと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第14位 イサミ

【西風の旅団】のメンバーでソウジロウ優先主義のメンバーたちの中でももっと常識人。

真面目でしっかりした性格をしてるが気が弱く、怖気づいてしまうこともある。

戦闘力もそこそこ高く、レベルも90。

だが、ソウジロウやナズナと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第13位 ナズナ

ソウジロウと同じく【放蕩者の茶会】の元メンバーで今では【西風の旅団】のメンバー。

ソウジロウの保護者のような立場でソウジロウに説教をできる人物。

リーゼたちと共にアカツキたちにも説教を行っており、【口伝】を習得させるための訓練にも参加していた。

ダメージ遮断魔法【禊の障壁】を足場に使い移動する【口伝・天足通】を習得している。

戦闘力もそこそこ高い人物だがソウジロウと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第12位 飛燕

https://twitter.com/383jp/status/436507573374566400

【三日月同盟】のメンバーで大型のクロスボウを得意としているスナイパー。

レベル90に到達している人物で戦闘力はそこそこ高い。

シロエたちと比較すると実力は劣ってしまうが小竜と比較すると強いと思われるので上位

 

 

 

第11位 アカツキ

https://twitter.com/Roxas_2205/status/1015249560371789826

人付き合いが苦手な真面目な性格をしている人物。

男性アバターを使用していたので【大災害】以降性別不一致に悩んでいたがシロエが【外観再決定ポーション】によって救われている。

この一件以降シロエを『主君』と呼び慕っており、シロエに恋心を抱いている。

大規模戦闘の経験がなく、他の冒険者よりも実力が劣ると気にしていたが【隠行術(ハイド・シャドウ)】を進化させ【影遁(シャドウ・ラーク)】を取得し、戦闘能力を向上させている

戦闘力はそこそこ高い方だがシロエやにゃん太と比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第10位 シロエ

https://twitter.com/fullmoon_LUNA_/status/1197898429462040577

かつて伝説的なプレイヤー集団【放蕩者の茶会】の参謀を務めていた人物で頭の回転が速い。

本作の主人公で用意周到で何事にも計画を立てて行動を行う。

目的の為なら手段を選ばない為、周りから誤解されてしまうこともしばしばあり、周囲の人物からは【腹ぐろ眼鏡】と呼ばれている。

人間関係による束縛を嫌っており、当初はギルドに所属することを嫌がっていたが大災害の経験を経て、アカツキや直継たちと【記録の地平線】を設立している。

その後は、ギルドマスターを集めた【円卓会議】を設立している。

【付与術士(エンチャンター)】で敵味方のリソース変動を把握し、予測して戦闘を行う【全力管制戦闘(フルコントロールエンカウント)】を得意としている。

人気のない【付与術士(エンチャンター)】でありながらもトッププレイヤーからも注目されている人物で高い実力を持っていることは確実

だが、クラスティやにゃん太と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第9位 てとら

【記録の地平線】のムードメーカーで美少女アイドル冒険者。

シロエたちがススキノの街にやってきた際に直継に勧誘されたことでギルドに参加している。

常にオーバーリアクションでアホっぽいが回復役としての活躍は目を見張るモノがる。

戦闘力はシロエ以上のモノを持っていると思われるので上位だがデミクァスと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第8位 デミクァス

ススキノを暴力で支配していた【ブリガンティア】のギルドマスター。

自分の思いのままにできる世界と思っており、冒険者。大地人関係なく、暴虐の限りを尽くしていた。

セララに執着していたがにゃん太が乱入し、【三日月同盟】の依頼を受けたシロエの【ソーンバインド・ホステージ】とにゃん太の攻撃を喰らい敗北している

その後は、弱体化しているがススキノに滞在していたがウィリアムにボコボコにされてしまう、ウィリアムの下についている。

シロエたちが【パルムの深き場所】のさらに奥を目指すために【シルバーソード】に依頼したことで増員メンバーとして同行している。

シロエへの復讐心などで身勝手な行動を取っているが最後はシロエと話し合い、折り合わないという結果に至っている。

戦闘力もそこそこ高い人物なのでこの順位。

シロエやアカツキと比較しても実力は高いと思われるのがにゃん太やウィリアムと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第7位 直継

元は【放蕩者の茶会】のメンバーで2年のブランクがあっても【守護戦士(ガーディアン)】の実力は全く衰えていない。

シロエとはリアルでもあったことのある人物でシロエのことを信頼しており、彼の行動を応援している。

作中でも高い実力を持っているのでこの順位だがにゃん太と比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第6位 カナミ

【放蕩者の茶会】の元リーダーを務めていた人物でリアルの事情で【エンダー・テイル】から離れていたが再度復帰している。

【大災害】に巻き込まれたことで日本サーバーを目指して旅をしていた。

中国サーバーに辿り着いた時には通信局跡を使い、シロエと接触を図っており、シロエに『現実世界とセルデシアを行き来する方法を探す』という新たな選択肢を提示している。

戦闘能力も高く、複数スキルを圧縮し、組み合わせる【コンプレッション・コンボ】を使用しており、ゲーム時代には成立しないコンボを発動させ驚異的な攻撃力を見せていた

作中でもトップクラスの実力者なのでこの順位だがにゃん太やクラスティと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

次のページでは、ログ・ホライズン強さランクTOP5を発表!

 

スポンサードリンク

 

 

> 続きを読む 

-ログ・ホライズン
-

執筆者:

カテゴリー