イナズマイレブン

イナズマイレブン強さランキング【最新決定版】

投稿日:2020年8月1日 更新日:

 

スポンサードリンク

 

第74位 狸ヶ原ぽん子

【利根川東泉中学校】サッカー部に所属している人物で『謎のぽんぽこガール』という異名を持っている人物。

円堂たちと一緒にサッカーがしたいと思ったことで人間に化けたたぬき。

サッカーをしているところを目撃され、入部希望者と勘違いされたことでサッカー部に所属することになっている。

素早くキレのある動きが特徴的でたまにトリッキーなプレイも魅せている。

サッカーの実力で見ると円堂たちよりも遥かに劣ってしまうので順位も下位

 

 

 

第73位 下鶴改

【御影専農中学校】サッカー部のキャプテンを務めている人物で『データの闘将』という異名を持っている人物。

「パトリオットシュート」という必殺技を持っており、異名からもわかるように分析能力に長けている人物

技術や身体能力はそこそこ高い方だが円堂たちと比較すると実力は遥かに劣ってしまうので下位。

 

 

 

第72位 岩垣登郎

【美濃道三中学校】サッカー部の10番を背負っている人物でキャプテンを務めている。

マッチョで豪快なプレーをしそうだが細かな指示を出し、チームを勝利に導くという繊細なプレーを見せていた。

実力で見ると円堂や豪炎寺よりも劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第71位 奥入祐

『ザ・ラビリンス』や『スーパースキャン』という必殺技を持っている『チームの分析屋』。

【伊那国・雷門中学校】のサッカー部に所属している。

万作や道成よりも実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第70位 歩星呑二

【世宇子中学校】サッカー部に所属している人物でGKを務めている。

兄の呑一と同じく実力は高い。

『DJ』と呼ばれている。

高い実力を持っていることは確実だが同じチームのアフロディと比較すると劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第69位 早乙女聖也

【星章学園】のサッカー部に所属している人物で卓越したサッカーセンスを持っている人物。

攻撃、守備ともに活躍しており、カッコいいプレースタイルと女のことも見間違うルックスから女子からの人気を独り占めしている。

作中での活躍からも高いサッカーセンスを持っていることは確実だが円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

異名は、『スピカのきらめき』。

 

 

 

第68位 佐曽塚瑛士

『トゲトゲミッドフィルダー』という異名を持っており、特徴的なトゲトゲの髪型をしている。

誰からも好かれる性格をしており、チームのムードメーカー的な存在。

【星章学園】のサッカー部に所属しており、必殺技は、『ブリリアントムーヴ』や『デスゾーン』。

円堂や水神矢と比較すると実力は劣ってしまうので下位だが早乙女と比較すると僅かだが実力は高いと思われるので上位にランクイン

 

 

 

第67位 折尾冬輝

【星章学園】のサッカー部に所属している人物で鋭い目つきで相手を捉え、一瞬で抜き去ることから『狩人の眼光』という異名を持っている。

10番を背負っており、チームではエース的な存在

サッカーセンス・技術は申し分ないが総合的な評価をするとこの順位。

早乙女たちと比較すると実力は高いと思われるので上位だが円堂や灰崎と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第66位 武方努

【木戸川清修中学校】のサッカー部に所属している人物で『絆の特攻隊長』という異名を持っている人物。

3つ子の驚異的なコンビネーションを活かし、活躍していた

だが、総合的な評価をするとこのくらいの順位で友や勝と比較しても実力は僅かに劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第65位 武方友

【木戸川清修中学校】のサッカー部に所属している人物で『絆の精神力』という異名を持っている

兄弟のコンビネーションで驚異的だったがこの順位にランクイン。

勝と比較すると実力は劣ってしまうが努と比較すると実力は高いと思われるので上位。

 

 

 

第64位 武方勝

【木戸川清修中学校】のサッカー部に所属している人物で『絆の司令塔』という異名を持っている人物。

『バックトルネード』や『トライアングルZ』という異名を持っており、実力もそこそこ高い。

円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位だが友や努と比較すると僅かだが実力は高いと思われるので上位

 

 

 

第63位 源田幸次郎

【帝国学園】のキーパーを務めていた人物で『パワーシールド』や『ドリルスマッシャーV2』という必殺技を持っている。

全国No.1の実力を持っているキーパー。

鬼道とは仲が良い。

不動のエイリア石の影響で洗脳され、【真・帝国学園】のメンバーとなっており、ビーストファングを使いすぎた為、怪我を負っている

全国No.1キーパーと呼ばれるほどの実力者だが円堂たちと方が技術・身体能力共に優れていると思われるので順位も下位

 

 

 

第62位 佐久間次郎

【帝国学園】のサッカー部に所属している人物で鬼道の参謀役として活躍していた。

鬼道と同じく雷門中を見下していたがサッカーを通じて次第に本当のサッカーを取り戻すようになっている。

不動の持っていたエイリア石で心の隙を突かれてしまい、洗脳されてしまっている。

後に雷門と試合を行っており、鬼道にボールをぶつけるなどラフプレーをしていたが『皇帝ペンギン』を多用しすぎたことで怪我をしてしまい戦線離脱している。

鬼道の参謀役を務めていたことから実力が高いことはわかるが他の人物たちが成長していったことでこの順位

鬼道と比較すると技術も劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

第61位 日和正勝

【伊那国・雷門中学校】でDFを務めている人物。

『シューティングカット』や『フラッシュダンス』という必殺技を持っており、そこそこの実力者

のりかや円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第60位 道成達巳

『慎重派キャプテン』というキャッチコピーを持っている人物で【伊那国・雷門中学校】のサッカー部のキャプテンを務めている人物。

慎重すぎる性格と「伝説のキャプテン」と呼ばれる円堂との差を見せつけられることで自分はキャプテンの器ではないと悲観していたが円堂に相談したことで円堂からげきれいを受け、過去の監督の言葉を思い出し、前を向くことに成功している。

結果ばかり求め殺伐とした空気になってしまったチームを再びサッカーを楽しむことを思い出させ、チームを1つにまとめている

自身は、キャプテンの器ではないと悲観していたがチームを1つにまとめていることから高い実力を持っていることは確実

だが、円堂たちと比較するとまだまだ実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第59位 服部半太

【伊那国・雷門中学校】のサッカー部に所属している人物で名前からも想像できるように『忍者走法』というキャッチコピーを持っている。

通信講座を駆使することで忍者検定1級にも合格するほどの実力者で身体能力はかなりのモノ

だが、サッカーの実力で見ると万作たちに劣ってしまうと思われるので順位も下位。

 

 

 

第58位 天野政道

『もじゃもじゃのパワーキーパー』という異名を持っている人物で【星章学園】のサッカー部に所属している。

もじゃもじゃと呼ばれる髪型が特徴的で体格も良い。

『もじゃキャッチ』や『デスクレーター』という必殺技を持っている。

圧倒的なパワーを持っており、ランキングにもランクインしているが円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第57位 壁山塀吾郎

【美濃道三中学校】のサッカー部に所属している人物で雷門中からの強化委員を務めていた。

『心優しき巨人』という怪物みたいな異名を持っている

雷門戦の直前に怪我をしてしまったことで試合には出場していない。

フットボールフロンティア終了後には、雷門に戻っている。

DFとして活躍しており、高い守備力を持っているのでランクインしているが円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位

 

 

 

第56位 白兎屋なえ

【白恋中学校】サッカー部に所属している人物で『しろうさぎ本舗』の令嬢。

『白恋のプラチナスノー』という異名を持っており、楽しそうにサッカーをしているチームを見たことで陸上競技からサッカー部に転向している。

『シロウサギダッシュシュート』という必殺技を持っている。

陸上では、驚異的なスピードを持っており、100mの小学生記録も更新している。

高い身体能力で活躍している為、見事ランクイン

だが、技術面においてはまだまだなところがあるのでこの順位。

 

 

 

第55位 緑川リュウジ/レーゼ

【ジェミニストーム】のキャプテンを務めている人物で敗者には厳しい性格をしている。

だが、エイリア学園に在籍しているときには無理してキャラを作っており、普段は明るい性格をしている。

雷門がエイリア学園と試合をした際に一番最初に対戦しており、勝利しているが3度目の試合の際に敗北している。

雷門との試合に敗北したことでエイリア学園を追放されてしまっている

雷門との試合で2度勝利していることから技術が高いことがわかるが最終的には敗北しているのでこの順位

 

 

 

第54位 染岡竜吾

風丸同様過去に【雷門イレブン】にいた人物で今では【ダークエンペラーズ】の副キャプテンとして活躍している。

エイリア石の影響で強力なストライカーとして成長しており、円堂や壁山を吹っ飛ばすほどの力を手に入れている

吹雪にシュートを防がれそうになったが吹雪も吹っ飛ばし、さらに立向居の『ムゲン・ザ・ハンド』も破っている。

エイリア石で強力な力を手に入れているのでもっと上位にランクインするかに思われたが総合的な評価をするとこのくらいの順位

キャプテンを務めている風丸と比較すると技術や身体能力が劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

第53位 アンドレアス・ベボ

サウジアラビア代表【アラブの火の鳥軍団】のFWを務めている人物で『灼熱のファイアバード』という異名を持っている。

オリオンの使徒の1人で高い身体能力と技術を持っている。

『バーニング・火の鳥』という必殺技を持っているがフェイントを仕掛ける際、自分が動こうとしている方の手が動いてしまうという弱点がある。

この弱点があるのでアナハンと比較しても実力は僅かに劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第52位 アナハン・イムス

ウズベキスタン代表【エターナルダンサーズ】のキャプテンを務めている人物。

『密かなるタフソルジャー』という異名を持っており、無限のスタミナと驚異的なスピードを武器にしている。

オリオンの使徒の1人で高い実力を持っているが豪炎寺たちと比較すると実力は豪炎寺たちの方が高いと思われるので下位

 

 

 

第51位 砂木沼治

【永世学園】サッカー部に所属している人物でGKを務めている。

『熱き逆境キーパー』という異名を持っており、相手を煽るというプレイスタイルをしている。

まだまだプレイにムラがあり、良いときと悪いときの差がある。

高い実力を持っているが常にそれを出せ続けていない為、この順位

 

 

 

第50位 ネロ/根室君之

エイリア最強のチーム【ザ・ジェネシス】のGKを務めている人物。

圧倒的なジャンプ力を持っており、どんなシュートにも飛びつくことができる。

吹雪の『エターナルブリザード』を必殺技を使わずに止めている。

高い実力を持っていることは確実なのでこの順位だが円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうとので下位

 

 

 

第49位 坂野上昇

【利根川東泉中学校】サッカー部に所属している人物で『ミラクルリベロ』という異名を持っている。

氷浦の『氷の矢』を会得するために特訓を行っており、オーストラリア戦ではこれを披露し、ルシ・ファノスを戦線離脱させている

円堂が雷門に戻ることに伴って、【利根川東泉中学校】サッカー部のキャプテンになっている。

円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうので順位も下位。

 

 

 

第48位 万作雄一郎

【伊那国・雷門中学校】サッカー部に所属している人物で『俊足ディフェンダー』というそのままの異名を持っている。

DFとして試合に出場しており、俊足を活かしたプレスの速さや裏に抜けたボールのカバーなどに定評があった

実力もそこそこ高いため、日和たちと比較しても順位も上位だが円堂やのりかと比較すると実力は劣ってしまうので下位。

 

 

 

第47位 パズズ・ザハム

オーストラリア代表【シャイニングサタンズ】のGKを務めている人物。

『太陽のギロチン』という必殺技を持っているがサタンと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第46位 ペク・シウ

韓国代表【レッドバイソン】の10番を背負っている人物で『超速の赤き猛牛』という異名を持っている

オリオンの使徒で勝利の為なら手段を選ばない人物。

『レッドブレイク』や『バイソンホーン』などの必殺技を持っており、高い実力を持っているのでこの順位。

円堂や豪炎寺と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。

 

 

 

第45位 岩戸高志

【伊那国・雷門中学校】のサッカー部に所属している人物で万作たちと同じくDFをしている。

『防衛タワー』と呼ばれるほどの防御力を持っており、ゴーレムという名に恥じない活躍をしている。

防御力はチーム1と呼ばれるほどのモノがあるが三半規管が弱いからか乗り物に酔ってしまうという弱点があった

だが、コーヒーカップ1000本ノックという驚異的な特訓のおかげで酔わずにコーヒーカップに乗ることに成功している。

高い防御力でチームを引っ張っている為、実力は高い方なので順位もこのくらい

万作や服部たちと比較しても実力は高いと思われるので上位。

 

 

 

第44位 サタン・ゴール

オーストラリア代表【シャイニングサタンズ】のキャプテンを務めている人物で『3つの顔の幻術師』と呼ばれている。

オリオンの使徒の1人で異名からもわかるように3つの人格を持っている。

試合終盤には、3つの人格を切り札として使用しようと試みたが不発に終わってしまっている。

オーストラリア代表のキャプテンを務めるほどの実力者なので技術や身体能力はかなり高い

だが、円堂たちと比較すると劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第43位 クン・フーチェ

中国代表【足球雑技団】のGKを務めている人物で『龍神鉄扇』という必殺技を持っている。

強力な必殺技を持っているのでこの順位にランクインしているがGKとしては円堂の方が技術は高いので順位も下位

 

 

 

第42位 シン・レウォン

韓国代表【レッドバイソン】のGKを務めている人物で『ファイヤウォール』という必殺技を持っている。

作中でもそこそこの実力を持っているのでこの順位で円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位

 

 

 

第41位 リ・ハオ/無敵ヶ原富士丸

中国代表【足球雑技団】の9番を背負っている人物で『曲芸サッカー師』という異名を持っている人物

エースストライカーとして活躍しており、圧倒的なパワーと卓越したテクニックを持っている。

幼い頃に妹のユウと施設で生活をしていたが施設を脱走し、路上で生活しているところで金雲と出会い、弟子になり、中華の星を目指している。

『無敵ヶ原富士丸』という偽名を使うことで日本代表のサポーターに紛れ込んでいた。

日本と中国が試合をすることになったことでイナズマジャパンから去っていき、試合終了後にはイナズマジャパンに戻っている。

圧倒的なパワーと卓越したテクニックを持っていることから高い実力を持っていることは確実だが円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第40位 氷浦貴利名

常にクールに振舞っている人物でキャッチコピーは、『氷の微笑』。

クールにかっこよく振舞っているが実は、天然な性格。

【伊那国・雷門中学校】のサッカー部に所属しており、『氷の矢』や『氷の槍』という必殺技を持っている。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実で技術・身体能力共に良いものを持っている

だが、円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位だが万作たちと比較するとサッカーは上手いと思われるので上位

 

 

 

第39位 不動明王

【真・帝国学園】のキャプテンを務めている人物でモヒカン頭をしている。

『キラーフィールズ』という必殺技を持っており、実力も高い。

勝つためには手段を選ばない性格で危険行為も行っていた。

日本代表候補Bチームに選出されており、ファイアードラゴン戦で試合に出場している。

自分勝手なプレーをしていたが鬼道と和解したことで韓国の強力なブロックも打ち破っている

ラフプレーの多い人物だがサッカーの実力は本物でトリックプレーも行うことができる。

鬼道たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位だが染岡などと比較しても技術・身体能力は高いと思われるので順位も上

 

 

 

第38位 ディラン・キース

アメリカ代表【ユニコーン】のエースストライカーで【ミスターゴール】という異名を持っている人物。

必殺技『ユニコーンブースト』という技を持っている。

イナズマジャパンと紅白戦を行っていたが【魔界軍団Z】が襲撃したことで鬼道チームの助っ人として出場しており、アスタロスから得点を奪っている。

テクニック・メンタルともに卓越した才能を持っており、高い実力を持っているのでこの順位

【ユニコーン】のキャプテンを務めているマークと比較すると僅かだが実力が劣ってしまうので下位。

 

スポンサードリンク

 

第37位 土門飛鳥

アメリカ代表に選出されている人物で『サムライ・ディフェンダー』という異名を持っている。

雷門が惨敗したことで一之瀬と共にアメリカに渡っており、アメリカ代表に入っている。

アメリカ代表に入るほどの実力者で強いことは確実なのでこの順位

だが、一緒にアメリカに渡っている一之瀬と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第36位 マーク・クルーガー

【ユニコーン】のキャプテンを務めている人物でアメリカ代表ではスター選手。

イナズマジャパンとの紅白戦では、【魔界軍団Z】が襲撃したことで鬼道チームの助っ人として出場している。

卓越した技術と持ち前のリーダーシップでチームを引っ張っていく人物で高い実力を持っている

ディラン・キースと比較しても実力は高いと思われるので上位にランクイン。

 

 

 

第35位 水神矢成龍

【星章学園】のサッカー部に所属している人物で『クールな熱血キャプテン』という異名を持っている人物。

異名の通り、キャプテンを務めている人物で客観的な視点で物事を見ることが得意でライブラリーとも呼ばれていた。

ブラジル戦直前には、純粋なブラジルチームを逆手に取り、反則プレイのフリをする「マリーシア」を提案していた。

高い脳力を持っており、様々な分析ができることからこの順位にランクインしているが円堂や剛陣たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第34位 基山タツヤ/基山ヒロト/グラン

【ザ・ジェネシス】のキャプテンを務めている人物でエイリア学園の最強の戦士の一人。

冷めた態度で接していたが円堂たちと一緒にサッカーをすることで次第に明るくなっていき、サッカーを心から楽しむようになっている。

アニメでは、日本代表Aチームにも選出されており、技術・身体能力だけでなく脳力も優れている。

作中では、『天空落とし』でロココの『ゴッドハンドX』も打ち破っている。

高い実力を持っていることは作中での活躍から確実で上位にランクイン

だが、円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。

 

 

 

第33位 ゴラン・ヴェシリア

ロシア代表【パーフェクトスパーク】のGKを務めている人物で『ツーマンデ・ゴラン』という必殺技を持っている。

ロシア代表に選出されていることから高い実力を持っていることは確実だが同じGKでは円堂には劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第32位 ビッグマン

アメリカ代表チーム【ネイビー・インベーダー】のGKを務めている人物で『軍事衛星フォボス』という異名を持っている

高い実力を持っていることは確実だが円堂の方がGKとして実力も高いと思われるので下位。

 

 

 

第31位 西蔭政也

【王帝月ノ宮中】のサッカー部に所属している人物でゴールキーパーを務めている。

『静かなる守護神』という異名を持っており、野坂の参謀役を務めており、野坂と共に世界を変えるために行動している。

『王家の盾』や『アルテミスリング』という必殺技を持っており、ウズベキスタン戦では、諸事情で円堂が出場できない為、ゴールキーパーとして出場しており、前半は2点奪われてしまうが後半では、『アルテミスリング』を使用し、無失点に抑えている。

また、中国戦では、DFとしても出場していた。

GKとDFどちらもできることから高いサッカーセンスを持っていることは確実

だが、円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第30位 吹雪アツヤ

士郎の弟で性格は、士郎と真逆。

士郎と同じチームに所属しており、士郎が奪ったボールを自身が点を決めるというコンビプレイを見せていた。

だが、雪崩事故に巻き込まれてしまったことで幼くして命尽きている。

サッカーの実力も高く、ストライカーとして活躍していたことからこの順位

兄の士郎と比較すると僅かだが実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。

 

 

 

第29位 吹雪士郎

【白恋中学校】サッカー部のキャプテンを務めている人物でチームのエースストライカー。

『ブリザードの吹雪』や『熊殺しの吹雪』という異名を持っており、身体能力も高く、FWとDFの2つのポジションで活躍することができる。

二重人格のような状態でFWの時にはアツヤ主体の性格で言葉遣いが荒くなる。

DFの時には士郎になり、丁寧な言葉遣いをしている。

首に巻いているアツヤの遺品のマフラーを触ることで人格が切り替わる。

ジェネシス戦では、豪炎寺の叱咤激励を受けたことで完璧の意味を理解し、自らマフラーを外し、二重人格が統合され、覚醒している

日本代表にも選出されるほどの実力者で作中でもかなり上位にランクイン。

だが、円堂や風丸と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位

 

 

 

第28位 風丸一郎太

過去に【雷門イレブン】に所属していた人物で後に【ダークエンペラーズ】に加入している。

【ダークエンペラーズ】では、キャプテンとして活動しており、エイリア石の影響を受けたことで常人以上のスピードを手に入れている

【雷門イレブン】にいたことから円堂たちの弱点などを把握しており、試合では圧倒的な強さを見せていた。

さらに驚異的なスピードだけでなく、強力なキック力も手に入れている。

持ち前のスピードを活かした『疾風ダッシュ』という必殺技を持っている

エイリア石の影響で驚異的なスピードを手に入れており、強力な人物。

円堂たちとの試合でも活躍していたが円堂たちと比較すると円堂の方が強いと思われるので順位も下位

 

 

 

第27位 吉良ヒロト

【永世学園】サッカー部に所属している人物で『ゴーストストライカー』という異名を持っている。

地区予選では、得点王という成績を残しているが練習は真面目に取り組まない

試合では、全くパスを出さないというプレースタイルであったがタツヤに促されたことで強力でセンスのあるパスを出すことができるようになっていき、強力な選手に成長していった。

灰崎とは、度々揉めていたが試合中では絶妙なコンビプレイを魅せており、『ゴッド&デビル』と呼ばれ評価されていった。

身体能力、サッカーセンスずば抜けており、高い実力を持っているが豪炎寺たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

飛行機と絶叫マシンが苦手という弱点がある

 

 

 

第26位 鬼道有人

元々【帝国学園】のキャプテンを務めていた人物で非常で冷酷な性格をしている人物。

幼い頃に両親を亡くしたことで妹の春奈と施設で育っていたがサッカーの才能を見出されたことで鬼道財閥の養子になっている。

円堂のことを見下していたが最後まで諦めない円堂姿を見て実力を認め、ライバル視するようになっていく。

帝国学園から雷門中に移籍しており、雷門中でもゲームメーカーとして活躍していた。

技術・身体能力共にトップクラスでゲームを作ることも長けていた

日本代表候補Bチームにも選出されており、キャプテンとして活躍しており、春奈を助けるために魔界軍団Zに勝負を挑んでおり、見事春奈を助けている

頭脳・技術ともに卓越した才能を持っており、高い実力を持っているのでこの順位。

だが、円堂たちと比較すると僅かだが劣ってしまうと思われるので順位も下位。

 

 

 

第25位 ユーリ・ロディナ

ロシア代表【パーフェクトスパーク】に選出されている人物でフロイが自主退場してからはチームのキャプテンとして活躍していた。

プレッシャーがかかる場面になると弱気になってしまうという弱点を持っているが技術や身体能力は本物なのでこの順位

フロイと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第24位 アロンソ・フィビアーノ

スペイン代表【無敵のジャイアント】のGKを務めている人物で相手の目線からシュートコースを読むというプレースタイルをしている。

相手の目線でシュートコースを読み、数々のシュートを防いでいたが剛陣とアツヤの時間差シュートによって破られてしまっている

 

 

 

第23位 一之瀬一哉

『フィールドの魔術師』という異名を持っている人物でアメリカ代表としても登場している。

雷門がバルセロナ・オーブに惨敗したことでアメリカに戻っており、そのままアメリカ代表に入っている。

ゲームメイクに長けており、サッカーIQの高さがわかる。

テクニック、スピード共に優れていることから高い実力を持っていることは確実

だが、クラリオや円堂と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第22位 クラリオ・オーヴァン

スペイン代表【無敵のジャイアント】の10番を背負っている人物でキャプテンも務めている。

『カタルーニャの巨神』という異名を持っており、バルセロナ・オーブとして雷門と試合を行った時にはボコボコにしている

豪炎寺の個人練習を見て、世界レベルと評価をしており、イナズマジャパンを警戒していた。

『ダイヤモンドレイ』という必殺技を持っており、強い。

円堂の『ダイヤモンドハンド』の前に自身の必殺技が防がれてしまっているが回転をかけ、シュートを曲げることですぐに対策をしている。

状況を的確に判断し、緊急事態でもすぐに対処できることからサッカーの実力だけでなく、能力が高いことがわかる

だが、円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

『爆食いのクラリオ』という異名も持っており、めちゃくちゃご飯を食べる。

 

 

 

第21位 コブラ

アメリカ代表【ネイビー・インベーダー】でDFを務めている人物でチームでは中心的な存在。

『カロネード砲』という必殺技を持っており、高い実力を持っているが総合的な評価をするとこの順位

 

 

 

第20位 一星光

ロシアからイナズマジャパンに参加している国家友好親善大使を務めており、『青き一等星』という異名を持っている人物

日本生まれだがオリオン財団によってロシアに連れていかれており、苦境を乗り越えるために強いサッカープレイヤーの亡くなったしまった兄、充の人格と自分の人格を分けてしまい、二重人格となってしまっている。

高い身体能力をもっている充とずば抜けた分析能力を持っている光という2つの能力を兼ね備えたプレイヤーになっている。

試合終了後には、イナズマジャパンを去ろうとしていたが灰崎や野坂に止められたことで野坂の参謀役に就任している。

その後、『タクティクスマスターズ』と呼ばれ、高度な戦術を生み出すことを可能にしている。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実なのでこの順位にランクイン

一之瀬やクラリオと比較しても高い実力を持っていることは確実なので上位だが野坂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第19位 剛陣鉄之助

【伊那国・雷門中学校】サッカー部に所属している3年生で『努力の熱血フォワード』というキャッチコピーを持っている

キャッチコピーに恥じない活躍で決勝戦でも得点を決めたりしている。

世間的に疎い面があり、円堂すらも知らなかった。

野生感が鋭くどんなパスにも反応し、得点を量産していく。

『ファイアレモネード』という必殺技を持っていたが軽いため、登山客の重りを着け、富士山をドリブルしながら登るという特訓を行ったおかげで放つシュートは重たくなり、強力になった。

特訓の成果もあり、強力な選手へとどんどんと成長していっていることでこの順位

円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうので下位だが氷浦たちと比較すると高い実力を持っているので上位。

 

 

 

第18位 灰崎凌兵

【星章学園】の11番を背負っている人物。

『フィールドの悪魔』という異名を持っており、気分屋。

王帝との試合で完敗したことで放心状態になってしまい街を彷徨っていたが雷門の試合を見たことでサッカーに対して純粋な感情を持つようになっていく。

その後は、雷門に転向しており、明日人たちと一緒に決勝戦に挑んでいる。

日本代表にも選出されており、中国との試合では決勝ゴールを決める活躍をしている

気分屋だが高い実力を持っていることは確実なのでかなり上位。

だが、明日人や円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第17位 ガブリエラ・アマティ

イタリア代表【ガーディアンズオブクイーン】のGKを務めている人物。

日本との試合では、明日人の『サンライズブリッツ』を防いだことで限界を超えてしまい、負傷退場してしまっている。

GKとしての実力も高く、上位にランクインしているが円堂たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第16位 マリク・クアベル

ロシア代表【パーフェクトスパーク】に選ばれている人物でボールコントロールには定評がある。

貧しい環境で育っており、自分にチャンスをくれたオリオンに感謝をしており、明日人を自分のチームに入れようとしていた。

試合では、多少卑怯な手段を使っていたが実力は本物なのでこの順位。

同じロシア代表で一緒のフロイと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位だがボールコントロールは圧巻なのでこの順位

 

 

 

第15位 海腹のりか

【伊那国・雷門中学校】サッカー部に所属している人物でゴールキーパー。

特徴的な髪型で『癒し系ゴールキーパー』という異名を持っている

白恋戦を前に失点ばかりしていることで自分も強力な選手たちと渡り合いたいと強く思ったことでイナビカリ修練所で特訓を積み重ね、『マーメイドヴェール』という必殺技を会得している。

円堂に自身の必殺技を披露するも自分が円堂の真似をしているのではないかと悩み、新技を披露できずに失点している。

だが、円堂からの助言があったことで『マジン・ザ・ウェイブ』でゴールを死守している。

血の滲むような特訓で実力を着実につけていき、円堂からも評価されるほどの実力者となっている

円堂たちと比較すると実力はまだ劣ってしまうので下位だが灰崎たちと比較すると実力は上だと思われるので順位も上位。

 

 

 

第14位 亜風炉照美

『天空の支配者』という異名を持っている人物で【世宇子中学校】サッカー部に所属している人物。

チームでは、キャプテンを務めていた。

ヒロトと岩戸を遊園地に誘っており、三半規管を鍛えるための特訓も行っている。

スペインに引き分けた浮ついてしまっているチームを引き締めるために刺激を与えていた

雷門に敗北して以降は泥臭く、勝利に貪欲になっている。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実でチームを引き締めていることからリーダーシップも発揮している

同じチームのGKを務めている呑二よりも高い実力を持っていることは確実なので上位。

 

 

 

第13位 野坂悠馬

『戦術の皇帝』という異名を持っている人物で【王帝月ノ宮中学校】サッカー部に所属している。

キャプテンを務めており、異名からもわかるように頭脳がかなり高い。

日本代表にも選出されており、円堂が控えに回った際にはキャプテンを務める。

旧雷門メンバーが続々と離脱していき、崩壊してしまっている時にはチームを立て直すために戦術を試し、一星を手玉に取り、一星の実力を評価し、自分の参謀役に任命していた。

卓越した技術と頭脳で高い実力を持っていることは確実

灰崎たちと比較すると実力は高いことは確実だが円堂や豪炎寺、明日人と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第12位 マッテオ・ドメニコ

イタリア代表【ガーディアンズオブクイーン】の10番を背負っている人物で『暴走チャリオット』などの必殺技を持っている。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実なのでこの順位

だが、円堂や豪炎寺たちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第11位 アルトゥール

ブラジル代表【オーレ・デ・サンバ】の10番を背負っており、キャプテンを務めている人物。

ベルナルドへの忠誠心がかなり強く、正々堂々と試合を行うことをお願いしたが却下されたことで勝つためには手段を選ばなくなっている。

『カーニバルシェイク』という必殺技を持っており、作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実

日本代表の反則のフリにも気付いており、勘の鋭さを見せていた。

高い実力を持っており、技術も高いためこの順位。

円堂や豪炎寺と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので順位も下位

 

 

 

第10位 ルース・カシム/アース・イナーム

ロシア代表【パーフェクトスパーク】に選出されている人物でフロイとビクトールが試合を放棄したことで試合に出場している。

明日人と同じ技を使い、『ロシアの稲本』と呼ばれていたが小僧丸のシュートが頭に当たり、怪我をしたことで負傷退場している。

『イナビカリ・ダッシュ』や『シャイニングバード』などの必殺技を持っており、作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実。

明日人と同じ技を使っているところを見ると明日人のコピーのように思われるので明日人よりも順位は下位。

 

 

 

第9位 稲森明日人

【伊那国・雷門中学校】の10番を背負っている人物で『太陽に選ばれたサッカー小僧』という異名を持っている。

ピッチを縦横無尽に走り回れるほどのスタミナを持っており、作中でもトップクラスの実力者

日本代表に選出されてからは、MFを任されたことでボールコントロールとパス、さらにドリブル全ての能力を上げていった。

特に、我の強いFWに合わせるパスを送り続けたことでパスの能力が飛躍的に伸びている。

スペインとの試合では、自らボールを運んでいき、得点を決めている。

アメリカ戦後には、亡くなったと聞かされていた父親と再会しており、オリオンの練習施設に連れていかれている。

ロシアとの試合の後には、日本代表に復帰しており、オリオンと戦っていくことを決意している。

作中での活躍からも技術・身体能力・心肺機能全てがトップクラスの実力者

高い実力を持っているので上位にランクインしているが豪炎寺と比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第8位 小僧丸サスケ

『おデブなエースストライカー』という異名を持っている人物でその名の通りぽっちゃりとしている。

【伊那国・雷門中学校】のサッカー部に所属しており、以前はDFをしていたが豪炎寺の助言を受けたことでFWに転向している

のりかと共に代表に選出されているが結局選ばれず悔しさから山に籠り、特訓を行った。

この特訓の成果で静・動のプレイを身に着けており、周りの選手をうまく使えるようになっている。

『スーパートルネード』や『ヒートタックル』という必殺技を持っているがロシア戦の前半では、ラフプレーをしてしまいレッドカードを貰い退場している。

特訓で高い実力をつけ、静・動の相反するプレイを身に着けたことで上位にランクイン

だが、憧れている豪炎寺には僅かだが及ばないということで下位。

 

 

 

第7位 豪炎寺修也

【雷門中学校】の10番を背負っている人物で『天才ストライカー』と評価されるほどの実力者

雷門サッカー部でもストライカーとして活躍しており、強力な威力のシュートと相手のキーパーの動きを冷静に見極めたりと判断能力も優れている。

日本代表候補Bチームにも選出されていたが試合前に父親から医者になるためにサッカーを辞めるように言われたことで集中力を失ってしまっているが円堂の一喝を受けたことで集中力を取り戻し、試合終了後には父親からサッカーを続けることを認めてもらったことで世界に飛び立っていく。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実で『ファイアトルネード改』や『マキシマムファイア』という必殺技を持っている

判断能力、観察能力、身体能力全てが優れており、作中でもトップクラスの実力者

だが、円堂たちと比較すると僅かだが実力は劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第6位 円堂守

【雷門中学校】サッカー部に所属している人物でサッカーを心から愛している。

どんなに不利な状況でも決してあきらめない心の強さを持っており、他の部員がやる気を出していない時にも個人練習を休むことはなかった

エイリアの襲撃を受けた後には、イナズマキャラバンに乗り、全国各地を巡り地上最強のイレブンを作り上げるたびに出ている。

日本代表にも選出されており、チームのキャプテンも務めており、試合に集中していない豪炎寺に喝を入れたりと活躍していた。

サッカーの技術もメンタルも身体能力も高く、作中でもトップクラスの実力者

『真ゴッドハンド』や『真熱血パンチ』という必殺技を持っており、アルトゥールや豪炎寺よりも実力は高いと思われるので上位。

だが、ユリカたちと比較すると実力は劣ってしまうと思われるのでこの順位。

 

 

 

第5位 ペトロニオ・パッティ

イタリア代表【ガーディアンズオブクイーン】のキャプテンを務めている人物。

FWでありながらも瞬時の判断でゴールを守るなど随所で活躍していた。

『ラストリゾートD』という必殺技を持っており、作中での活躍からもトップクラスの実力を持っていることは確実

円堂や豪炎寺たちと比較しても実力は高いと思われるので順位も上位だがロシアのフロイと比較すると劣ってしまうと思われるので下位

 

 

 

第4位 フロイ・ギリカナン

ロシア代表【パーフェクトスパーク】のキャプテンを務めている人物で高い実力を持っている。

光と出会ったことで本物のサッカーを教えてもらったことでサッカーに対して真剣に向き合うようになっていく。

日本との試合では、ベルナルドに嫌気が刺したことでフィールドから去っていった。

『イノセント・ドライブ』という必殺技を持っており、作中でも活躍からもトップクラスの実力者

高い実力を持っていることは確実なのでかなり上位だがネロと比較すると実力は僅かに劣ってしまうと思われるので下位。

 

 

 

第3位 プロキオン

【シャドウ・オブ・オリオン】のGKを務めている人物。

クラリオの『ダイヤモンドエッジ』を防ぐだけでなくカウンターシュートにして跳ね返しており、さらに豪炎寺の『ラストリゾート』をも防いでいる。

『ブラックシールド』という必殺技を持っており、高い実力を持っていることは確実

GKとしての実力は円堂以上と思われるので順位も上。

 

 

 

第2位 ペテルギウス

【シャドウ・オブ・オリオン】の11番を背負っている人物。

作中での活躍からも高い実力を持っていることは確実でトップクラスの実力者

だが、ユリカと比較すると実力は劣ってしまうと思われるので下位だが円堂や豪炎寺たちと比較すると実力は高いと思われるので上位。

 

 

 

第1位 ユリカ・ベオル

【シャドウ・オブ・オリオン】の10番を背負っており、キャプテンを務めている人物

オリオンの使徒として血の滲むような特訓を受けたことで人としての感情を失ってしまい、勝つために手段を選ばなくなった。

オリオンの技術を結集したことで頭脳、身体能力、指揮能力、技術全てがトップクラスの実力者

高い実力を持っていることは確実で作中で間違いなくNo.1の人物

 

スポンサードリンク

 

 

-イナズマイレブン
-

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリー